好みのジャムが見つかる!
ピントルのジャム専門ページ

おすすめの記事はコチラ
目的に合わせる!ジャムの種類と上手な選び方
ジャム
種類と選び方
いつまで?ジャムの賞味期限と上手な保存方法
ジャム
賞味期限と保存
ダイエットに!人気の砂糖不使用ジャムおすすめランキング
砂糖不使用ジャム
おすすめランキング
健康志向!人気のおすすめ無添加ジャムまとめ
無添加ジャム
おすすめまとめ
おすすめのイチゴジャムと美味しい食べ方
イチゴジャム
おすすめと食べ方

おすすめのいちじくジャムと美味しい食べ方

おすすめのいちじくジャムと食べ方

いちじくは生の果実やドライフルーツといった形で親しまれている果物です。不老長寿の果物とも呼ばれるほど栄養価が高いため、近年では健康や美容を目的として食べる方も増えてきています。

そんないちじくを使ったいちじくジャムは、香りがよくプチプチとした食感が楽しいジャムです。生のいちじくは傷みやすい果物ですが、ジャムにすることで長期保存が可能となり、季節を問わず上品で甘みのあるいちじくを味わうことができます。

今回は、おすすめのいちじくジャムと美味しい食べ方をご紹介します。

スポンサーリンク

いちじくジャムの特徴

いちじくジャムの特徴

いちじくジャムは香り高く上品な味わいが特徴です。いちじくのやわらかな甘みはしつこさがなく、酸味も強くないため優しい味わいで食べやすいジャムとなっています。

甘い香りは華やかさがあり、色は落ち着いた淡いピンク色をしたジャムですので、華やかさや可愛らしさを演出したいときにも使用できます。食感も特徴的で、いちじく独特のプチプチとした食感はジャムにも残っているため、食感の楽しいジャムを好む方におすすめです。

生のいちじくは完熟していないと青臭さがあり、食べにくいと感じる方もいらっしゃるかと思います。ジャムに加工することで臭さはほとんど感じられなくなるので、いちじくジャムは香りがよく上品な甘みの食べやすいジャムを探している方におすすめのジャムとなっています。

いちじくジャムは家庭でも簡単に作ることができます。生のいちじくは傷みやすいため、すぐに食べきれないいちじくはジャムにしてみてはいかがでしょう。また、先述した通り青臭さも抜けて食べやすくなるので、そのままでは美味しくない完熟する前のいちじくも、ジャムにするのがおすすめです。

>>ジャムの種類と特徴について詳しくはコチラ

いちじくジャムの美容効果について

不老長寿の果物とも呼ばれているいちじくは、栄養素などの様々な成分が含まれていることから美容効果も期待されています。いちじくに含まれる成分の中で、美容効果の期待できる代表的な成分をご紹介します。

  • ビタミン:ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなど
  • ミネラル:カリウム、カルシウム、鉄など
  • ポリフェノール:アントシアニン
  • 食物繊維:ペクチン

いちじくのビタミンには、皮膚や粘膜の健康維持に役立つビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6や、抗酸化作用をもつビタミンCが含まれています。ビタミンCの抗酸化作用はシミ、そばかすを防ぐ美白効果もあると言われているので、シミやそばかすのない健康な美肌へと導く効果が期待できます。

健やかな日々を送る上で欠かすことのできない成分である、ミネラルもいちじくに含まれています。様々なミネラルの中でもカリウムは、体内でナトリウムとのバランスをとる役割を担っているため、ナトリウムのとりすぎによるむくみを解消へと導くと効果が期待されています。

女性はむくみに悩んでいる方が多く、いちじくに含まれている他のミネラルのカルシウムや鉄も女性に不足しがちな成分です。つらいむくみを解消する効果が期待でき、すっきりとした美しい体を目指しながら足りないミネラルを摂取できるいちじくは、美容に気を使う女性におすすめの果物です。

アントシアニンはブルーベリーなどに含まれ、目によいとされているポリフェノールの1種です。いちじくの赤みがかった果肉の色はアントシアニンに由来するとされており、目の働きを助ける効果があると言われています。

また、アントシアニンはポリフェノールの1種ということで、活性酸素を除去する強い抗酸化作用も持つとされています。活性酸素は老化や肌トラブルの原因にもなると言われているので、アントシアニンなどのポリフェノールには若々しい肌を維持する効果が期待できます。

ジャム作りにおいてジャムを固める成分として知られるペクチンは、食物繊維の1種です。ペクチンには腸内環境を整え、便秘を改善する効果があるとされています。腸内に溜まった老廃物は肌のトラブルの原因にもなるため、便秘の改善は健康面だけでなく美容の面からも効果的です。

このような成分がいちじくには含まれていることから、むくみや便秘を改善しながら、シミやそばかすのない若々しい美肌を目指したい方にはいちじくジャムがおすすめです。

>>おすすめの砂糖不使用ジャムランキングはコチラ

いちじくジャムのおすすめの食べ方

いちじくジャムのおすすめの食べ方

くせのない上品な味わいのいちじくジャムは、様々な食品とあわせやすいジャムです。パンやヨーグルトと合わせるのが定番となっており、特にヨーグルトに混ぜるといちじくジャム独特のプチプチとした食感が強く感じられるので、食感を楽しみたい方におすすめです。

シフォンケーキやマフィンなどのお菓子作りでも、いちじくジャムは使用できます。上品な甘みとしっとりとした焼き上がりの、優しい味わいのお菓子へと仕上げてくれます。市販のケーキやマフィンにも、いちじくジャムを添えるだけで見た目にもおしゃれになり、上品な味わいへと導いてくれます。

健康や美容のことを考え、朝食にはフルーツや野菜を使ったスムージーを飲むという方もいるかと思います。いちじくジャムはくせがない味わいなので、スムージーとの相性もよいとされています。上品な甘みが加わることで、少し飲みづらいスムージーも飲みやすく仕上げてくれます。

生ハムといちじくを使った料理は、パーティーにも使えるおしゃれな前菜として人気があります。いちじくのフルーティーで華やかな風味を手軽にプラスするなら、いちじくジャムを使うといいでしょう。生ハムとクリームチーズやアボカドを盛り付け、いちじくジャムをかけると簡単におしゃれな前菜が出来上がります。

いちじくジャムは様々な食品に上品な香りと優しい甘みを与えてくれますし、食感もプチプチとして楽しいジャムです。いちじくの風味が好きで季節を問わず料理にいちじくを使いたい方や、食感を楽しめるジャムを好む方におすすめです。

>>ジャムの食べ方について詳しくはコチラ

スポンサーリンク

人気のいちじくジャムおすすめランキング:TOP5

人気のいちじくジャムおすすめランキング:TOP5

それでは、人気のいちじくジャムおすすめランキングをご紹介します。

いちじく本来の香りや甘みを楽しみたい方は、添加物の少ないいちじくジャムを選ぶといいでしょう。無添加のジャムは開封後はカビが生えやすいので、早めに食べきるようにしてください。

第1位:アオハタ / まるごと果実いちじく

現在の価格はコチラ

みずみずしい果実感を大事にする、アオハタのまるごと果実シリーズのいちじくジャムです。砂糖を使わずに、果実と果汁の自然な甘さと果実の美味しさを引き出した、すっきりとした味わいに仕上げられています。

糖度は約35度と低めになっており、いちじくの自然な甘みと上品な香りが口の中で広がります。フレッシュな果実感を残すために「ファインフルーティー製法プラス」を導入しており、いちじくの果肉のやわらかさとプチプチとした食感をいかしたジャムです。

果実感を大事にしているジャムですので、いちじくのフレッシュな果肉を楽しみたい方におすすめです。砂糖不使用の自然な甘みとプチプチとした食感が高く評価されている、人気のある商品ということで堂々の第1位に輝きました。

第2位:サン・ダルフォー / フルーツスプレッド いちじく

現在の価格はコチラ

フランスのサン・ダルフォー社から発売されている、砂糖不使用のいちじくジャムです。保存料と着色料は使わずに果物由来の原料のみを使用して作られているので、果物の自然な味わいが楽しめるジャムとなっています。

味と香りを取り除いた濃縮ぶどう果汁を加えて甘みをプラスしているため、砂糖不使用のジャムですが豊かな甘みが楽しめます。砂糖は控えたいけれど、甘いものを食べたいという方におすすめのいちじくジャムです。

いちじくのもつ風味やプチプチとした食感をそのままジャムへと閉じこめたような、しっかりとしたいちじくの味わいが好評です。豊かな甘みがありますが砂糖不使用のため後味もくどくなく、食べやすいジャムということで第2位となりました。

第3位:富澤商店 / 富澤の無添加 いちじくジャム

現在の価格はコチラ

九州産のいちじくを使って作られた、無添加のいちじくジャムです。いちじくと砂糖、ゆず果汁のみを使用し、いちじくの味をしっかりと感じられるよう丁寧に作られています。

添加物が使われていないので、子どもも安心して食べられる安全ないちじくジャムを探している方におすすめです。いちじくそのものを潰して食べているような、濃いいちじくの味わいを楽しむことができます。

やわらかな甘みがあり、飽きのこないシンプルないちじくの味わいが評価されています。国産のいちじくを使った無添加のジャムということで、食の安全の面からも好評のため第3位にランクインしました。

第4位:ボンヌママン / イチジクジャム

現在の価格はコチラ

フランスのジャム市場でシェア率トップを誇る、ボンヌママンのいちじくジャムです。家庭で受け継がれる「手作りジャム」をコンセプトにしたジャム作りが行われており、保存料と着色料は使わずにいちじくの自然な色も楽しめるジャムとなっています。

糖度は約60度の中糖度とされているので、日本で主流の低糖度のジャムよりもやや甘みの強い仕上がりです。いちじくの甘みとともに、きび砂糖とてんさい糖のコク深い甘みも楽しめるため、甘みが濃厚ないちじくジャムを好む方におすすめです。

濃厚な味わいに加えいちじく独特のプチプチとした食感も楽しむことができ、少量でも満足感が得られると好評です。ただ、好みによっては甘みが強すぎると感じ評価を下げている方もみえたため、第4位となりました。

第5位:沢屋 / いちじくジャム

現在の価格はコチラ

国産のいちじくとグラニュー糖を使って作られた、無添加のいちじくジャムです。いちじくそのものの風味をいかすために、糖度は約40度と低めになっています。

いちじくの上品な優しい甘みが、ヨーグルトやトーストと相性のよいジャムとされています。生のいちじくの青臭さが出ないよう丁寧に作られているので、青臭いいちじくは苦手という方におすすめです。

上品な甘みといちじくの果実感が好評となっており、リピートされる方もいるほど根強い人気を誇るいちじくジャムです。しかしながら、優しいいちじくの味わいのため物足りないと感じる方もみえたことから、第5位に落ち着きました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
目的に合わせる!ジャムの種類と上手な選び方
ジャム
種類と選び方
いつまで?ジャムの賞味期限と上手な保存方法
ジャム
賞味期限と保存
ダイエットに!人気の砂糖不使用ジャムおすすめランキング
砂糖不使用ジャム
おすすめランキング
健康志向!人気のおすすめ無添加ジャムまとめ
無添加ジャム
おすすめまとめ
おすすめのイチゴジャムと美味しい食べ方
イチゴジャム
おすすめと食べ方