大豆生まれのスーパードリンク
ピントルの豆乳専門ページ

よく読まれるページはコチラ
豆乳の効果効能
豆乳
効果効能
美味しい豆乳ランキング
豆乳
ランキング
豆乳ダイエット
豆乳
ダイエット
おすすめ豆乳レシピ
ダイエット
豆乳レシピ
豆乳の作り方
豆乳
作り方

痩せる!青汁豆乳ダイエットの効果や成功方法と口コミ

青汁豆乳ダイエット

健康食品として古くから飲まれている青汁。今でこそだいぶ飲みやすくなりましたが、それでも青汁の臭いや味が苦手な方は多いようです。同様に豆乳も健康やダイエットに良いとされながら、その風味で敬遠されることも多いです。

この2つを混ぜて作られた青汁豆乳、聞くだけで不味いのではないかと思われるかもしれませんが不思議や不思議、単体のものよりも飲みやすくなっています。しかもそれぞれの成分が相まってダイエット効果などが上がっているのです。

そこでこちらではそんな青汁豆乳を使ったダイエットの効果や成功方法、口コミをご紹介してきます。

スポンサーリンク

青汁豆乳ダイエットとは?

青汁豆乳ダイエットとは?

青汁豆乳ダイエットは名前の通り青汁と豆乳を混ぜたものを飲むだけダイエットとなっています。通常の豆乳ダイエットと方法こそ変わらないものの、豆乳単体で摂るよりもより多くの栄養素を摂取できることから、ダイエットの効果はこちらの方が高いとも言えます。

野菜ジュースを豆乳に混ぜるミネラル豆乳ダイエットという方法も流行っていますが、青汁豆乳ダイエットはそのワンランク上の飲み物と考えていただいて差し支えないと思います。

ご存知の方も多いかもしれませんが、青汁にもいくつかの種類があり、その種類によって成分にも違いがあり、効果も変わってきます。続いてその成分の違いなどを見ていきましょう。

>>基本の豆乳ダイエットについて詳しくはコチラ

青汁豆乳ダイエットの効果

豆乳に含まれている大豆由来のタンパク質やイソフラボン、サポニン、レシチンなどはいずれもダイエットに効果がある成分となっています。青汁豆乳にもその成分は含まれているので、もちろんその恩恵を受けることができます。

青汁も豊富な栄養成分がありますが、先述通り青汁の種類によって成分や効果は違うと言われています。主な青汁はケール、明日葉、大葉若葉の3種類になります。

ケール

ケールは、β-カロテンやルテイン、ビタミンC、カルシウム、食物繊維などの栄養素を豊富に含むことから「緑黄色野菜の王様」と呼ばれている野菜です。

この栄養成分により、血流が改善されるので循環が良くなり結果として脂肪燃焼をしやすい体質になります。また便秘を改善する効果も見られるため、余分な脂質などを速やかに排出することができます

明日葉

八丈島原産の野菜でカリウムや、食物繊維、βカロテンが特に多く含まれていて、動脈硬化や肥満の改善、生活習慣病の予防にも高い効果があるとされています。

特にカリウムは体内のナトリウムを排出しやすくしてくれるので、むくみがとれ血流が良くなります。それにより、体内の老廃物が流れやすくなり脂肪燃焼効果が高まります

大葉若葉

大麦を原料とする大麦若葉はビタミンC、カルシウム、鉄分、食物繊維などが多く含まれていて、シミやニキビ予防など美容面の改善や、健康に良い効果があります。

ダイエット中は肌荒れなどが起こりやすくなりますが、これにより予防することも可能となっています。

青汁共通の効果

またどの青汁も食物繊維を含んでいますが、これによって腸内の不要物を絡めとってくれるので、腸内環境を整え便通を良くしてくれる効果も期待できます。

その他にも高いデトックス効果、代謝を高め冷え性を改善する効果、疲労回復の効果などがあるためダイエットをする上では相乗効果として働きます。

このような青汁と豆乳を混ぜることでダイエット効果を高めた飲み物が出来上がるのです。

青汁豆乳ダイエットはこんな人におすすめ!

この青汁豆乳ダイエットこそ、これまで豆乳や青汁が飲めなくてダイエットに取り込めなかった方にこそおすすめです。2つを混ぜることによって飲みやすくなり、またどちらの成分も取り入れられるとなると、その効果も単体の時よりかなり得られるものと期待できます。

また普通のダイエットに挫折した過去がある方も、この方法なら手軽に続けられるのでおすすめです。健康を害することなく続けやすいので、挫折しやすい方でも気負う必要なくできそうなのがポイントです。

青汁豆乳ダイエットの方法

青汁豆乳ダイエットの方法

それでは青汁豆乳ダイエットの方法について説明していきましょう。やはり効果的に行おうと思うと、飲むタイミングや摂取量は重要です。これから説明するルールをしっかり守って取り組んでいただきたいと思います。

青汁豆乳ダイエットに効果的なタイミング

まず飲むタイミングから行きましょう。これは食前に飲むと効果的だと言われています。特に一番カロリーが多くなりがちな夕食の前に飲むといいです。

夕食はおよそ900~1000kcalを一般的に摂取していると言われています。その食事の前に青汁豆乳を飲めば満腹感を得られ、食事量を抑えることができます。青汁豆乳自体95kcal程度とカロリーは低いため、かなりのカロリーオフになります。

青汁豆乳の効果的な摂取量

続いて摂取量です。青汁も豆乳も健康やダイエットに効果が高い飲み物であることは確かなのですが、それは適切な量を飲んだ場合です。どちらも過剰摂取しすぎると体に悪影響を及ぼしかねない物であることは頭に置いておいてください。

その上で豆乳は1日に200ml、青汁であれば4.5~10g程度になります。メーカーによっても多少の違いはありますが、青汁の粉末は1包あたり4.5~5g程度となっています。1日に1~2包が適正量となっているので、この量となります。

後述しますが、作り方でもこの量を守って作っているので、適切な摂取量を守ってダイエットに取り組んでください。

青汁豆乳ダイエットの効果が出る期間

早い方だと1カ月経つころには効果を実感できた方がみえるようです。そうでなくても2カ月経つころには多くの方が体重の減少を実感されていました。胴回りなどの内臓脂肪の減少など、目に見える効果も表れるようで、その高さを即効性を伺わせます。

スポンサーリンク

青汁豆乳の作り方

青汁豆乳の作り方

それでは青汁豆乳の作り方に行きましょう。材料から説明していきたいと思いますが、その前に豆乳や青汁の選び方をご説明しなければいけません。

豆乳についてはダイエット効果がある成分を最大限摂取したいんであれば無調整豆乳を使うことをおすすめします。大豆と水のみを使って作られているので大豆由来のダイエットに効果がある成分を豊富に含んでおり、カロリーも低いのが特徴です。

ダイエットの効果を考えるのであれば断然これでしょう。しかし混ぜる相手が青汁なだけに味が気になる方もみえるかもしれません。

もちろん青汁と無調整豆乳を混ぜることで青臭さもなくなりまろやかな味わいになります。ただ甘さがあまりないので飲みにくいと感じてしまう方もいるかもしれません。

そのような場合には調製豆乳を使うことも考えてみてもいいかもしれません。調製豆乳は栄養成分こそ無調整豆乳に劣りますが、飲みやすくしてあるため青汁と混ぜても飲みやすくなっています。カロリーが少し高めにはなりますが、劇的に増えるわけではないので安心してください。

続いて青汁ですが、基本的には含まれている成分とその効果で選んでいいです。飲みやすさで言えば、明日葉や大麦青葉は子供でも飲みやすい味となっています。ケールは少し独特の苦みがありますが、豆乳と混ぜてしまえばほとんど感じません。

このあたりを参考に自分に合った組み合わせを考えていただければいいと思います。

青汁豆乳の材料

それでは材料ですが、こちらは非常にシンプルです。

  • 青汁:大さじ1(5g)
  • 豆乳:200ml

青汁と豆乳はどれを選んでもこの量で準備してもらえば作れます。もし香りを気にされるのであればすりごまなどを混ぜると香ばしさを感じられ、さらに飲みやすくなります。

青汁豆乳作りの手順

それでは手順ですが、こちらも上記の材料を容器に入れて混ぜるだけです。シンプル過ぎて特に説明にもなってませんね。強いて言えば、豆乳を注いでから粉末青汁を入れて混ぜた方が混ざりやすくなっています。

青汁豆乳ダイエットの評価や評判

青汁豆乳ダイエットの評価や評判

この青汁豆乳ダイエットは、これまで青汁や豆乳に抵抗があった方からすれば、かなり衝撃的な飲み物だったようです。単体であれば飲みにくかったのに、2つを合わせたことによりかなり飲みやすくなるというのが話題になっていました。

どちらも健康やダイエットに効果があることは知られていたので、それが飲みやすくなったとなれば人気も出てくるというものです。さらに、通常のダイエットよりも手軽で効果が出やすいというのが、大きなポイントとなったようです。

青汁豆乳ダイエット成功者の口コミ

元々の評判もあり取り組んでいる方々はその効果を疑わず、手軽にできるので長期的に続けることでダイエットの効果を得て結果を残しているようです。

先述しましたが、1~2ヶ月で効果を実感し、かつ数字だけでなく体感的にわかる効果が出てくれるのはダイエットをしている人にとっては嬉しい変化のようです。やはり続けやすいというのが成功の秘訣となっています。

青汁豆乳ダイエット失敗者の口コミ

失敗してしまった方の多くは分量などのルールを守らず、下痢や便秘など体調不良となってしまい続けられなくなったことにあるようです。効果が高いのは確かですが欲張ってしまうと逆効果となってしまうので、ルールはしっかり守って効果的に行うことが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
豆乳の効果効能
豆乳
効果効能
美味しい豆乳ランキング
豆乳
ランキング
豆乳ダイエット
豆乳
ダイエット
おすすめ豆乳レシピ
ダイエット
豆乳レシピ
豆乳の作り方
豆乳
作り方