大豆生まれのスーパードリンク
ピントルの豆乳専門ページ

よく読まれるページはコチラ
豆乳の効果効能
豆乳
効果効能
美味しい豆乳ランキング
豆乳
ランキング
豆乳ダイエット
豆乳
ダイエット
おすすめ豆乳レシピ
ダイエット
豆乳レシピ
豆乳の作り方
豆乳
作り方

痩せる!きなこ豆乳ダイエットの効果や成功方法と口コミ

きなこ豆乳ダイエット

大福やわらび餅の味付けとして使われるきなこですが、その栄養素や効果については知られていないことが多いです。きなこも大豆から作られている以上、その豊富な栄養素をしっかりと引き継いでいます

その成分がダイエットに効果があることも意外と知られていない事実となっています。これを今注目される豆乳と合わせたら更なる効果が期待できます。そこでこちらではきなこ豆乳ダイエットの効果や成功方法と口コミをご紹介していきます。

スポンサーリンク

きなこ豆乳ダイエットとは?

きなこ豆乳ダイエットとは?

きなこ豆乳ダイエットは文字通り、豆乳にきなこを混ぜて食事に置き換えることでカロリーなどを抑えダイエットをするという方法になります。

豆乳ダイエットでも同じような方法で効果を得ることになりますが、きなこを混ぜることでその効果は倍以上になると言われています。きなこに含まれる栄養素がさらにプラスされ、健康的に痩せることが可能となっています。

>>基本の豆乳ダイエットについて詳しくはコチラ

きなこ豆乳ダイエットの効果

それではそんなきなこ豆乳の効果を見ていきましょう。もちろん豆乳をベースにしているので、豆乳ダイエットの効果は同様に得られます

豆乳と同じように大豆を原料としているので、大豆由来の成分を豊富に含んでいます。その中でもイソフラボンやサポニン、ペプチドがダイエットには大きく関わってきます。

まずイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンによく似た働きをすることで有名です。この働きにより、ダイエット中のホルモンバラスを安定せてくれるので脂肪が燃焼しやすい体ができます。

また大豆イソフラボンは強い抗酸化作用をもち老化の防止や肌をみずみずしく保ち、更年期障害や骨粗鬆症を防いでくれます。

サポニンは脂肪の合成や吸収を抑えたり、脂肪の分解を促進したりしてくれます。また大豆サポニンには血管についた脂質を取り除いたり、コレステロール値を低下させたりする働きもあり動脈硬化や脂質異常症を予防・改善することができるそうです。

ペプチドは基礎代謝力を高め、脂肪が燃焼しやすく太りにくい体質にしてくれます。このような効果がきなこによって増加されるので、豆乳単体よりもさらにダイエット効果が上がるのです。

きなこ豆乳ダイエットはこんな人におすすめ!

豆乳のみやきなこのみだと摂取しにくい方が多いと思います。そのような方にきなこ豆乳はおすすめのダイエット飲料となっています。どちらか単品であればその臭いや味、あるいは食感で敬遠してしまいダイエットに取り入れられない方もいることでしょう。

しかしきなこ豆乳になることによって飲みやすくなり、また効果が上がっているともなれば、これまで取り入れられなかった方々にも是非おすすめしたい方法となります。

きなこ豆乳ダイエットの方法

きなこ豆乳ダイエットの方法

さてそんな効果が高いきなこ豆乳ですが、もちろん効果を出すためには飲むタイミングや摂取量が重要となってきます。特にこのきなこ豆乳や含まれる栄養素の関係で摂取量は少し注意が必要となるのでよく読んで取り組んでください。

きなこ豆乳ダイエットに効果的なタイミング

きなこ豆乳ダイエットではこの飲料を食事と置き換えることで、効率よく効果を得ることができます。1杯200ml程度のきなこ豆乳でもカロリーは180kcal程度になります。

例えば夕食は一般的に900~1000kcalと言われています。そうなるときなこ豆乳に置き換えた場合、700kcal程度のカロリーオフになるという計算になります。朝食の場合でも400~500kcal程度と言われているので、200kcal程度は抑えられることになります。

ただ夕食をきなこ豆乳だけにして空腹にならないのかという疑問はあると思います。豆乳自体が腹持ちの良い飲料であるため、女性の方はこれでかなり満腹感を得られます

それでもだめだという場合は、食前に飲むことで食事の量を抑えられるので結果としてカロリーカットすることもできます。

つまり一番効果的なのは夕食に置き換える方法ということになります。ただ空腹が気になるのであれば食前に飲んで食事量を抑えるという方法をとってください。

きなこ豆乳の効果的な摂取量

きなこ豆乳はこれがネックです。大豆にはイソフラボンが含まれているのは先述しましたが、もちろんダイエットに効果的な成分であることは確かです。しかしこの成分は過剰摂取してしまうと体に不調を及ぼします

そのため1日のイソフラボン摂取量の上限は75mgとなっています。この量を守ろうと思った場合、豆乳200mlにはおよそ60mg、きなこ大さじ1杯には9.6g程度となっているのでこれを混ぜた時点で上限にかなり近い数値となります。

一応上限は目安なので多少超えても大丈夫ですが、それでも大幅に超えてしまうと、その影響が出る可能性は高まってしまいます。そのため1日の飲んでも1杯ということになります。先ほどの置き換えを行う際も3食の中の1食だけの置き換えに留めるようにしてください。

きなこ豆乳ダイエットの効果が出る期間

効果の出る期間というのは個人差があるので一概には言えませんが、これまでこのダイエットを実践していた方の話では最速で1週間経たずに効果が出始めたという方がみえたようです。

これはさすがに早すぎる気もしますが、その後も順調に減っていったようなのできなこ豆乳の効果と見てもよさそうです。それ以外の方でも1カ月に経たずに効果が出た方も多数見えたので1カ月以内には何らかの変化がみられるようになるようです。

スポンサーリンク

きなこ豆乳の作り方

きなこ豆乳の作り方

それではそんなきなこ豆乳の作り方をご説明させていただきましょう。作り方の話をするときに豆乳は無調整か調製かというのが疑問として出てくるようですが、ダイエットであることを考えると無調整をおすすめします。

無調整豆乳は大豆と水のみを使って作られています。そのためカロリーは低いですが、大豆由来のダイエットに効果がある成分が豊富に含まれています。調製豆乳にも相当量含まれていますが、無調整には劣り、味付けの関係でカロリーも上がっています。

そうなるとダイエットには無調整豆乳の方が向いているということになります。材料を揃えてしまえば簡単にできるので是非とも作ってみてください。

きなこ豆乳の材料

それではきなこ豆乳の材料を見ていきましょう。

  • きなこ:大さじ2
  • 豆乳:200ml
  • はちみつ:大さじ1~1.5

きなこだけでは飲みにくい飲み物になってしまうので、はちみつで味を調えます。はちみつにも脂肪を燃焼させる効果があるため、砂糖を使うよりもダイエットに向いた飲料になるということになります。

きなこ豆乳作りの手順

それでは続いて作り方に移りましょう。と言っても手順という手順はありません。豆乳にはちみつときなこを混ぜ、だまになったきなこを潰すようにしっかりと混ぜます。下の方にあるはちみつもしっかり混ざる様にしていただいて、全体が混ざったら完成となります。

アイスのままで作ってもいいですが、寒い日などはホットで飲むと体も温められるので血行が良くなりより効果を高められます。

きなこ豆乳ダイエットの評価や評判

きなこ豆乳ダイエットの評価や評判

このダイエットは評価も高く、成功している方も多いようです。結果の出やすさ痩せやすさは先述した通り、早い方は本当に早く痩せ始めます。飲み物としてもどちらも大豆を原料としているので相性は良く非常に飲みやすい飲み物となっているので人気です。

効果が出やすくしかも飲みやすいとなると、その手軽さからダイエットとして取り入れる方は多いようです。

きなこ豆乳ダイエット成功者の口コミ

最初は半信半疑の方も多いようですが、やり始めて効果を実感し始めた方はそのまま継続し、結果として大きな体重減に繋がったようです。ウエスト回りのくびれも出てきた方がいたようで、数字だけでなくボディラインにも結果が出たのは大きなポイントだったようです。

ボディラインの変化こそ個人差なので絶対ではありませんが、数字としては信頼できる結果が出ているので、成功した方はそれをやる気に変えて続けてみえる方が多いようです。

きなこ豆乳ダイエット失敗者の口コミ

逆に半信半疑であるため、少しやってすぐにやめてしまった人は結果が出なかったようです。いくら痩せやすいとは言え、必ず1週間以内に効果が出るわけではありません。まずは1カ月程度続けてみることが大事です。

またこれはその方の生活リズムにも関係したていたようですが、毎日置き換えるのは辛いという方もみえました。そのような場合は週に2、3回置き換えるだけでも効果を期待できるので、一度試してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
豆乳の効果効能
豆乳
効果効能
美味しい豆乳ランキング
豆乳
ランキング
豆乳ダイエット
豆乳
ダイエット
おすすめ豆乳レシピ
ダイエット
豆乳レシピ
豆乳の作り方
豆乳
作り方