大豆生まれのスーパードリンク
ピントルの豆乳専門ページ

よく読まれるページはコチラ
豆乳の効果効能
豆乳
効果効能
美味しい豆乳ランキング
豆乳
ランキング
豆乳ダイエット
豆乳
ダイエット
おすすめ豆乳レシピ
ダイエット
豆乳レシピ
豆乳の作り方
豆乳
作り方

要注意?豆乳が男性に与える驚きの効果

豆乳が男性に与える影響

豆乳はその効果から女性に今注目される飲料となっています。家庭を持たれる女性はご家族に進められる方も多いでしょう。あるいは男性の中でも進んで取り入れる方もみえると思います。しかし待ってください。実は豆乳は男性にとっては注意すべき飲み物となっているのです。

それは豆乳に含まれている大豆イソフラボンとその効果が原因となるのですが、それをしっかり知り気を付けて飲むことが大切です。そこでこちらでは豆乳が男性に与える驚くべき効果についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

豆乳が男性に与える良い効果とは?

豆乳が男性に与える良い効果とは?

そもそも豆乳はなぜ女性に注目されるようになったのでしょうか。それは豆乳の原料である大豆が含む栄養素が様々な良い効果を期待できることが分かったからです。

例えばレシチンという栄養素は、それに含まれるコリンが脳を活性化させ記憶力向上や集中力向上につながると考えられています。

また大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあり、骨粗鬆症や更年期障害の予防に繋がります。女性であれば乳腺の活性化にも繋がるので、乳癌の予防やバストアップにも効果を発揮してくれる可能性もあります。

豆乳の甘さの元ともなっているオリゴ糖は腸内の善玉菌やビフィズス菌の餌であり、この菌を増やすことで腸内環境を良くして便秘改善を促してくれます。

これだけ見ると女性に効果がある飲み物に見えてきますが、脳の活性化や骨粗鬆症、更年期障害の予防、腸内環境の改善は男性にも必要な効果です。またそれだけでなく、男性特有の悩みにも効果を発揮してくれます。

美肌効果

女性はもちろんのこと男性にも肌荒れやニキビに悩まれている方もみえるとも思います。そんな時に豆乳を飲むのは効果的となります。豆乳に含まれるビタミンEやビタミンB1、B2は皮膚の保護や血行促進をし、美肌効果を発揮してくれます。

特にビタミンB1は皮膚の荒れを防止し、B2は皮膚を再生させる作用があるのでニキビを治します。ビタミンEは肌を若返らせる効果さえあると言われています。

もちろん肌にだけ効果を発揮しても、体全体が健康でなければその効果は半減、あるいは見られなくなってしまいます。しかし豆乳に含まれるサポニンは中性脂肪を取り除き、血管音コレステロールを排除してくれるので、血管の環境が良くなります。

また大豆タンパクもコレステロールや血圧の上昇を抑えてくれ、相乗的に体の状態を整えてくれる栄養素のオンパレードとなっています。

増毛効果

男性の方の多くが陥る可能性のある薄毛を改善させる効果も期待できます。

先ほど出てきた大豆タンパクはアミノ酸の代わりとなり、これは育毛作用を含んでいます。またこちらも先述したレシチンという成分は血流を良くすることも分かっており、この作用で頭皮に栄養が届きやすくなって抜け毛を予防する効果があります。

もちろんこの血流が良くなる効果は髪だけなく肌にもいい影響を与えるので、先ほどの美肌にも効果を発揮してくれます。

また大豆イソフラボンは女性ホルモンの代わりとなることも先んじて説明させていただきましたが、男性にもこの女性ホルモンは効果があります。肌や髪に艶を与えてくれるのはこの女性ホルモンであり、イソフラボンがその代りとなって効果を発揮してくれます。

男性ともなると男性ホルモンの活性化により、体毛が濃くなったり脱毛が気になったりしてきますが、イソフラボンが男性ホルモンの分泌を抑えてくれるので、その心配もなくなります。さらに体臭を抑える効果も十分に期待できるので、容姿を気にされる男性にも嬉しい効果があるのです。

>>豆乳の効果効能について詳しくはコチラ

豆乳の過剰摂取が引き起こす男性への悪影響とは?

豆乳の過剰摂取が引き起こす男性への悪影響とは?

さてここまで読むと、豆乳は男性にも良い影響しか与えない、という印象を与えかねませんが、これはあくまで適切な量を気をつけて摂取した場合です。

最近の豆乳は飲みやすいものが多く、どれだけでも飲めてしまいそうなものが多いです。豆乳自体が好きな方も少なくないでしょう。しかし、何事も適量を越えてしまえば体に害を及ぼす可能性が出てくることを必ず念頭に置いておいてください。

体に良い成分が入っているんだからたくさん摂った方が絶対良い、というのは間違いなのです。これは豆乳に限ったことではないので覚えておきましょう。

前置きの注意喚起はこれくらいにして、豆乳の摂りすぎによる男性への恐ろしい悪影響をご紹介していきましょう。

体型の女性化

先ほどから何度か出てきましたが、豆乳には大豆由来の大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンの効果である女性ホルモンの代わりは適量であれば男性ホルモンを抑えるだけに留まりますが、大量に摂取すると体の女性化が起こることがあります。

これは中国であった事例ですが、毎日大量の豆乳を飲み続けた40代の男性の胸が猛烈に成長するという症状が出ました。当初こそ中年太りによるものだと思われていましたが、病院での診察ではイソフラボンの摂りすぎによる乳房の発育だったということです。

男性でも中性的な顔立ちを得たい人も豆乳を飲むといいと言いますが、これは女性寄りの顔立ちになるということです。イソフラボンの摂りすぎによる女性化は顕著に表れやすいと考えてもいいでしょう。

精子製造機能の減退

女性ホルモン過多により男性ホルモンが抑えられるということは、それによって製造が促されている精子数の減少にもつながります。そうなると不妊となってしまい、男性側の問題で子供が出来ないということになってしまうので注意が必要です。

男性機能の低下

精子の減少は特に良く挙げられる悪影響になりますが、それ以外の男性特有の機能が落ちることになるのも確かです。

最近草食系男子や絶食系男子と女性や性に積極的ではない、あるいは興味がないという男性が増えてきています。もちろん育ってきた環境や世間一般の風潮というものもあるのかもしませんが、以前より飽食となり女性が豆乳をよく飲むようになったのは少なからず影響しているのかもしれません。

30~60代の幅広い母親世代に健康志向が強く、豆乳などを取りいれている家庭も多くなっています。そうなるとその家族も豆乳や大豆製品を頻繁に摂取するようになります。

それによってその弊害を知らず体に良いからと幼少期からイソフラボンを多く摂っていると、緩やかに女性化が進んでしまう可能性もあるわけです。ちょうど健康ブームの先駆けとなった世代の子供たちが今大人となっているので、その可能性は必ずしも否定できるものではないのではないでしょうか。

>>飲みすぎ注意?効果的な豆乳の飲み方と摂取量目安

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
豆乳の効果効能
豆乳
効果効能
美味しい豆乳ランキング
豆乳
ランキング
豆乳ダイエット
豆乳
ダイエット
おすすめ豆乳レシピ
ダイエット
豆乳レシピ
豆乳の作り方
豆乳
作り方