最も身近なスーパーフード!
ピントルの豆腐(とうふ)専門ページ

よく読まれるページはコチラ

豆腐
おすすめ
簡単で美味しい豆腐レシピ
簡単檄ウマ
豆腐レシピ
豆腐の使い分け
豆腐
使い分け
豆腐の水切り
豆腐
水切り
【2015年版】日本一美味しい豆腐
日本一
豆腐

レシピの前に再確認!様々な豆腐の美味しい食べ方

豆腐の食べ方

スーパーで簡単に手に入れることができる豆腐ですが、その使用用途は多種多様になっています。そうなると豆腐を買って今日の一品に、と考えられる方もみえると思います。

そうなると豆腐を使った料理を考えれば、どのように調理しようか悩むところでしょう。そこでここで一度豆腐料理について整理してみたいと思います。こちらでは様々な豆腐の美味しい食べ方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

美味しい豆腐は生で食べる

美味しい豆腐は生で食べる

豆腐はやはりそのものの風味や味を楽しむために、生のままで食べるのが一番と言う方もみえるでしょう。豆腐業者は何も付けないままで味を確かめます。それだけ豆腐そのままの味を大事にしています。そのため美味しい豆腐はそのままでも美味しいと言われます。

それを活かした食べ方として「冷奴」があります。ただ冷奴でも生姜と醤油でシンプルにいただくこともできれば、ごま油やオリーブオイルと言ったものをかけて味わいを替えることもできます。

また豆苗やアボカド、餡といった物を乗せて食べても美味しくいただけるほど、冷奴も多様なアレンジができる食べ方になります。また生のままならサラダにする食べ方もできます。野菜やドレッシングに豆腐の風味は合うのでおすすめの食べ方です。

豆腐を煮て食べる

豆腐を煮て食べる

汁や鍋物も温度などに程度の差はあるものの、煮る工程が加わります。肉豆腐を初めてとして豆腐料理は煮るものが多くなってます。

肉豆腐以外にも豆腐の醤油煮やおろし煮、甘辛煮など濃い味で煮込むことでさっぱりとした豆腐の味わいと調味料の濃い味が調和して、くどくない程よい味となります。

生揚げや油揚げ、がんもどき、高野豆腐などは味が染みやすく煮物の主な材料でもあります。それだけ豆腐は煮るという調理がよく合っている食材と言えます。

スポンサーリンク

豆腐を焼いて食べる

豆腐を焼いて食べる

豆腐を焼くと言う食べ方も美味しくいただけます。その代表格が田楽です。直に火にかけ表面を焼き、味噌だれをつけて木の芽をのせ食べる「木の芽田楽」はどちらも大豆から作られたものであるため合わないはずもなく、非常に美味しい料理となっています。

最近はヘルシーな材料として豆腐が注目を集めているので、厚揚げ生姜焼きや豆腐グラタンなど、豆腐を使った焼き料理もどんどん増えてきています。豆腐ステーキや豆腐ハンバーグも豆腐を使った焼き料理としては非常に美味な調理と言えるでしょう。

豆腐を鍋で食べる

豆腐を鍋で食べる

冬によく出る鍋料理に豆腐は欠かせません。鍋の種類は数あれど、ほとんどの鍋に入れることが出来る万能の食材と言えます。鍋の味を崩さず、かつ濃い味であれば味を和らげてくれる食材です。

豆腐だけれなく、生揚げや焼き豆腐、がんもどきなどの豆腐製品も多く使われています。キムチ鍋やチゲ鍋、赤から鍋などの味の濃い鍋はもちろん、水炊きやおろし鍋と様々な鍋に合う食材となっています。

また冷奴の双璧となる豆腐の食べ方が湯豆腐となります。豆腐をメインとした鍋になりますが、こちらはシンプルに昆布出汁のみの味付けとなっているため、豆腐本来の味を楽しめる鍋となっています。

豆腐を揚げて食べる

豆腐を揚げて食べる

がんもどきや生揚げ、油揚げは豆腐を揚げて加工したものになります。揚げてあるため、上記のんような鍋など味が濃い汁をよく吸い、豆腐以外の味も一緒に楽しめます

もちろん揚げ出し豆腐も非常に美味しい調理になります。揚げるのはやや手間かもしれませんが、出汁を吸った衣が何とも香ばしく、また大根おろしをかければ油のくどさを感じさせないさっぱりとした味わいになります。

揚げる料理が多い中国でも豆腐は良く用いられます。それだけ古い歴史と共にこの揚げると言う調理は豆腐によく合うとされているのです。

スポンサーリンク

豆腐を炒めて食べる

豆腐を炒めて食べる

豆腐を直接炒めるという食べ方はあまりありませんが、他のものと和えながら炒める料理はたくさんあります。例えば麻婆豆腐は辛めの餡に絡めながら豆腐をフライパンでいためて作ります。

あるいは沖縄のゴーヤチャンプルーはゴーヤと島豆腐という豆腐を和えながら炒めて作ります。豆腐とキムチを和えて炒めると言った簡単な炒め調理もあります。こちらも塩味の強い味付けとよく合い、豆腐がそれを調和してくれているので豆腐の特性を活かした調理と言えます。

豆腐を和えて食べる

豆腐を和えて食べる

豆腐と様々なものを和えても美味しくいただけます。例えば白和えは絹ごし豆腐をゴーヤやえのき茸、味噌などを和えて作ります。絹ごし豆腐の柔らかさを活かした上品な甘みを味わえる調理となっています。

またナムルにもできます。こちらは食感のしっかりした木綿豆腐を使って小松菜と塩、ごま油でさっと和える簡単な調理になっています。そのためおつまみにすぐ出せる美味しい一品として作ることができます。

豆腐をデザートとして食べる

豆腐をデザートとして食べる

これは食卓のおかずからは外れますが、豆腐をデザートとしていただくこともできます。甘みの強いおぼろ豆腐には黒蜜と黄な粉をかけるだけで豆腐とは思えないほどの奥深い味わいのデザートになります。

絹ごし豆腐にメープルシロップをかけるとプリンのような味わいになります。大豆の甘みが活かされているのでほんのりとした味わいのデザートとして食べられます。

もちろん調理してレアチーズケーキやティラミスにすることもできます。豆腐は食後にも美味しくいただける万能食材なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ

豆腐
おすすめ
簡単で美味しい豆腐レシピ
簡単檄ウマ
豆腐レシピ
豆腐の使い分け
豆腐
使い分け
豆腐の水切り
豆腐
水切り
【2015年版】日本一美味しい豆腐
日本一
豆腐