美味しい酢が見つかる!
ピントルの酢専門ページ

おすすめの記事はコチラ
好みが見つかる!酢の特徴と上手な選び方

選び方
用途が幅広い!人気の穀物酢おすすめランキング
おすすめ
穀物酢
まろやか!人気の米酢おすすめランキング
おすすめ
米酢
コクがある!人気の黒酢おすすめランキング
おすすめ
黒酢
健康に!人気の飲む酢おすすめランキング
おすすめ
飲む酢

健康な体に!おすすめの飲む酢と効果や注意点

飲む酢とは

ダイエットや健康のためにと飲む酢を飲用している人が増えていますが、飲む酢とはどういうものなのか、酢を飲むことによって得られる効果や注意点などについて詳しく説明していきたいと思います。

飲む酢に興味はあるもののまだ挑戦したことがないという人にとっては気になる点を、もう既に飲んでいるという人には、改めて酢を飲むことによって得られる効果や注意点などを再確認して健康な身体を目指してみましょう。

スポンサーリンク

飲む酢とは?

飲む酢とは?

飲む酢とは調理に使用する酢とは違い、飲むことを目的として作られている酢のことをいいます。

リンゴ酢など果物から作られる酢や果汁と黒酢をブレンドして作られるなど種類も豊富にあります。最近では飲む酢専門のオシャレなお店も出店していたりと健康やダイエット、美容などに効果があると注目されています。

>>酢の種類について詳しくはコチラ

飲む酢の効果

飲む酢を飲むことで得られる効果は以下となります。

・骨粗しょう症の予防や血圧を下げる効果
・血流を良くする効果
・腸内環境を整える効果

その他にもイライラを防ぐことができたり、疲労を回復させる効果もあると言われています。

酢には元々殺菌作用があると言われている他にもカルシウムやマグネシウムなどの吸収率を高める効果もあると言われているので、健康や美容の効果を得ることができると言われています。

ダイエットにおすすめ

健康や美容に良い飲む酢はダイエットにも効果があると言われています。酢の成分のメインは酢酸ですが酢酸以外にもアミノ酸やクエン酸が豊富に含まれています。

特に酢の中でも黒酢にアミノ酸が豊富でダイエット効果が高いと言われているので、ダイエットのために運動を行っている人は飲む酢を飲むことで疲労した体を早く回復させることができます。それだけでなく運動量を増加させる効果も得ることができ、消費エネルギーを高めることができます。

最近の研究から内蔵脂肪を減少させる効果もあるとも言われているので、美容だけでなく健康の面からもダイエットを成功させたいという人にピッタリです。

飲む酢の選び方のポイント

 

飲むすの選び方のポイント

飲む酢が健康や美容、ダイエットに良いということがわかりました。ここからは飲む酢の種類や特徴、選び方のポイントなどについて説明していきたいと思います。

酢の種類

酢には種類が豊富にあります。飲む酢として選ぶ場合は、調理などで使用する穀物酢や米酢は向いていません。

黒酢や果実酢と言われるタイプの酢を選ぶと美味しくて飲みやすいです。さらに上質と言われる黒酢や果実酢を選ぶようにすると酸味が優しく、香りが良いのでオススメです。

原材料は、天然のものを使用して発酵させていること、醸造の方法は天然醸造、熟成期間の長いものを選ぶようにすると、味だけじゃなく栄養価が高いと言われているので、原材料や醸造方法のチェックも忘れずに行うと間違いありません。

>>おすすめの黒酢はコチラ

>>おすすめのフルーツ酢はコチラ

酢の原料

酢の主となる原料は、米や麦などの穀類やリンゴやぶどうなどの果実で、酢の種類によって違いがあります。

主原料を発酵させお酒を作った後に酢酸菌を加えて発酵させることで酢が出来上がります。味や香りは何を主原料とするのかによって違いがあります。

具体的には穀物酢は酸味がスッキリとしており、黒酢はコクのある酸味、果物を主成分としている酢はフルーティーな味わいの酸味の酢が出来上がります。

>>おすすめの穀物酢はコチラ

>>おすすめの黒酢はコチラ

>>おすすめのフルーツ酢はコチラ

酢の醸造方法

酢の醸造方法は静置発酵法と連続発酵法の2つに大きく分けられます。

静置発酵法は古くから酢の製造方法として行われていた方法です。黒酢を作る「かめ壺仕込み」と言われる製法もこの方法です。

連続発酵法は短時間で大量に作ることができる方法で、安くてお手軽な酢はこの方法で作られています。

酢の熟成期間

酢を作るときの熟成期間は醸造方法によって違いがあります。

静置発酵法は最低でも2ヶ月はかかり、より質の高い酢はもっと長い熟成期間を設けているものもあります。一方、連続発酵法の場合は数時間から長くても24時間で完成してしまいます。

>>酢の効果や歴史はコチラ

スポンサーリンク

飲む酢の注意点

飲む酢の注意点

飲む酢を毎日の生活の中に取り入れる時には注意しなくてはいけないことがいくつかあります。

健康や美容、ダイエットに良いと言われている飲む酢は注意点を守ってこそ効果が現れるものなのでしっかりと理解して飲むようにしましょう。

>>おすすめの飲む酢はコチラ

空腹時は飲まない

酢は食事の前や朝起きてすぐなど空腹の状態の時に飲まないようにしましょう。

どんなに飲みやすい酢でも酢は酸性が強いので、胃が空っぽの状態で飲むことで胃腸を痛めてしまう可能性があるので注意しましょう。

過剰摂取を避ける

酢を飲む時は1日30ml以内に抑えることが大切です。健康に良いとは言っても過剰に飲めば良いというものではなく、逆効果となる場合があります。

酢は強い酸性なので、摂り過ぎることで胃腸などの内臓を痛めたり、体を冷やす作用があるので冷え性になる場合があるので、適量を守るようにしましょう。

歯に影響する可能性

酢は歯のエナメル質を薄くさせて酸蝕歯(さんしょくし)という歯を溶かしてしまう症状を起こすことがあります。

そのため、寝る前に飲む酢を飲んだり、酢が歯に長く触れた状態にしないように気をつけるようにしましょう。

酢の濃度

飲む酢には、そのまま飲むことのできるものと薄めて飲む希釈タイプのものがあります。

薄めて飲む希釈タイプのものは何倍に薄めるものなのかを確認してから薄めるようにしましょう。希釈タイプの酢を薄めずに飲んでしまうと健康を害すおそれがあるので注意が必要です。

胃腸が弱い人は注意

酢は酸性でできているものなので、胃腸がもともと弱い人や子どもに飲ませようという場合は体の負担にならないように、水や牛乳で薄めて飲むようにすると安心です。

特に希釈タイプの酢を使用する場合は、適量と言われる薄める割合よりもさらに薄めに作り様子をみるようにすると良いです。

おすすめの飲む酢:厳選3種

おすすめの飲む酢厳選3種

飲む酢を探してみると種類が豊富にあることがわかります。

どんな飲む酢を選べば良いのかわからないという人のために、美味しく飲むことのできる人気の飲む酢を厳選して3種類紹介していきたいと思います。

>>酢の選び方についてはコチラ

ミツカン / ビネグイットまろやかりんご酢ドリンク(6倍濃縮タイプ) 

現在の価格はコチラ

ミツカンから発売されている飲む酢「ビネグイット」シリーズの中でも人気の味です。酸味がまろやかで美味しいりんご酢にはちみつを加えたことで程よい甘さと爽やかさのある味になっています。水はもちろん、牛乳や豆乳などで薄めて飲むと本当に美味しいです。

ワインやリキュールなどに合わせるとカクテルとしても美味しく飲むことができます。

>>ミツカンについて詳しくはコチラ

内堀醸造  / フルーツビネガー純りんご酢

現在の価格はコチラ

オーガニックのりんご果汁だけを使用して作られている純りんご酢は、幅広い層から非常にたくさんの支持を得ている商品です。

小さな子どもから大人まで安心して美味しく飲むことができます。炭酸水で薄めるとまるでシャンパンのような味わいになると飲む酢とは思えないほどの美味しさです。

>>内堀醸造について詳しくはコチラ

日本自然発酵  / おいしい酢

現在の価格はコチラ

みかん酢を使用して作られている「おいしい酢」は、飲む酢以外にもすし酢など調理にも使用することができると人気です。果実酢独特の強い風味がないこと、酢独特のツンとした刺激がないことから飲む酢を初めて飲むという人にピッタリです。

「おいしい酢」は2度モンドセレクション金賞を受賞していることからも品質、人気は証明済みです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
好みが見つかる!酢の特徴と上手な選び方

選び方
用途が幅広い!人気の穀物酢おすすめランキング
おすすめ
穀物酢
まろやか!人気の米酢おすすめランキング
おすすめ
米酢
コクがある!人気の黒酢おすすめランキング
おすすめ
黒酢
健康に!人気の飲む酢おすすめランキング
おすすめ
飲む酢