豆の種類から美味しい入れ方まで
ピントルのコーヒー専門ページ

よく読まれるページはコチラ
コーヒー豆の選び方
コーヒー豆
選び方
コーヒー豆おすすめランキング
コーヒー豆
ランキング
ドリップバッグコーヒーおすすめランキング
ドリップバッグ
おすすめ
インスタントコーヒーおすすめランキング
インスタント
おすすめ
おすすめのプレゼント用コーヒー
プレゼント
おすすめ

手動?電動?コーヒーミルの種類と選び方

コーヒーミルの種類と選び方

仕事でちょっと一息つきたい時や、食後、寝起きなど、コーヒーを日常的に楽しんでいる方は多いのではないでしょうか?インスタントでは物足りなくなり、より美味しいコーヒーを求める方におすすめなのが「コーヒーミル」です。

自宅で挽きたてのコーヒーを楽しむ為の必需品コーヒーミルの種類や選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

コーヒーミルとは?

コーヒーミルとは、焙煎したコーヒー豆を好みの粗さに挽く為のアイテムです。喫茶店などでは定番のアイテムですが、家庭で挽きたての豆を使ったコーヒーを飲む為の必需品です。

すでに持っている方も多いとは思いますが、より自分にあったコーヒーミルを選んでいただけるように、コーヒーミルの種類についてまずはご紹介します。

コーヒーミルの種類

コーヒーミルの種類

コーヒーミルには大きく分けて2つの種類があります。「電動式コーヒーミル」と「手動式コーヒーミル」です。これらの違いは、その名の通り手動で豆を挽くか電気の力で豆を挽くかの違いです。

それぞれに特徴があり、一長一短ありますので、それぞれの特徴についてご紹介します。

電動式コーヒーミル

現在の価格はコチラ

電動式コーヒーミルとは、電気の力を使ってコーヒー豆を挽くタイプのミルです。電動ですので「手間がかからない」や「たくさん挽ける」というメリットがあります。

しかし、種類によって多少異なりますが、「挽いている時の音がうるさい」や「場所をとる」、「電源の確保が必須」などのデメリットがあります。

ただ、手動式コーヒーミルよりも圧倒的に便利で楽なので、家庭でコーヒー豆をひかれる方の多くは「電動式コーヒーミル」を選ばれています。

ちなみに、電動式コーヒーミルのデメリットとして良くあげられる「発生した熱によるコーヒー豆の風味の低下」は、家庭で飲まれるくらいの豆の量であれば、ほとんど気にしなくて良いレベルです。電動式コーヒーミルの種類によっては、熱を抑える機能も付いていますので、気になる方はそちらを選べば問題ありません。

種類が豊富な点も電動式コーヒーミルの特徴であり、数千円で購入できるモデルから、業務用の10万円を超えるモデルもあります。

>>電動コーヒーミルのおすすめランキング

手動式コーヒーミル

現在の価格はコチラ

手動式コーヒーミルは、その名の通り手動でコーヒー豆を挽くタイプのコーヒーミルです。ハンドルを回してコーヒー豆を挽く必要があるので、「力が要る」や「疲れる」、「沢山挽くのは大変」などのデメリットがあります。

しかし、電動式コーヒーミルでは味わえない、「ゴリゴリとした独特の手ごたえ」や「レトロな雰囲気」、「芳醇なコーヒーの香り」が楽しめる点がメリットです。

手動式コーヒーミルは、電動式コーヒーミルよりもシンプルな構造の為、比較的安価に入手できる点も特徴です。ブランドやモデルにもよりますが、高くても2万円程度で購入できるモデルが多いです。

>>手動コーヒーミルのおすすめランキング

スポンサーリンク

コーヒーミルの刃の種類

コーヒーミルの刃の種類

美味しいコーヒーを入れるには「コーヒー豆を挽くときに熱を発生させない」ということが重要となります。

そこでポイントとなるのが、コーヒーミルの「刃の種類」です。

グライディング式のコーヒーミル

現在の価格はコチラ

家庭用のコーヒーミルの多くは「グライディング式」という刃が使われています。

グライディング式の刃は、簡単に説明すると、すりつぶしながらコーヒー豆を挽くタイプです。安価に購入できるというメリットがありますが、コーヒーの風味を少なからず損なう可能性があります。

カッティング式のコーヒーミル

現在の価格はコチラ

もう1つの種類が「カッティング式」の刃です。カッティング式は、2枚の刃でコーヒー豆をカットするように挽くタイプであり、業務用のコーヒーミルのほとんどはこのタイプです。

カッティング式はコーヒーの粒が均等になりやすく、旨みが出やすいという特徴があります。家庭でも本格的なコーヒーを楽しみたい人は、このカッティング式をおすすめします。

また、近年では「セラミック製の刃」も増えてきました。セラミック製の刃は金属特有の臭いがコーヒー豆に移らない為、「風味を少しも逃したくない」という人に人気があります。

コーヒーミルを選ぶポイント

コーヒーミルを選ぶポイント

ここまで。コーヒーミルの種類についてご紹介しましたが、ここからはコーヒーミルを選ぶ際のポイントをご紹介します。これらのポイントを押さえておけば、コーヒーミルの選び方で失敗することも少ないと思います。

利便性・機能性

まずは、コーヒーミルの利便性や機能性をチェックしてください。コーヒーミルの選び方で、まず決めておいてほしいのは「電動式」か「手動式」です。特徴は前述した通り、一長一短あります。

休日にゆっくりとコーヒーを挽く時間も含めて、コーヒーを楽しめたいという人や、コーヒーを挽いていること自体が好きという方は「電動式コーヒーミル」がおすすめです。しかし、それ以外の方は「電動コーヒーミル」をおすすめします。

手動式ですとどうしても挽くのに時間や労力がかかる為、日常的に楽しむのがおっくうになってしまいがちです。始めてコーヒーミルを買われる方の多くが、手動ミルを選びますが、結局は電動ミルを買いなおすという人も多いのです。

手動ミルには、独特の手ごたえや香りなどの大きなメリットがありますが、その時間さえも楽しみたいという人以外には、基本的にはおすすめしません

モデルにもよりますが、挽きあがりのコーヒーに大きな違いはありませんので、利便性の高い電動コーヒーミルがおすすめです。

デザイン性

コーヒーは嗜好品であり、コーヒーの関連アイテムも非常にデザイン性に優れたものが多いです。コーヒーミルもその一つであり、インテリアとしても役に立ちそうな優れたデザインも魅力の1つです。

同じような価格帯で機能も同じくらいなら、気に入ったデザインを優先して選んでも問題ありません。日常的に使いたいのであれば、機能性を重視した方が良いですが、コーヒーを淹れることそのものや、インテリアとしても楽しみたいのであれば、レトロなデザインの手動式コーヒーミルがおすすめです。

まるでおしゃれな喫茶店のような雰囲気に浸ることが出来ます。

お手入れの楽さ

忘れてはいけないのは、コーヒーミルの「手入れの楽さ」です。コーヒーミルに求められるのは、家電のような利便性と、インテリアのような嗜好性です。この2点を抑えておけば、ミル選びで失敗することはありません。

特に日常的に使うことを想定しているのであれば、手入れや片付けの楽さは非常に重要なポイントです。コーヒー豆をこぼさずに入れる・飛び散らない・丸洗いできるなど、実際の使用も想定して選んでください。

たまにしか使わず、デザイン性を重視している方も、この点がおろそかになると使うのが億劫になって徐々に使わなくなっていくものです。非常に重要なポイントですので、押さえておいてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
コーヒー豆の選び方
コーヒー豆
選び方
コーヒー豆おすすめランキング
コーヒー豆
ランキング
ドリップバッグコーヒーおすすめランキング
ドリップバッグ
おすすめ
インスタントコーヒーおすすめランキング
インスタント
おすすめ
おすすめのプレゼント用コーヒー
プレゼント
おすすめ