豆の種類から美味しい入れ方まで
ピントルのコーヒー専門ページ

よく読まれるページはコチラ
コーヒー豆の選び方
コーヒー豆
選び方
コーヒー豆おすすめランキング
コーヒー豆
ランキング
ドリップバッグコーヒーおすすめランキング
ドリップバッグ
おすすめ
インスタントコーヒーおすすめランキング
インスタント
おすすめ
おすすめのプレゼント用コーヒー
プレゼント
おすすめ

コーヒーダイエットの効果的な方法と成功のポイント

コーヒーダイエット効果的な方法

世界で最も愛されている嗜好飲料「コーヒー」。日本でも家庭や職場で愛されており、星の数ほどのコーヒーショップが点在しています。しかし、コーヒーは美味しいだけではなく、医学・薬学の面からも注目されています。

中でも注目を集めているのがコーヒーのダイエット効果です。そんなコーヒーダイエットについてご紹介します。

スポンサーリンク

コーヒーダイエットとは!?

コーヒーダイエットとは!?

コーヒーは世界で一番愛されている嗜好飲料であり、多くの国で愛飲されています。日本ももちろんその一つであり、家庭で楽しむのはもちろん、街には星の数ほどのコーヒーショップや喫茶店があります。

コーヒーは美味しいだけではなく、医学・薬学の面からも注目されており、研究の対象となっています。それは、コーヒーにはカフェインなどの薬理活性成分が含まれているからです。

コーヒーには多くの薬理活性成分が含まれており、その美容・健康効果に注目が集まっています。特にコーヒーが持つ「ダイエット効果」が注目されています。そんなコーヒーダイエットについてご紹介しまうs。

コーヒーダイエットの効果

コーヒーには多くの美容・健康効果があることが判明しており、ダイエット効果もあると言われています。コーヒーが持つ代表的なダイエット効果は以下の通りです。

  • 脂肪燃焼促進効果
  • 代謝促進効果
  • むくみ解消効果

これらの効果がコーヒーには期待できます。コーヒーに含まれている「カフェイン」によって血行が良くなり、体温を上昇させる効果が期待できます。その結果、体の代謝を上げ、消費されるカロリーが増加すると言われています。

また、血行が良くなるので「むくみの解消」にも効果的であり、「冷え性の改善」にも効果が期待できます。

それに加え、脂肪の燃焼・分解を促進する効果も期待できるのです。

コーヒーの優れた脂肪分解効果!

特筆すべきコーヒーのダイエット効果は、「脂肪分解効果」です。コーヒーには「カフェイン」と「クロロゲン酸」という成分が含まれています。これらの成分は脂肪を分解する消化酵素「リパーゼ」の働きを活性化させる効果があります。

脂肪はリパーゼによって脂肪酸とグリセリンに分解されます。この分解がなされなければ脂肪は「燃焼」されません。「運動を開始してから脂肪の燃焼までに20分かかる」と聞いたことはありませんか?これはこの分解に時間がかかる為です。

コーヒーにはこのリパーゼを活性化させる「カフェイン」と「クロロゲン酸」という成分が含まれている為、優れた脂肪分解効果が期待できると言われています。これがコーヒーダイエットの肝です。

>>ほかにもイロイロ!コーヒーの優れた効果効能

コーヒーダイエットの効果的な方法と注意点

コーヒーダイエットの効果的な方法と注意点

コーヒーのダイエット効果やその理由は前述した通りですが、実際にコーヒーダイエットを行う際の方法についてご紹介します。注意点も合わせてご紹介しますので、よくご確認ください。

コーヒーダイエットで押さえておきたいポイント

せっかくコーヒーダイエットを行うのなら、効率的に行いたいですよね?そこで、コーヒーダイエットをより効果的に行うために押さえておきたいポイントをご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

いつ飲むの?どのくらい飲むの?

コーヒーを飲むタイミングについては、運動の30分前がベストです。リパーゼを活性化させる「カフェイン」と「クロロゲン酸」という成分が体に吸収され、効果が出るのには20分から30分の時間が必要と言われています。

そのタイミングで運動、特に脂肪燃焼効果の高い「有酸素運動」を行うのがベストです。通勤や通学時に歩くのも「有酸素運動」ですので、その時間も有効活用してみましょう。

また、運動習慣のない人の場合は、午前中に飲むのもおすすめです。代謝がより活性化されて、ダイエット効果を期待できます。

飲む量に関しては、1日に1杯から3杯が適量と言われています。体質にもよりますので一概には言えませんが、このくらいの量であれば体に大きな影響を与えることなく、ダイエット効果を期待できると思います。

どんなコーヒーがダイエットに効果的?

基本的にはどんなコーヒーでも問題ありません。缶コーヒーやインスタントコーヒーにも有効成分が含まれており、ダイエット効果を期待できます。しかし、より効率的に行いたいというのであれば、浅煎りのドリップコーヒーがおすすめです。

浅煎りのドリップコーヒーは、他のコーヒーよりも有効成分である「カフェイン」と「クロロゲン酸」が豊富に含まれており、最もダイエット効果を期待できると考えられています。

ダイエットに効果的なコーヒーの飲み方は?

コーヒーの飲み方としては、「ブラック」一択です。コーヒーは基本的にはゼロカロリーであり、そこに砂糖やミルクを入れると余分なカロリーを摂取してしまいます。

また、砂糖は優先的にエネルギーとして消費され、カフェインの脂肪燃焼効果を阻害する働きがあります。それゆえ、ダイエット目的であるならば、コーヒーは絶対にブラックにして下さい。

また、より効率的に行いたいのであれば、「ホット」で飲むのもポイントです。体温が高い方が代謝が良くなりますので効率が上がります。しかし、クロロゲン酸は熱湯に弱いという特徴がありますので、80度前後の少し冷ましたお湯がおすすめです。

コーヒーダイエットの注意点

コーヒーダイエットは、何も魔法のダイエット方法ではありません。注意しなければならない点も多々あります。ここでは気を付けてほしいコーヒーダイエットにおける注意点をご紹介します。

コーヒーは飲みすぎ注意

前述した通り、コーヒーダイエットの適量は1日に1杯から3杯と言われています。この理由はカフェインの摂取量には上限がある為です。カフェインの摂取量の上限は1日に300~350mlと言われており、コーヒー1杯には種類にもよりますが、約150ml含まれています。

ですので、ダイエット目的の場合でも「1日に1杯から3杯」の適量は守るようにして下さい。過ぎたるは猶及ばざるが如しです!

>>コーヒーの飲み過ぎによる悪影響はコチラ

消費カロリー>摂取カロリーでないと痩せない

当たり前のことですが、消費するカロリーよりも摂取カロリーが多いと太ります。痩せるのであれば摂取カロリーよりも消費するカロリーを増やす必要があります。

コーヒーダイエットは、消費するカロリーで脂肪の燃焼効率を上昇させるダイエット法です。絶対に痩せる魔法のダイエット方法ではありません。ですのでダイエットの基本である「消費カロリー>摂取カロリー」を維持する必要があります。

ちゃんとダイエットをするのであれば、カロリーの計算は必須です。ちなみに、脂肪を1キロ落とす為に必要な消費カロリーは7200kcalです。

寝る前のコーヒーや飲み過ぎには注意

コーヒーに含まれるカフェインには覚せい作用がある為、寝る前に飲んだり飲み過ぎたりすると眠るのが困難になり「不眠」や睡眠時間の短縮のリスクがあります。

カフェインはダイエットには効果的ですが、睡眠には有害な物質と認識してください。ですので、寝る前の摂取や飲み過ぎには注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
コーヒー豆の選び方
コーヒー豆
選び方
コーヒー豆おすすめランキング
コーヒー豆
ランキング
ドリップバッグコーヒーおすすめランキング
ドリップバッグ
おすすめ
インスタントコーヒーおすすめランキング
インスタント
おすすめ
おすすめのプレゼント用コーヒー
プレゼント
おすすめ