豆の種類から美味しい入れ方まで
ピントルのコーヒー専門ページ

よく読まれるページはコチラ
コーヒー豆の選び方
コーヒー豆
選び方
コーヒー豆おすすめランキング
コーヒー豆
ランキング
ドリップバッグコーヒーおすすめランキング
ドリップバッグ
おすすめ
インスタントコーヒーおすすめランキング
インスタント
おすすめ
おすすめのプレゼント用コーヒー
プレゼント
おすすめ

電動コーヒーミルのおすすめランキング:TOP10

電動コーヒーミルのおすすめランキング

焙煎したコーヒー豆を挽くための道具「コーヒーミル」。コーヒーミルでコーヒー豆を挽くことで、より効率的に抽出を行うことが出来ます。それゆえ、美味しいコーヒーを入れる為の必需品ともいえます。

そんなコーヒーミルの中でも、電動タイプに絞っておすすめのコーヒーミルをランキング形式でご紹介します。コーヒーミル選びの参考にしてみて下さい。

コーヒーミルを選ぶなら手動?電動?という人は、コーヒーミルの選び方について詳しく解説したページを設けておりますので、おすすめランキングを見る前に一度チェックしてみるのがおすすめです。

>>コーヒーミルの種類と選び方

スポンサーリンク

第1位:メリタ:セレクトグラインド

現在の価格はコチラ

電動コーヒーミルのおすすめランキング第1位は、メリタのセレクトグラインドです。 メリタとは、世界的にも有名なドイツのコーヒー機器メーカーです。特にペーパードリップの礎を築いたメーカーとしてあまりに有名であり、コーヒーミルでも非常に有名なメーカーです。

メリタのセレクトグラインドは、アマゾンのコーヒーミル部門で最も売れている電動コーヒーミルであり、非常に高い人気を誇っています。非常にコンパクトなサイズと使い勝手の良さ、ワンタッチで好みの粗さに挽ける利便性の高さが魅力です。

最大容量が70gであり、一般家庭なら十分あ量が挽けます。また、挽き時間も短く、お手軽です。価格もお手頃であり、コストパフォーマンスも非常に高いので、万人におすすめできる電動コーヒーミルの名機です。

第2位:カリタ:ナイスカットミル

現在の価格はコチラ

電動コーヒーミルのおすすめランキング第2位は、カリタのナイスカットミルです。 カリタとは、横浜に本社を構える日本のコーヒー機器メーカーです。自社ブランドのコーヒー機器の製造販売だけではなく、外国製の高級コーヒー機器の輸入販売も手掛けています。

カリタのナイスカットミルは、業務用のグラインダーを小型化して家庭用のコンパクトサイズに改良した電動コーヒーミルです。元々は業務用の設計ですので、耐久力や豆への加熱などあるゆる点で高品質なコーヒーミルとなっています。デザイン性にも優れており、インテリアとしても優秀なおすすめの電動コーヒーミルです。

スポンサーリンク

第3位:デロンギ:コーン式コーヒーグラインダー

現在の価格はコチラ

電動コーヒーミルのおすすめランキング第3位は、デロンギのコーン式コーヒーグラインダーです。デロンギは創業から100年以上の歴史を誇る老舗電機メーカーであり、オイルヒーターなどの暖房器具で有名なイタリアのメーカーです。コーヒーメーカーでも有名なメーカーであり、コーヒーミルでも存在感を放っています。

デロンギのコーン式コーヒーグラインダーは、非常に高性能なコーヒーミルです。高性能な低速モーターと低速グラインディングコーン式挽き刃によって、摩擦熱を最小限に抑え、コーヒー豆の香りを損ないません。また、粗さを14段階で設定可能であり、エスプレッソにも対応しています。最大容量も250gと大容量であり、良くコーヒーを飲む方におすすめの電動コーヒーミルです。

第4位:メリタ:パーフェクトタッチII

現在の価格はコチラ

電動コーヒーミルのおすすめランキング第4位は、メリタのパーフェクトタッチIIです。 メリタとは、世界的にも有名なドイツのコーヒー機器メーカーです。特にペーパードリップの礎を築いたメーカーとしてあまりに有名であり、コーヒーミルでも非常に有名なメーカーです。

メリタのパーフェクトタッチIIは、非常にバランスに優れた電動コーヒーミルです。特徴としては、本格的な臼式ミル歯によって、素早くすりつぶすように挽くことが出来る点です。それによって粗びきからエスプレッソ用の細挽きまで簡単に挽くことが出来ます。杯数目盛りが付いているので、2杯分から123杯分まで、必要量を引くことが出来るのも魅力です。

第5位:カリタ:セラミックミル C-90

現在の価格はコチラ

電動コーヒーミルのおすすめランキング第5位は、カリタのセラミックミル C-90です。  カリタとは、横浜に本社を構える日本のコーヒー機器メーカーです。自社ブランドのコーヒー機器の製造販売だけではなく、外国製の高級コーヒー機器の輸入販売も手掛けています。

カリタのセラミックミルのC-90は、臼歯にダイヤモンドに次ぐ硬さを誇るファインセラミックが使われており、非常に良い切れ味が特徴です。そのため、コーヒー豆の風味を損なわずに挽くことが出来ます。粗さの調節も容易であり、バランスに優れたおすすめの電動コーヒーミルです。

スポンサーリンク

第6位:ラッセルホブス:コーヒーグラインダー 7660JP

現在の価格はコチラ

電動コーヒーミルのおすすめランキング第6位は、ラッセルホブスのコーヒーグラインダー 7660JPです。ラッセルホブスとは、イギリスが世界に誇る調理家電ブランドであり、デザインと技術力に優れた家電メーカーとして世界中で高い評価を獲得しています。電気ケトルの生みの親として有名ですが、電動コーヒーミルにおいても評価は高いです。

ラッセルホブスのコーヒーグラインダー 7660JPは、コンパクトサイズながらもハイパワーなモーターを搭載しており、高速回転によって均一にコーヒー豆を素早く引くことが出来る点が特徴です。粗さの調節やお手入れも簡単で、おすすめの電動コーヒーミルです。

第7位:メリタ:バリオ コーヒーグラインダー

現在の価格はコチラ

電動コーヒーミルのおすすめランキング第7位は、メリタのバリオ コーヒーグラインダーです。 メリタとは、世界的にも有名なドイツのコーヒー機器メーカーです。特にペーパードリップの礎を築いたメーカーとしてあまりに有名であり、コーヒーミルでも非常に有名なメーカーです。

メリタのバリオ コーヒーグラインダーは、本格派におすすめの電動コーヒーミルです。コニカル形式のミル刃、挽き具合の40段階調節、挽きムラの少なさなど、非常に高い機能性を持った上位モデルです。また、エスプレッソからフレンチプレスまで楽しめる幅の広さも魅力の1つです。本格的な電動コーヒーミルをお求めの方におすすめです。

第8位:タイガー魔法瓶:SKR-M070-SF

現在の価格はコチラ

電動コーヒーミルのおすすめランキング第8位は、タイガー魔法瓶のSKR-M070-SFです。タイガー魔法瓶とは、魔法瓶や炊飯器で有名な日本の家電メーカーです。コーヒーメーカーも積極的に展開しており、電動コーヒーミルでも有名です。

タイガー魔法瓶のSKR-M070-SFは、非常に使い勝手の良い汎用ミルです。コンパクトで使い勝手が良く、コーヒー豆を挽くのはもちろん、粉末緑茶や料理にも使えます。丈夫なチタンコート刃ですので、粉だけではなく、ペースト状の離乳食にも対応できます。電動コーヒーミルとしてだけではなく、いろんな調理にも使いたい人におすすめです。

スポンサーリンク

第9位:ボダム:電気式コーヒーグラインダー

現在の価格はコチラ

電動コーヒーミルのおすすめランキング第9位は、ボダムの電気式コーヒーグラインダーです。ボダムとは、70年以上の歴史を誇るスイスを代表する家電メーカーです。デザイン性の高さが特徴のメーカーであり、ヨーロッパを始め世界中で高く評価されています。

ボダムの電気式コーヒーグラインダーは、非常にスタイリッシュなデザインが特徴です。インテリアとしても優秀であり、部屋に置いておくだけでオシャレな印象が強くなります。機能性も高く、エスプレッソ用の極細挽きからフレンチプレス用の中荒挽きまで簡単に調整できます。デザイン性を重視する人には特におすすめの電動コーヒーミルです。

第10位:デバイスタイル:Brounopasso

現在の価格はコチラ

電動コーヒーミルのおすすめランキング第10位は、デバイスタイルのBrounopassoです。 デバイスタイルとは、東京に本社を置く日本の家電企画会社です。デザイン性の高さと機能性の高さを両立させた家電の企画を行い、製造はアウトソーシングを行っています。コーヒーメーカーやワインセラーが有名であり、日本でトップシェアを獲得しています。

デバイスタイルのBrounopassoは、デザイン性の高いオシャレなデザインが特徴です。しかしそれだけではなく、機能製の高さも両立しています。レギュラーコーヒーからエスプレッソまで挽き具合を調整可能であり、回転数を調整することも可能ですので、風味を重視して挽くこともできます。デザイン性と機能性が両立したおすすめの電動コーヒーミルです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
コーヒー豆の選び方
コーヒー豆
選び方
コーヒー豆おすすめランキング
コーヒー豆
ランキング
ドリップバッグコーヒーおすすめランキング
ドリップバッグ
おすすめ
インスタントコーヒーおすすめランキング
インスタント
おすすめ
おすすめのプレゼント用コーヒー
プレゼント
おすすめ