豆の種類から美味しい入れ方まで
ピントルのコーヒー専門ページ

よく読まれるページはコチラ
コーヒー豆の選び方
コーヒー豆
選び方
コーヒー豆おすすめランキング
コーヒー豆
ランキング
ドリップバッグコーヒーおすすめランキング
ドリップバッグ
おすすめ
インスタントコーヒーおすすめランキング
インスタント
おすすめ
おすすめのプレゼント用コーヒー
プレゼント
おすすめ

手動コーヒーミルのおすすめランキング:TOP10

手動コーヒーミルのおすすめランキング

焙煎したコーヒー豆を挽くための道具「コーヒーミル」。コーヒーミルでコーヒー豆を挽くことで、より効率的に抽出を行うことが出来ます。それゆえ、美味しいコーヒーを入れる為の必需品ともいえます。

そんなコーヒーミルの中でも、手動タイプに絞っておすすめのコーヒーミルをランキング形式でご紹介します。コーヒーミル選びの参考にしてみて下さい。

コーヒーミルを選ぶなら手動?電動?という人は、コーヒーミルの選び方について詳しく解説したページを設けておりますので、おすすめランキングを見る前に一度チェックしてみるのがおすすめです。

>>コーヒーミルの種類と選び方

スポンサーリンク

第1位:ハリオ:セラミックスリム MSS-1B

現在の価格はコチラ

手動コーヒーミルのおすすめランキング第1位は、ハリオのセラミックスリム MSS-1Bです。ハリオとは、東京に本社を構える日本の耐熱ガラスメーカーです。コーヒーサーバーや急須など、様々なガラス食器を展開しており、優れたデザインと機能性を両立させた製品は、世界中で多くの称賛を浴びています。

ハリオのセラミックスリム MSS-1Bは、非常にシンプルな手動コーヒーミルであり、シンプルで無駄のないデザインと使い勝手の良さが特徴です。セラミック製の臼によって摩擦熱が生じにくく、コーヒー豆の風味を損ないません。洗挽きから細挽きまで簡単に調節も可能であり、機能性は申し分ありません。

コンパクトで場所をとらず、分解して洗うこともできます。コストパフォーマンスにも優れており、数少ない万人におすすめできる手動ミルです。

第2位:カリタ:コーヒーミル KH-3

現在の価格はコチラ

手動コーヒーミルのおすすめランキング第2位は、カリタのコーヒーミル KH-3です。 カリタとは、横浜に本社を構える日本のコーヒー機器メーカーです。自社ブランドのコーヒー機器の製造販売だけではなく、外国製の高級コーヒー機器の輸入販売も手掛けています。

カリタのコーヒーミル KH-3は、蓋ナシのオープン式の手動コーヒーミルです。蓋ナシの為、コーヒーを挽いている時の音色と香りが部屋中に広がります。デザイン性の高さも魅力であり、レトロな木目調デザインはインテリアとしても優秀です。

機能性も申し分ありませんが、コーヒーミルに合理性を求めるのではなく、「コーヒーを挽く」ことも楽しみたい方におすすめの手動コーヒーミルです。

スポンサーリンク

第3位:ポーレックス:セラミックコーヒーミル

現在の価格はコチラ

手動コーヒーミルのおすすめランキング第3位は、ポーレックスのセラミックコーヒーミルです。ポーレックスとは、セラミックに特化した日本のメーカーです。セラミックを利用した「ミル類」や「おろし」の製造販売を手掛けており、優れた機能性から高い評価を受けているメーカーです。

ポーレックスのセラミックコーヒーミルは、ポーレックスを代表する製品であり、セラミックの特徴を活かした機能性の高さが特徴です。刃にセラミックを使うことによって、錆びや劣化の心配を無くし、摩擦熱の軽減によってコーヒー豆の劣化を防いでいます。挽き具合も申し分なく、エスプレッソ用の極細挽きも可能です。スタイリッシュなデザインも魅力の、おすすめの手動コーヒーミルです。

第4位:カリタ:クラシックミル

現在の価格はコチラ

手動コーヒーミルのおすすめランキング第4位は、カリタのクラシックミルです。 カリタとは、横浜に本社を構える日本のコーヒー機器メーカーです。自社ブランドのコーヒー機器の製造販売だけではなく、外国製の高級コーヒー機器の輸入販売も手掛けています。

カリタのクラシックミルは、昔ながらのレトロなデザインが特徴です。インテリアとしても優秀であり、コーヒー豆を挽くことが楽しくなる手動コーヒーミルです。ゴリゴリという独特の感触と音色を楽しめる点も魅力です。機能性も問題なく、コーヒー本来の香りを損なうことなく、好みの粗さに挽ける、おすすめの手動コーヒーミルです。

第5位:ハリオ:セラミックスリム スケルトン MSCS-2TB

現在の価格はコチラ

手動コーヒーミルのおすすめランキング第5位は、ハリオのセラミックスリムスケルトン MSCS-2TBです。ハリオとは、東京に本社を構える日本の耐熱ガラスメーカーです。コーヒーサーバーや急須など、様々なガラス食器を展開しており、優れたデザインと機能性を両立させた製品は、世界中で多くの称賛を浴びています。

ハリオのセラミックスリム スケルトンMSCS-2TBは、利便性の高さが特徴です。セラミックとステンレスによって作られているので丸洗いが可能であり、お手入れが非常に楽です。受け皿にフタが付いており、キャニスターにもなるのでそのまま保存が出来ます。利便性の高さを重視するなら、特におすすめの手動コーヒーミルです。

スポンサーリンク

第6位:カリタ:コーヒーミル KH-5

現在の価格はコチラ

手動コーヒーミルのおすすめランキング第6位は、カリタのコーヒーミル KH-5です。 カリタとは、横浜に本社を構える日本のコーヒー機器メーカーです。自社ブランドのコーヒー機器の製造販売だけではなく、外国製の高級コーヒー機器の輸入販売も手掛けています。

カリタのコーヒーミル KH-5は、レトロでオシャレなデザインが特徴です。インテリアとしても人気が高く、コーヒーミルとしても高い実用性を誇っています。他のカリタの手動ミルとの大きな違いは、コーヒー豆の投入口がスライド式になっている点です。スライド式の為、開閉が容易で豆が入れやすく、飛び散りません。豆の挽き具合も口コミ評価が高く、人気の高いおすすめの手動コーヒーミルです。

第7位:E-PRANCE:手挽きコーヒーミル

現在の価格はコチラ

手動コーヒーミルのおすすめランキング第7位は、E-PRANCEの手挽きコーヒーミルです。E-PRANCEは比較的知名度の低いメーカーですが、使い勝手の良さとコストパフォーマンスの高さから人気が高く、この手挽きコーヒーミルも良く売れています。

手挽きコーヒーミルは、ステンレス製のスタイリッシュなデザインが特徴的ですが、持ち運びのしやすさ、分解のしやすさ、中の豆の量が確認できる点など、実用性にも優れています。価格も安いので手動コーヒーミルを試してみたいという方に特におすすめです。

第8位:カリタ:銅板ミル AC-1

現在の価格はコチラ

手動コーヒーミルのおすすめランキング第8位は、カリタの銅板ミル AC-1です。 カリタとは、横浜に本社を構える日本のコーヒー機器メーカーです。自社ブランドのコーヒー機器の製造販売だけではなく、外国製の高級コーヒー機器の輸入販売も手掛けています。

カリタの銅板ミル AC-1は、重量感のある銅製のボディが特徴です。非常にレトロな雰囲気が醸し出される存在感のあるコーヒーミルであり、自宅が喫茶店のような雰囲気になります。実用性も申し分ありませんが、コーヒーを挽くときの音や香りを楽しむ人がより雰囲気を楽しめるコーヒーミルです。優雅な休日を過ごしたい人におすすめの手動コーヒーミルです。

スポンサーリンク

第9位:京セラ:CM-45CF

現在の価格はコチラ

手動コーヒーミルのおすすめランキング第9位は、京セラのCM-45CFです。京セラは京都に本社を構える日本有数の大手メーカーです。電子機器を得意としていますが、セラミック製品も得意としており、セラミック製の包丁やミルなどの調理器具においても高いシェアを有しています。

京セラのCM-45Cは、より細かく精密に挽けることが最大の特徴です。設定を最も細引きにすると、抽出することが難しくなるくらいの細挽きにすることもできます。その精度にも優れており、エスプレッソ用としては最もおすすめの手動コーヒーミルです。

第10位:PEUGEOT:ノスタルジー 841-1

現在の価格はコチラ

手動コーヒーミルのおすすめランキング第10位は、PEUGEOTのノスタルジー 841-1です。PEUGEOTとは、自動車で有名なフランスのメーカーです。今では自動車の印象が強すぎてイメージしにくいですが、160年以上昔からコーヒーミルを作っているメーカーでもあります。

PEUGEOTのノスタルジー 841-1は、伝統を感じさせる美しいデザインと、刃の切れ味の良さが特徴です。特に刃の切れ味に関しては定評があり、少し値は張りますが、味にこだわるコーヒー愛好家からは愛され続けています。挽き具合にこだわるのであれば特におすすめの手動コーヒーミルです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
コーヒー豆の選び方
コーヒー豆
選び方
コーヒー豆おすすめランキング
コーヒー豆
ランキング
ドリップバッグコーヒーおすすめランキング
ドリップバッグ
おすすめ
インスタントコーヒーおすすめランキング
インスタント
おすすめ
おすすめのプレゼント用コーヒー
プレゼント
おすすめ