豆の種類から美味しい入れ方まで
ピントルのコーヒー専門ページ

よく読まれるページはコチラ
コーヒー豆の選び方
コーヒー豆
選び方
コーヒー豆おすすめランキング
コーヒー豆
ランキング
ドリップバッグコーヒーおすすめランキング
ドリップバッグ
おすすめ
インスタントコーヒーおすすめランキング
インスタント
おすすめ
おすすめのプレゼント用コーヒー
プレゼント
おすすめ

ペーパードリップでコーヒーを美味しく入れる方法

ペーパードリップを使ったコーヒーの入れ方

最も普及しているコーヒーの入れ方といえばペーパードリップでしょう。比較的手軽に入れることもできますし、自分の好みの味わいに調節することも可能なのが魅力のコーヒーの入れ方です。

さらに美味しいコーヒーを味わえるようにしっかりとポイントを抑えてみましょう。ここではそんなペーパードリップでコーヒーを美味しく入れる方法について紹介します。

スポンサーリンク

ペーパードリップで美味しいコーヒーを入れる準備

ペーパードリップで美味しいコーヒーを入れる準備

まずペーパードリップで美味しいコーヒーを入れる為には事前に準備が必要になります。適当にしてしまうとコーヒーやペーパードリップのメリットを活かすことができません。

必要な道具やコーヒーの分量などをしっかりと確認しましょう。

ペーパードリップに必要な道具

インスタントコーヒーではないので、道具がないとコーヒーを入れることはできません。必要な道具をそれぞれチェックしておきましょう。

ドリッパー

3つ穴や1つ穴など、自分の好みに合わせたドリッパーを用意しましょう。3つ穴なら軽くさっぱりした味わい、1つ穴なら濃厚な味わいを楽しむことができます。

>>コーヒードリッパーおすすめランキング:TOP10はコチラ

ペーパーフィルター

底と側面にあるシール部分を前後に互い違いに折り込んでいきましょう。折り方についてはペーパーフィルターのパッケージをしっかりと確認してください。

折ったらドリッパーにしっかりとセットしてください。

サーバー

抽出したコーヒーを溜めておく為に必要です。

>>コーヒーサーバーのおすすめランキング:TOP10はコチラ

ポット

お湯を注ぐ為に必要です。ヤカンなどだとお湯の出る量を調節しづらいので、できるだけ鶴口になっているポットを使用するようにしてください。

>>コーヒーポットのおすすめランキング:TOP10はコチラ

ペーパードリップに適したお湯とコーヒーの分量

以下の表を目安にしてみてください。ペーパードリップは、お湯を注ぐスピードやどんなドリッパーを使うかによって味わいを変化させることができます。

目安を基準に自分の好みの濃さなどに調節してみてください。

人数 コーヒーの量 お湯の量 抽出時間
1人分 10g~12g 150ml 2分程度
2人分 20g程度 300ml 2分程度
3人分 25g~30g 450ml 2分~3分程度

※抽出時間が長くなるとタンニンなどの味わいが悪くなる成分が抽出されやすくなってしまいます。なるべく表の目安通りの抽出時間を使って入れるようにしてください。

お湯の温度の目安

お湯の温度 高品質なコーヒー豆
新鮮なコーヒー豆
普通のコーヒー豆 質が良くない
古くなったコーヒー豆
95℃
90℃
80℃
75℃

高品質なコーヒー豆や新鮮なコーヒー豆は美味しさをしっかりと引き出した方がいいので、苦み成分が出づらいようにやや低温で抽出することをおすすめします。

逆に品質が悪いコーヒー豆や古くなってしまった豆の場合は、低めの温度で入れてしまうと質の悪さが逆に目立ちます。高温でさっぱりした味わいにするようにしてください。

ペーパードリップでの美味しいコーヒーの入れ方

ペーパードリップでの美味しいコーヒーの入れ方

  1. まずは必要な道具を用意し、ドリッパー・サーバー・ポットを温めておきましょう。
  2. 汲みたての水道水を使ってお湯を沸かしてください。沸騰したら火を止めてください。お湯の「ボコボコ」がなくなると95℃程度になっています。
  3. ペーパーをドリッパーにしっかりとセットし、中細挽きにしたコーヒーをドリッパーに入れます。
  4. まずは「蒸らし」を行います。急にお湯を注がずに、コーヒーにお湯を優しく乗せるようにして満遍なく少しずつ注ぎます。
  5. コーヒー全体にお湯を馴染ませたら20秒ほどそのままにして蒸らします。
  6. 蒸らしが終わったら80mlほどお湯を、ゆっくり「の」を描きながら優しく注いでください。
  7. ドリッパーの中のお湯が1/3程度になったら、さらに40mlほど注ぎます。
  8. ドリッパーのお湯が全部サーバーに落ち切る前に、残りのお湯を調節しながら注ぎます。
  9. 出来上がったコーヒーをサーバーからカップに注いで完成。コーヒーは劣化するので、美味しいうちに早めに飲みきりましょう。

コーヒーがお湯を吸ってしまう分などもあるので、実際に用意したお湯から10ml前後量が少ないコーヒーができあがります。

また、美味しいドリップコーヒーを入れるには、豆の選び方から水の選び方まで徹底的にこだわってみるのも面白いかもしれません。ピントルのコーヒー専門ページでは、徹底的にこだわって極上の1杯を入れるための方法についても解説していますので、コーヒー好きな人は1度チェックしてみてください。

>>こだわりの1杯!本当に美味しいコーヒーの入れ方

スポンサーリンク

ペーパードリップで美味しいコーヒーを入れるコツ

ペーパードリップで美味しいコーヒーを入れるコツ

  • 事前にコーヒーを入れる道具を温めておく。
  • コーヒー豆は中細挽き
  • お湯の温度に注意。若干低めが苦みがあまりなく飲みやすい。
  • 蒸らしを行う。
  • お湯を注ぐ時は「の」を描くようにする。
  • コーヒーを入れ終わったらペーパーにあるコーヒーのカスの状態をチェックする。

コーヒー道具を温めておく

まずは事前に道具を温めておくことを忘れないでください。コーヒーは温度によって香りや風味の感じ方が変わります。道具が冷たいとコーヒーの温度が下がってしまいます。入れたての香りや風味を楽しめるようにしておくことは非常に大事です。

コーヒー豆は中細挽きにする

ドリップコーヒーを美味しく入れるためには、まず「豆は中細挽き」と覚えておきましょう。ドリッパーでコーヒーを入れる際に最適な抽出時間を生み出せるため、人によって好みはあると思いますが、まずは基準として中細挽きにするのがおすすめです。

お湯の温度は80℃~90℃

お湯の温度にも注意してください。高ければ高いほどいいというわけではありません。お湯の温度が高いと苦み成分であるカフェインが抽出されやすくなります。苦みが強いシャープな味わいが好きな人は高温がおすすめですが、まろやかなコーヒーに仕上げたい人は、熱湯ではなく80℃~90℃ほどのお湯で抽出するようにしてください。

ドリッパーの中でコーヒーを蒸らす

「蒸らし」も大事です。コーヒーを蒸らすことによって成分を抽出しやすくなります。薄くさっぱりした味わいが好きな人はいいですが、コーヒーをしっかりと味わいたい人はお湯でしっかり蒸らしてから抽出するようにしてください。

ドリッパーに「の」の字で注ぐ

お湯を注ぐ時に「の」を描くように螺旋状にお湯を注ぐのも大事なポイントです。1点からだけ注いでしまうとコーヒー全体から美味しさを引き出せず、偏りが出てきてしまいます。焦らずコーヒー全体からゆっくり美味しさを抽出していきましょう。

カスの具合で上達をチェック!

最後にコーヒーのカスをチェックしてみてください。コーヒーのカスに細かい泡が残っており、これが雑味の原因になるアクです。この泡がコーヒーのカス全体に均一な層になっていたら、アクの少ないクリアな味わいのコーヒーに仕上げることができたということになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
コーヒー豆の選び方
コーヒー豆
選び方
コーヒー豆おすすめランキング
コーヒー豆
ランキング
ドリップバッグコーヒーおすすめランキング
ドリップバッグ
おすすめ
インスタントコーヒーおすすめランキング
インスタント
おすすめ
おすすめのプレゼント用コーヒー
プレゼント
おすすめ