ロシア生まれの命の水!
ピントルのウォッカ専門ページ

おすすめの記事はコチラ
失敗しない!人気のピュアウォッカおすすめランキング
ピュアウォッカ
おすすめ
決定版!人気のフレーバードウォッカおすすめランキング
フレーバード
おすすめ
初心者必見!人気の飲みやすいウォッカおすすめランキング
飲みやすい
ウォッカ
コスパ重視!人気の安いウォッカおすすめランキング
コスパ優秀
ウォッカ
決定版!人気のウォッカの銘柄おすすめランキング
おすすめ
銘柄

ストリチナヤの歴史や特徴とおすすめのウォッカ

ストリチナヤ(STOLICHNAYA)

ロシアはウォッカの誕生の地として有名であり、多くのロシア国民がこのスピリッツを愛しています。そのため有名銘柄も多く、その中には国が運営する会社で生産されているものもあるのです。

その中の1つにストリチナヤという銘柄があります。厳選された素材を使用し、高い品質のウォッカを製造しているのはもちろん、バリエーションが多いのもこの銘柄の特徴となります。こちらではこのストリチナヤの歴史や特徴とおすすめのウォッカをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ストリチナヤ(STOLICHNAYA)とは?

ストリチナヤ(STOLICHNAYA)とは?

まずはストリチナヤという銘柄についてご紹介していきましょう。

ストリリナヤはロシア産のウォッカの一銘柄であり、製造はロシア連邦国営会社のソユーズプロドインポルト(S.P.I. Group)が行っています。日本ではアサヒビールが輸入及び販売権を獲得しており、歴代の輸入会社を含めストラチナヤと表記していますが、ロシア語の発音はスタリーチナヤに近いです。ロシア国外向けには現在「Stoli」と略されます。

ちなみにストリチナヤはロシア語で「首都の」という意味を有しています。

>>人気のウォッカの銘柄おすすめランキングはコチラ

ストリチナヤの歴史

ストリチナヤは1901年にモスクワで製造が開始されています。そのため、銘柄にストリチナヤの名が付けられたとされています。

現在も国営会社で運営されているのは、その昔ソビエト連邦時代に外貨獲得のため、食糧輸出輸入公団によって輸出されており、ソビエト連邦圏内だけでなく、西側諸国でもカクテルベースとして人気があったとされています。この食糧輸出輸入公団が現在のS.P.I. Groupの前身となっています。現在はイルクーツクをはじめとしたロシア各地やラトビアの工場で生産されています

またアメリカなどでは赤軍合唱団によるコーラスをバックにレーニンやガガーリンといったロシアでも有名な人物の写真やキリル文字風のアルファベットが使用され、締めのナレーションもロシア訛りという、ソビエト連邦時代のプロパガンダや社会主義リアリズムをパロディにしたCMが放送されるほど、その印象は強いものとなっていました

ストリチナヤのウォッカの特徴

ストリチナヤのウォッカの特徴は何といってもそのバリエーションの多さにあります。プレミアムウォッカには、アルコール度数が50%のストロワヤや、近代的な濾過方法を採用し、純度を引き上げたエリート、由緒正し歴史を持つモスクワの蒸留所「クリスタル・ディスティラリー」で伝統的な製法により生産されているゴールドがあります。

またフレーバードウォッカとしてオレンジを使用したストリチナヤオレンジ、シトラスの香りが添加されたストリチナヤシトラス、レモンを使ったリモナーヤ、唐辛子を使用し辛口に仕上げたペルツォフカが販売されています。

ストリチナヤの銘柄ではありませんが、バニラやアップル、ピーチ、ザクロなども生産輸出されていますが、酒類の専門業者が少数輸入するのみとなっています。

いずれにしてもその品揃えは豊富ですが、アサヒビールで正規輸入されているものはソ連時代からストリチナヤを名乗っていた「オリジナル」と「シトラス」、「オレンジ」の3種類のみとなっています。

原料には世界屈指の肥沃な土壌を持つと言われるロシア南部の黒土地域にある自社農場で栽培し、選別された冬麦やライ麦、とうもろこし、岩盤層から汲み上げたミネラルを豊富に含む水を使用し、ロシアの伝統的な製法で作られています

また石英砂と白樺炭による4回の濾過工程を経て、純度の高いウォッカを製造しており、オリジナルは滑らかで、まるで絹のような口当たりがすっきりとした澄み切った味わいと、癖が少なく豊かな香り、そしてほのかに香辛料のようなアルコールの刺激を感じる後味となっています。

ボトルのラベルには朱色の枠には、モスクワの中心部に存在する「ホテル・モスクワの旧建物」という有名な建造物が描かれているのも特徴です。また世界中から高い評価を受けており、国際酒類博覧会では金賞を受賞しており、その金賞メダルもラベルに記されています。

ストリチナヤのおすすめウォッカ

ストリチナヤのおすすめウォッカ

それではストリチナヤのおすすめウォッカをご紹介していきましょう。こちらはバリエーション豊かとはご紹介しましたが、その中でも日本で正規輸入されているものの中で特におすすめのものを厳選して4選ご紹介させていただきます。

ストリチナヤ ウォッカ40°

現在の価格はコチラ

先述したようにストリチナヤは世界でも肥沃な土壌とされるロシア南部にある黒土地域にある農場で生育され、厳選に選別された小麦やライ麦、そして岩盤層から汲み上げたミネラルバランスの良い水を利用して、ロシアの伝統製法で作られています。

その出来は滑らかで絹のような口当たりと、芳醇な香りの中にほのかに香辛料の香りが残る後味が特徴的となっています。アルコール度数は一般的な40%ですが、500mlと750mlの瓶が販売されているので、用途に合わせて選ぶことができます。

ストリチナヤ エリート

現在の価格はコチラ

エリートの名の如く、ストリチナヤの伝統製法に近代的な冷却方法を用いて、-18℃まで冷却し濾過することで不純物を取り除き、純度を最高にまで高めたまさにピュアという名が相応しいウォッカです。世界で最も純度が高く滑らかな口当たりが特徴的なウォッカの1つとして有名となっています。

アルコール度数は一般的な40%となっていますが、製法へのこだわりから生産ロットも少なめで、価格も高めなのもこの商品の特徴となっています。

ストリチナヤ シトラス37.5°

現在の価格はコチラ

ストリチナヤにシトラス風味の香りを添加したフレーバードウォッカです。柑橘系であるレモンとライムの爽やかで心地よいバランスのとれた香りと、新鮮で透明感のある味わいとなっていて、アルコール度数が37.5%とやや低めなのでストレートやロック、カクテルベースと様々な楽しみ方でいただけます。

ストリチナヤ オレンジ37.5°

現在の価格はコチラ

こちらは名称の通り、ストリチナヤにオレンジ風味を添加したフレーバードウォッカです。オレンジの甘味を含んだ柔らかい味わいと、甘美な香りを楽しめる逸品となっています。ストレートやロックでいただくのも良し、カクテルベースでさらに他の風味とのマッチングを楽しむのも良しと、飲みやすいウォッカです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
失敗しない!人気のピュアウォッカおすすめランキング
ピュアウォッカ
おすすめ
決定版!人気のフレーバードウォッカおすすめランキング
フレーバード
おすすめ
初心者必見!人気の飲みやすいウォッカおすすめランキング
飲みやすい
ウォッカ
コスパ重視!人気の安いウォッカおすすめランキング
コスパ優秀
ウォッカ
決定版!人気のウォッカの銘柄おすすめランキング
おすすめ
銘柄