ロシア生まれの命の水!
ピントルのウォッカ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
失敗しない!人気のピュアウォッカおすすめランキング
ピュアウォッカ
おすすめ
決定版!人気のフレーバードウォッカおすすめランキング
フレーバード
おすすめ
初心者必見!人気の飲みやすいウォッカおすすめランキング
飲みやすい
ウォッカ
コスパ重視!人気の安いウォッカおすすめランキング
コスパ優秀
ウォッカ
決定版!人気のウォッカの銘柄おすすめランキング
おすすめ
銘柄

初心者必見!人気の飲みやすいウォッカおすすめランキング

飲みやすいウォッカおすすめランキング

日本ではビールや酎ハイ、ワインなどを飲まれる方が多いと思いますが、アルコール好きな方ならジンやウォッカなどのスピリッツに興味がある方もいると思います。しかしそのアルコール度数の高さや、飲んだことのない未知の領域になかなか手が出ないのではないでしょうか?

しかし恐れる必要はありません。スピリッツの中でもウォッカは、アルコール度数は高くても癖が少なく飲みやすいお酒として人気なのです。それでもどれを選んだらおいしいのか分からないと不安になると思います。そこでこちらでは初心者必見の人気の飲みやすいウォッカおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

飲みやすい初心者向けウォッカの選び方のポイント

飲みやすい初心者向けウォッカの選び方のポイント

まずは初心者向けのウォッカを選ぶ上でのポイントからまとめておきましょう。飲みやすさというのは人によって違いがありますが、初心者の方が入りやすいものとなるとある程度ポイントは絞られてきます。ポイントとしては次の2つが挙がります。

  • アルコール度数が低いもの
  • フレーバードウォッカを選んでみる

ウォッカは基本的にアルコール度数が40%と高めのお酒です。ただ商品ごとに違いがあり40%より低いものから高いものまで販売されています。初めての方がいきなりアルコール度数が高いものに挑むのは危なく、また飲みにくくなってしまうので、まずは低いものから手を出してみる方が良いでしょう。

ただ他のスピリッツ、例えばジンなどで既に高いアルコール度数に慣れている方ならその限りではありません。ある程度のアルコール度数でも大丈夫でしょう。それでもウォッカと他のスピリッツではそれぞれ特徴が違うので、不安があるのであれば、やはり低いものから飲んでみるといいでしょう。

>>ウォッカのアルコール度数とカロリーについて詳しくはコチラ

ウォッカは無味無臭で癖が少なく飲みやすいことで有名であり、ウォッカそのものの味わいを好む方もみえますが、裏を返せばアルコールの香りなどが強めに感じられてしまう可能性もあります。もちろんアルコール臭が抑えられている商品もありますが、初心者の方がいきなりウォッカの味わいをダイレクトに受けると飲みにくくなる可能性もあります。

それを避けるためにもフレーバードウォッカを選んでみるという手もあります。フレーバードウォッカは一般的なピュアウォッカよりもアルコール度数よりも低めになっていますし、カクテルのような感覚で飲めるので、初心者の方でも飲みやすくなります。

>>人気のフレーバードウォッカおすすめランキングはコチラ

人気の飲みやすいウォッカおすすめランキング:TOP10

人気の飲みやすいウォッカおすすめランキング:TOP10

それでは初心者向けの飲みやすウォッカのポイントを元に、おすすめの商品をランキング形式でご紹介していきましょう。これからウォッカを飲んでみようという方はこちらも参考に商品を購入してみてください。

第1位:スカイウォッカ

現在の価格はコチラ

スカイウォッカは創始者が生み出したレシピによって生み出された不純物をほとんど含まないピュアウォッカです。4回の蒸留と3回の濾過によって純度が高い透明感のある滑らかな味わいに仕上がっています。

ボトルにはアメリカ西海岸の抜けるような青空をイメージしたデザインが施されており、その中にはアルコール度数40%のウォッカが750ml詰められています。価格もお手頃なプレミアムウォッカとして初心者でも購入しやすく非常に飲みやすいウォッカとして第1位に推させていただきます。

>>スカイウォッカの歴史や特徴とおすすめのウォッカはコチラ

第2位:スカイ インフュージョンズ シトラス

現在の価格はコチラ

スカイウォッカをベースにシトラスとライムの爽やかな味わいがプラスされ、滑らかな口当たりに爽快感が加わった商品です。ボトルデザインは空を思わせる青色にライムの絵柄が入ったものとなっており、特徴的なデザインは健在です。

アルコール度数は37%とやや低めとなっていますが、そのまま飲んでも良し、カクテルにしても良しのウォッカとなっています。アルコール度数、シンプルな飲みやすさとも初心者の方にとっては適したフレーバードウォッカとして第2位に入っています。

>>スカイウォッカの歴史や特徴とおすすめのウォッカはコチラ

第3位:ストリチナヤ オレンジ 37.5°

現在の価格はコチラ

こちらは名称の通り、世界で最も純度が高く滑らかな口当たりのストリチナヤにオレンジ風味を添加したフレーバードウォッカです。オレンジの甘味を含んだ柔らかい味わいと、甘美な香りを楽しめる逸品となっています。

ストレートやロックでいただくのも良し、カクテルベースでさらに他の風味とのマッチングを楽しむのも良しと、飲みやすいウォッカとなっていることもあり、初心者にもおすすめの商品として第3位になっています。

>>ストリチナヤの歴史や特徴とおすすめのウォッカはコチラ

第4位:ギルビー ウォッカ 37.5%

現在の価格はコチラ

150年以上の伝統製法を守り続けるW&Aギルビー社が作るこだわりのウォッカがこのギルビーウォッカです。その質の高い蒸留器で蒸留し磨き上げられたこのウォッカは丹念に濾過され、まろやかな口当たりと透明感のある滑らかな味わいと、洗練されたウォッカ本来の香りを楽しめる商品となっています。

アルコール度数は37.5%と一般的なものよりやや低めとなっていますが、価格もウォッカの中ではかなり安価となっているため、初心者でも手が出しやすいウォッカとして第4位に入りました。

>>ギルビーの歴史や特徴とおすすめのウォッカはコチラ

第5位:ストリチナヤ シトラス 37.5°

現在の価格はコチラ

第3位同様、ストリチナヤにシトラス風味の香りを添加したフレーバードウォッカです。柑橘系であるレモンとライムの爽やかで心地よいバランスのとれた香りと、新鮮で透明感のある味わいとなっていて、アルコール度数が37.5%とやや低めなのでストレートやロック、カクテルベースと様々な楽しみ方で飲むことができます。

アルコール度数の低さや、シトラスの風味から飲みやすいウォッカとして第5位にランクインしました。

>>ストリチナヤの歴史や特徴とおすすめのウォッカはコチラ

第6位:ズブロッカ 40度

現在の価格はコチラ

ポーランドの世界遺産であるビアウォヴィエジャの森に自生する稀少なハーブ・バイソングラスをピュアウォッカに漬け込んだフレーバードウォッカです。桜餅あるいは蓬餅に似ているとも形容されるそれは、桜のようなやわらかな香りとさわやかでまろかな味わいが特徴となっています。

アルコール度数は40%と一般的なウォッカと同じ度数であり、冷凍庫でとろとろになるまで冷やしたものをストレートあるいはロック、またはトニックなどで割ったものを飲むのが一般的となっています。フレーバードウォッカとしては非常に飲みやすいのですが、アルコール度数が40%であることも鑑みて第6位になりました。

>>ズブロッカの歴史や特徴とおすすめのウォッカはコチラ

第7位:アブソルート シトロン

現在の価格はコチラ

穀物を思わせる豊かで複雑な香りと密度の高い芳醇な味わいが特徴のアブソルートウォッカをベースとしてレモンフレーバーを添加したフレーバードウォッカです。天然柑橘のフレーバーを利用し、甘味のある新鮮なレモンとライムの風味が爽やかな味わいを生み出しています。

またフルーティーな香味の中にレモンピールの香りが漂う、滑らかで芳醇な味わいに変化していきます。アルコール度数は一般的な40%でこちらも初心者からしてみれば少し高いと感じるかもしれませんが、フレーバーのおかげで飲みやすいウォッカとして第7位でご紹介しました。

>>アブソルートの歴史や特徴とおすすめのウォッカはコチラ

第8位:グレイグース ル・オランジェ

現在の価格はコチラ

純度が高く甘い、それでいて滑らかな口当たりのグレイグースにフロリダ産ナチュラル完熟オレンジをブレンドし、フレッシュな中にも繊細なアロマの香りと甘酸味のバランスを加え、ラグジュアリーで心地よい余韻を残してくれるウォッカに仕上がっています。

フレッシュフルーツやハーブ、香辛料などと自由に組み合わせることで、その味わいはさらに広がっていく商品にもなっています。アルコール度数は40%、375mlと700mlの容量で、こちらも選びやすいウォッカとして初心者向けの第8位に入りました。

>>グレイグースの歴史や特徴とおすすめのウォッカはコチラ

第9位:リモンナヤ

現在の価格はコチラ

ロシア産のフレーバードウォッカの代表格とも言えるロシアレモンウォッカです。その柑橘系の爽やかな口当たりと、レモン色が特徴となっているウォッカです。ほのかなレモンの香りが楽しく、冷凍庫でしっかり冷やしてとろとろにすることで、ストレートからロック、ソーダ割りだけでなく、様々なカクテルにもマッチするフレーバードウォッカです。

ソ連時代から製造され、日本でも親しまれていましたが、長らくの間輸出が途絶えていました。しかし2012年に輸入を再開しています。フレーバードウォッカとしては非常に飲みやすい商品ですが、価格がやや高めで初めてだと手を出しにくいとして第9位になっています。

第10位:スタルカ

現在の価格はコチラ

ロシア語でスタラーヤ(古い)を語源とするフレーバードウォッカです。ロシアウォッカをベースとしてリンゴや梨の葉の浸酒、ポートワインや砂糖シロップ、3年熟成させたんブランデーなどをブレンドすることで作り上げられた製品です。

見た目はブランデーのような琥珀色で、味や風味は豊かなもので、リンゴや梨の芳醇な気品のある香りになっています。アルコール度数は43%と少しだけ高めですが、この香りや味のおかげで飲みやすくなっています。

旧ソ連時代から販売されていたフレーバードウォッカですが、長らく日本での販売はありませんでした。しかし2009年に復刻、再販するようになり、初心者の方でも少しアルコール度数が高めのものに挑みたい方向けとして第10位にランクインしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
失敗しない!人気のピュアウォッカおすすめランキング
ピュアウォッカ
おすすめ
決定版!人気のフレーバードウォッカおすすめランキング
フレーバード
おすすめ
初心者必見!人気の飲みやすいウォッカおすすめランキング
飲みやすい
ウォッカ
コスパ重視!人気の安いウォッカおすすめランキング
コスパ優秀
ウォッカ
決定版!人気のウォッカの銘柄おすすめランキング
おすすめ
銘柄