成分比較や人気ランキングまで
ピントルの粉ミルク専門ページ

>> 粉ミルクの気になる部分を徹底比較!! <<
売れ筋!粉ミルクの人気ランキング粉ミルク
人気ランキング
母乳の成分と粉ミルクの成分を徹底比較母乳 x 粉ミルク
徹底比較
定番とされる粉ミルクごとの成分を比較定番の粉ミルク
成分比較
粉ミルクのコストパフォーマンス(コスパ)を比較粉ミルク
コスパ比較
キューブタイプと粉ミルクを比較キューブタイプ
比較

森永の粉ミルク【チルミル】の特徴や評判

【チルミル】の特徴や評判

森永から発売されている、満9ヵ月からの赤ちゃんから3歳頃までに不足しがちなの栄養を補うためのフォローアップミルクが「チルミル」です。大人に比べるとまだまだ未熟な抵抗力を高めるためにもこの時期からの栄養補給は欠かせません。

乳幼児にとっても重要とされる成分であるラクトフェリンやDHA、アラキドン酸(ARA)などを配合することで母乳に近い粉ミルクとなっています。ここではそんな森永の「チルミル」の特徴や成分、評判・口コミを紹介していきます。

スポンサーリンク

チルミルの特徴

チルミルの特徴

森永「チルミル」の最大の特徴と言えば、同じく森永の「はぐくみ」と同じように、母乳に近いことでしょう。その上で、満9ヵ月以降の乳幼児期に不足しがちな栄養素をしっかりと補うことができる粉ミルクであると言えるでしょう。

まずは免疫力を補う意味でも非常に重要となるラクトフェリンがしっかりと配合されていること。これによってまだまだ免疫力の低い体を病気からしっかりと守ってくれる効果が期待できるでしょう。

さらに離乳食や通常の牛乳からではなかなか摂取することができない鉄分も配合されています。「チルミル」を400ml飲むだけでも一日に必要な鉄分摂取量の90%を摂ることができるので、鉄欠乏性貧血を予防する意味でも良いでしょう。

他にも溶けやすさであったり、砂糖を使用しないことによる風味の良さ、離乳食とも合うことなどから多くのお母さん、赤ちゃんに親しまれているフォローアップミルクと言えるでしょう。

現在の価格はコチラ

 

チルミルの成分(100gあたり)

エネルギー 460kcal ビタミンE 5.4mg α-リノレン酸 0.4g
たんぱく質 14.0g ビタミンK 27µg アラキドン酸 20mg
脂質 18.0g カルシウム 700mg DHA 65mg
炭水化物 61.0g リン 380mg ラクトフェリン 45mg
ナトリウム 230mg カリウム 760mg リン脂質 210mg
ビタミンA 360µg マグネシウム 90mg スフィンゴミエリン 46mg
ビタミンB1 0.6mg 8.5mg ヌクレオチド 6mg
ビタミンB2 0.7mg ナイアシン 5mg ラクチュロース 450mg
ビタミンB6 0.6mg 葉酸 110µg ラフィノース 450mg
ビタミンB12 1.2µg パントテン酸 4.3mg 塩素 540mg
ビタミンC 50mg β-カロテン 42µg 灰分 4.0g
ビタミンD 5µg リノール酸 2.5g 水分 3.0g
スポンサーリンク

チルミルの評判・口コミ

  • 断乳の際に使用。完母だったのですが最終的にはフォローアップミルクだけで断乳に成功。
  • 9ヵ月以降チルミルに変更しても嫌な顔せずに飲んでくれました。
  • 1歳を過ぎてからは牛乳代わりにチルミルを飲んでいます。
  • 溶けが良くて作りやすいのでかなり便利に使っていました。
  • サンプルを飲ませるとかなり飲みが良かったのでそれ以降チルミルを飲ませています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 粉ミルクの気になる部分を徹底比較!! <<
売れ筋!粉ミルクの人気ランキング粉ミルク
人気ランキング
母乳の成分と粉ミルクの成分を徹底比較母乳 x 粉ミルク
徹底比較
定番とされる粉ミルクごとの成分を比較定番の粉ミルク
成分比較
粉ミルクのコストパフォーマンス(コスパ)を比較粉ミルク
コスパ比較
キューブタイプと粉ミルクを比較キューブタイプ
比較