成分比較や人気ランキングまで
ピントルの粉ミルク専門ページ

>> 粉ミルクの気になる部分を徹底比較!! <<
売れ筋!粉ミルクの人気ランキング粉ミルク
人気ランキング
母乳の成分と粉ミルクの成分を徹底比較母乳 x 粉ミルク
徹底比較
定番とされる粉ミルクごとの成分を比較定番の粉ミルク
成分比較
粉ミルクのコストパフォーマンス(コスパ)を比較粉ミルク
コスパ比較
キューブタイプと粉ミルクを比較キューブタイプ
比較

明治の粉ミルク【ほほえみ らくらくキューブ】の特徴や評判

【ほほえみ らくらくキューブ】の特徴や評判

明治から発売されているベストセラー商品、「ほほえみ」を忙しいお母さんやミルクを作り慣れていない家族でも簡単に使いやすくしたものがこちらの「ほほえみらくらくキューブ」です。

お母さんの体調がすぐれない時や、出かけ先でミルクを作る必要がある際にも非常に便利で重宝されます。ここでは、そんな明治の「ほほえみらくらくキューブ」に特徴や成分、評判・口コミを紹介していきます。

スポンサーリンク

ほほえみ らくらくキューブの特徴

ほほえみ らくらくキューブの特徴

明治のほほえみらくらくキューブの最大の特徴は、 なんといってもだれでも簡単にミルクが作れるという点でしょう。哺乳瓶に入れてお湯を入れて溶かすだけなので、スプーンでの作業も不要でこぼれる心配もありません。

キューブ上の形は一つでどれくらいのミルクが作れるかも決まっており、軽量の必要もなく哺乳瓶のメモリに合わせてお湯の量を調節するだけなので、お父さんやじじ、ばばでも簡単に作れます。

また袋を開封しなければ長期間にわたる保存も可能となっているのでもしもの時にも安心です。たくさん買っておいておくだけでミルクを買いに行く手間も省けるでしょう。

粉ミルクの成分は、明治の「ほほえみ」の顆粒タイプのものを、添加物など一切加えずにそのまま固めて作られているので安心して使えるだけでなく、その形状によってより溶けやすくなっていて使いやすいキューブ型の粉ミルクです。

現在の価格はコチラ

 

ほほえみ らくらくキューブの成分表(100gあたり)

エネルギー 506kcal パントテン酸 4.3mg DHA 100mg
タンパク質 11.1g 葉酸 100µg リノール酸 3.6g
脂質 26.1g β-カロテン 70µg リン脂質 250mg
炭水化物 57.7g 亜鉛 3mg α-ラクトアルブミン 10g
ナトリウム 140mg カリウム 490mg β-ラクトアルブリン 0.5-1.0g
ビタミンA 390µg カルシウム 380mg イノシトール 90mg
ビタミンB1 0.4mg セレン 10.4µg 塩素 310mg
ビタミンB2 0.6mg 6mg タウリン 28mg
ビタミンB6 0.3mg 320µg ヌクレオチド 14mg
ビタミンB12 2µg マグネシウム 40mg ラクトアドヘリン 20-50mg
ビタミンC 70mg リン 210mg カルニチン 10mg
ビタミンD 6.5µg コレステロール 74mg 灰分 2.3g
ビタミンE 6.2mg フラクトオリゴ糖 2.0g 水分 2.8%
ビタミンK 25µg アラキドン酸 67mg
ナイアシン 3mg α-リノレン酸 0.43g
スポンサーリンク

ほほえみ らくらくキューブの評判・口コミ

  • 粉ミルクを作る時にはこぼして大変だったのものがすごく楽になった。
  • キューブ型のため衛生的で非常に楽。
  • キューブを半分に割ろうと思ってもなかなかキレイに割れない。
  • パパがミルク作りを気軽に手伝ってくれるようになった。
  • ミルク作りが簡単でおばあちゃんがとても感心しています。
  • 粉よりも割高とはいえ、手間を考えるとどうしてもこっちを選んでします。
  • 粉だとどれくらい入れたか分からなくなる時があるがこれなら容量を間違えずに作れます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 粉ミルクの気になる部分を徹底比較!! <<
売れ筋!粉ミルクの人気ランキング粉ミルク
人気ランキング
母乳の成分と粉ミルクの成分を徹底比較母乳 x 粉ミルク
徹底比較
定番とされる粉ミルクごとの成分を比較定番の粉ミルク
成分比較
粉ミルクのコストパフォーマンス(コスパ)を比較粉ミルク
コスパ比較
キューブタイプと粉ミルクを比較キューブタイプ
比較