成分比較や人気ランキングまで
ピントルの粉ミルク専門ページ

>> 粉ミルクの気になる部分を徹底比較!! <<
売れ筋!粉ミルクの人気ランキング粉ミルク
人気ランキング
母乳の成分と粉ミルクの成分を徹底比較母乳 x 粉ミルク
徹底比較
定番とされる粉ミルクごとの成分を比較定番の粉ミルク
成分比較
粉ミルクのコストパフォーマンス(コスパ)を比較粉ミルク
コスパ比較
キューブタイプと粉ミルクを比較キューブタイプ
比較

森永の粉ミルク【はぐくみ】の特徴や評判

【はぐくみ】の特徴や評判

赤ちゃんの発育や脳の発達に重要とされるDHAアラキドン酸(ARA)、さらには特に初乳に含まれるラクトフェリンなどを配合し、より母乳に近づけることに成功した粉ミルク、それが森永の「はぐくみ」です。

数多くある粉ミルクの中でもお母さん方からの評価も高く、常に人気ランキングの上位に食い込んでくる粉ミルクと言えるでしょう。ここではそんな森永の「はぐくみ」の特徴や成分、評価・口コミについて紹介していきます。

スポンサーリンク

はぐぐみの特徴

はぐぐみの特徴

「はぐくみ」の最大の特徴と言えば、新生児期から乳幼児期にかけての脳の発達に重要となるアラキドン酸(ARA)やDHA、ラクトフェリンを配合することによって、母乳に近い作りになっているということでしょう。

DHAの働きをより高めるために必要なアラキドン酸(ARA)の配合率を母乳に近づけることで、より母乳に近い粉ミルクをつくることに成功したと言えるでしょう。

また、生まれたばかりで非常に弱い赤ちゃんを守るために必要とされているラクトフェリンは、主に生後4日から5日以内によく分泌するたんぱく質とされており、母乳中にラクトフェリンが少なくなってきた段階でも粉ミルクに配合することで赤ちゃんを病気から守る効果を期待できるでしょう。

消化吸収の面においても、母乳を摂取することで体内に取り込まれペプチドへと変化する乳清たんぱく質を、粉ミルクの時点でペプチドに変化させておくことでより消化吸収させやすくなっているのも特徴の一つでしょう。

現在の価格はコチラ

 

はぐくみの成分(100gあたり)

エネルギー 512kcal カリウム 495mg DHA 70mg
たんぱく質 11.0g マグネシウム 45mg イノシトール 60mg
脂質 27.0g 6mg コリン 60mg
炭水化物 57.0g 0.32mg L-カルニチン 12mg
ナトリウム 140mg 亜鉛 3.0mg ラクトフェリン 80mg
ビタミンA 410µg マンガン 30µg シスチン 200mg
ビタミンB1 0.35mg セレン 7µg タウリン 20mg
ビタミンB2 0.7mg ヨウ素 55µg リン脂質 320mg
ビタミンB6 0.3mg ナイアシン 3.5mg スフィンゴミエリン 50mg
ビタミンB12 1.2µg 葉酸 100µg ヌクレオチド 8mg
ビタミンC 60mg パントテン酸 4mg ラクチュロース 500mg
ビタミンD 6.5µg コレステロール 46mg ラフィノース 500mg
ビタミンE 10mg β-カロテン 45µg ガラクトオリゴ糖 500mg
ビタミンK 25µg リノール酸 3.6g 塩素 310mg
カルシウム 380mg α-リノレン酸 0.4g 灰分 2.3g
リン 210mg アラキドン酸(ARA) 35mg 水分 2.7g
スポンサーリンク

はぐくみの評価・口コミ

  • 今まで買っていた粉ミルクの飲みが悪かったので「はぐくみ」に変えたらビックリするくらい飲むようになった。
  • 完母だったのものの体調を崩したため「はぐくみ」を飲ませたらごくごく飲んでくれた。
  • 初めて与えた時からグイグイ飲んでくれた。
  • ミルク独特のニオイがあまりしないので調乳しやすかった。
  • 便秘に悩まされていたので助産師のアドバイスで「はぐくみ」に変えたら途端に便秘が良くなりました。
  • 多くの病院で使われているという安心感がすごくあります。
  • 森永というネームバリューも安心感を与えてくれる一つの要素となっています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 粉ミルクの気になる部分を徹底比較!! <<
売れ筋!粉ミルクの人気ランキング粉ミルク
人気ランキング
母乳の成分と粉ミルクの成分を徹底比較母乳 x 粉ミルク
徹底比較
定番とされる粉ミルクごとの成分を比較定番の粉ミルク
成分比較
粉ミルクのコストパフォーマンス(コスパ)を比較粉ミルク
コスパ比較
キューブタイプと粉ミルクを比較キューブタイプ
比較