成分比較や人気ランキングまで
ピントルの粉ミルク専門ページ

>> 粉ミルクの気になる部分を徹底比較!! <<
売れ筋!粉ミルクの人気ランキング粉ミルク
人気ランキング
母乳の成分と粉ミルクの成分を徹底比較母乳 x 粉ミルク
徹底比較
定番とされる粉ミルクごとの成分を比較定番の粉ミルク
成分比較
粉ミルクのコストパフォーマンス(コスパ)を比較粉ミルク
コスパ比較
キューブタイプと粉ミルクを比較キューブタイプ
比較

和光堂の粉ミルク【ぐんぐん】の特徴や評判

【ぐんぐん】の特徴や評判

離乳食が始まってくるとお母さんたちが赤ちゃんに対して気になる面は、不足している栄養面についてではないでしょうか。牛乳では不足しがちな栄養分をしっかりと豊富に含んだ粉ミルクが、和光堂フォローアップミルク「ぐんぐん」です。

満9ヶ月頃からの成長期に栄養バランスが偏ることなく離乳食を進めていくために、各栄養素をバランス良く補うことができるうえに他の粉ミルクと比べても安価であることから、気になっているお母さんもいるのではないでしょうか。ここではそんな和光堂フォローアップミルク「ぐんぐん」の特徴や成分、評判・口コミについて紹介していきます。

スポンサーリンク

ぐんぐんの特徴

フォローアップミルク「ぐんぐん」の特徴

和光堂フォローアップミルク「ぐんぐん」の粉ミルクの大きな特徴は、やはり離乳食が始まると不足しがちになる栄養を補うといった働きがあることと言えるでしょう。その中でも最も大きな特徴と言えるのは、牛乳では不足しがちと言われている鉄を多く含んでいることでしょう。

もちろんその他にも必要なビタミンCビタミンDを多く含んでいるうえに、お子様の発育に必要なオリゴ糖DHAヌクレオチドもバランス良く配合され、良質な乳清タンパク質の割合を高めているので、栄養のバランスを保ちながら離乳食を進めることができます。

栄養面でもバランスの取れいている「ぐんぐん」の粉ミルクですが、やはり価格面においても他の粉ミルクより安価であることも忘れてはなりません。離乳食に移行することで今までよりも必要経費がかかってくる中で、家計の助けになってくれるのも和光堂の「ぐんぐん」と言えるでしょう。

現在の価格はコチラ

ぐんぐんの成分表(100gあたり)

エネルギー 475kcal ビタミンA 360μg カルシウム 650mg
たんぱく質 14.3g ビタミンB1 0.7mg リン 400mg
脂質 20.0g ビタミンB2 0.8mg 9.5mg
炭水化物 59.6g ビタミンB6 0.5mg カリウム 680mg
ナトリウム 200mg ビタミンB12 1.5μg マグネシウム 65mg
リノール酸 2.7g ビタミンC 50mg パントテン酸 5mg
α-リノレン酸 0.3g ビタミンD 5μg リン脂質 230mg
β-カロテン 30μg ビタミンE 6mg 水分 2.4g
ドコサヘキサエン酸 50mg ビタミンK 10μg 灰分 3.7g
ヌクレオチド 6mg ナイアシン 5.3mg 塩素 500mg
オリゴ糖 1g 葉酸 80μg
スポンサーリンク

ぐんぐんの評判 ・口コミ

  • 色んな栄養素が入ってるから安心して飲ませていました。子供も美味しそうに飲んでました。
  • 最初は完全母乳で育てていたのですが、離乳食が始まった時に見つけたのがぐんぐんでした。特に嫌がることもなく、すんなり母乳から粉ミルクに移行できました。
  • やっぱり値段が安いことが助かる!!
  • 別の粉ミルクからぐんぐんに変えたけど、うんちの出が良くなった気がする。
  • 和光堂って病院でも使われてるから安心。だからうちも「はいはい」と「ぐんぐん」にした。
  • やっぱり溶けにくいんですよね。栄養バランスとかはとても安心できるんですけど、手間が・・・。
  • 私の友達が「ぐんぐん」安くていいよと勧めてくれて、ぐんぐんを与えるようになりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 粉ミルクの気になる部分を徹底比較!! <<
売れ筋!粉ミルクの人気ランキング粉ミルク
人気ランキング
母乳の成分と粉ミルクの成分を徹底比較母乳 x 粉ミルク
徹底比較
定番とされる粉ミルクごとの成分を比較定番の粉ミルク
成分比較
粉ミルクのコストパフォーマンス(コスパ)を比較粉ミルク
コスパ比較
キューブタイプと粉ミルクを比較キューブタイプ
比較