美味しい入れ方からおすすめの種類まで
ピントルの緑茶(日本茶)専門ページ

よく読まれるページはコチラ
緑茶の種類
煎茶?抹茶?
緑茶の種類
美味しい緑茶の入れ方
緑茶
入れ方
水出し緑茶の入れ方
水出し緑茶
作り方
緑茶ミルの種類と選び方
緑茶ミル
選び方
粉末緑茶のおすすめランキング
粉末緑茶
ランキング

妊婦さんも安心!ノンカフェイン緑茶おすすめランキング

ノンカフェイン緑茶おすすめランキング

カフェインが苦手な人や、特に赤ちゃんにリスクのある妊婦に人気のあるノンカフェイン緑茶。適度なら体に良いカフェインも、摂りすぎるとカフェイン中毒になったり、妊婦の場合は自分の体や赤ちゃんに負担をかけるリスクがあるので注意が必要です。

そんなカフェインの含有量が少ない(又はカフェイン無)のがノンカフェイン緑茶です。デカフェという名前でも注目されている緑茶であり、カフェインを摂りすぎる心配がない安心して飲める緑茶です。ここではおすすめのノンカフェイン緑茶ランキングを紹介していきます。

スポンサーリンク

妊婦さんは緑茶の摂取に注意!

妊婦は緑茶の摂取に注意!

妊婦さんがカフェインの摂りすぎに注意が必要ということを知っている人は多いと思いますが、緑茶にはカフェイン以外にも摂取に注意しなければいけない成分があります。

  • カフェイン
  • タンニン(主成分カテキン)

胎児の発育を阻害する可能性があり、流産・死産のリスクを高める可能性があるといわれているのがカフェインですが、摂りすぎなければ問題はなく、逆に体に良い成分とされています。ただし胎児の発育にリスクがあるという点で気にしている妊婦さんは多く、ノンカフェインを選んでいる人もそれが理由でしょう。

>>緑茶の種類別カフェインの含有量はコチラ

しかしノンカフェイン緑茶を選んでも気を付けなければいけない成分がタンニンです。タンニンには体内の鉄と結びつきタンニン鉄となり鉄分の吸収を阻害する働きがあります。それだけでなく、タンニンの主成分であるカテキンは、妊婦に1番必要とされている葉酸の働きを阻害する作用を持っています。葉酸は胎児の成長にも必要な栄養素であり、不足すると先天異常のリスクも高まってしまいます。

まったく緑茶を飲んではいけないわけではなく、1日1杯~2杯を目安にしてください。多く飲みすぎるとリスクを高めることになってしまうので注意してください。

>>妊婦のカフェインやカテキン摂取のリスクについて

とはいっても今の時代、わざわざ一般的な緑茶を飲まなくても、ノンカフェインタイプの緑茶も販売されていますので、妊娠中の人はノンカフェイン緑茶を選ぶのが無難です。

おすすめのノンカフェイン緑茶ランキング

第1位:キリン カフェインゼロ生茶

現在の価格はコチラ

茶葉からカフェインを除去している緑茶で、カフェイン以外の成分の損失を最小限に抑えたペットボトル緑茶が「キリン カフェインゼロ生茶」です。正真正銘の「ノンカフェイン緑茶」であり、ブレンド茶ではなくちゃんとした緑茶を飲みたい!という妊婦さんにおすすめです。

カフェインに心配なく飲むことができるだけでなく、緑茶が持つ本来の味わいをしっかりと味わうことができる人気のペットボトル緑茶になっています。

第2位:アサヒ 十六茶

現在の価格はコチラ

誰もが知るほどの知名度の高さと品質の安心感があるペットボトル緑茶がアサヒ 十六茶です。厳密には緑茶ではなくブレンド茶となりますが、カフェインゼロなだけでなく、純水仕立てのすっきりした口当たりと香ばしい香りを楽しむことができます。

カロリーゼロ、糖質ゼロなのでダイエット中の人にも適したお茶であり、コンビニやスーパーなど取り扱っている店舗も多いので手に入れやすいのも魅力の商品です。

第3位:赤ちゃんとお母さんのための十六茶 カフェインゼロ

現在の価格はコチラ

安心・安全をコンセプトに赤ちゃんの水分補給を目的とした緑茶が「赤ちゃんとお母さんのための十六茶 カフェインゼロ」です。カフェインゼロなので赤ちゃんとお母さんの体に優しいブレンド茶になっています。

お湯で3分程度煮出すだけで飲むことができるようになっており、厳選した16種類の素材を使用した香ばしい香りとさっぱりした味わいが特徴の商品です。

第4位:ティーブティック やさしいデカフェ 玄米茶

現在の価格はコチラ

茶葉からカフェインを除去したティーバッグタイプの緑茶が「ティーブティック やさしいデカフェ 玄米茶」です。玄米の香ばしい香りとすっきりした味わいが特徴の緑茶です。

お湯に1分から3分程度煮出すだけで楽しむことができる手軽さが魅力の商品です。食事や寝る前におすすめのリラックスできるカフェインゼロのティーバッグ緑茶です。

第5位:nagomi-NATULURE 国産カフェインレス緑茶

現在の価格はコチラ

安全な二酸化炭素抽出法でカフェインを除去したマタニティーシリーズの緑茶が「nagomi-NATULURE 国産カフェインレス緑茶」です。

静岡県産・深蒸し煎茶を使用した緑茶であり、カフェインを除去していますが茶葉本来の美味しさをそのままに、添加物も使用していない安心して飲むことができる緑茶になっています。

第6位:アサヒ 食事と一緒に十六茶W

現在の価格はコチラ

特定保健用食品であり、食後の糖質の吸収と脂肪の吸収を穏やかにしてくれる緑茶がアサヒ 食事と一緒に十六茶Wです。カフェインゼロなので妊婦やカフェインが苦手な人でも安心して飲めるのが魅力のペットボトル緑茶です。厳密には緑茶ではなくブレンド茶ですが、カフェインを気にする人にはおすすめです。

カフェインゼロなだけでなく、カロリーオフで糖質ゼロなのでダイエット中の人にも適しています。普通のペットボトルよりも少々価格は高いですが、香ばしい香りとすっきりした味わいを楽しみつつ健康を気遣うことができる優れた商品です。

第7位:お茶の丸幸 低カフェイン緑茶 ティーバッグ

現在の価格はコチラ

生茶葉を熱湯で茹でることによって一般的な茶葉に比べてカフェインが50%ほどカットされている低カフェイン緑茶が「お茶の丸幸 低カフェイン緑茶 ティーバッグ」です。

静岡県産の茶葉を使用している優しい口当たりの緑茶であり、ティーバッグタイプなので手軽に飲むことができるのも魅力となっている低カフェイン緑茶です。

第8位:健茶館 ノンカフェイン十六種ブレンド茶 ティーバッグ

現在の価格はコチラ

国内の原料を100%使用したノンカフェインのブレンド茶が「健茶館 ノンカフェイン十六種ブレンド茶 ティーバッグ」です。ティーバッグタイプなので手軽に飲むことができるのが魅力の商品です。

日本各地から厳選した茶葉を使用しており、独特の味わいと香りをカフェインの心配をすることなく楽しむことができる緑茶です。

第9位:アサヒ あたたまる十六茶

現在の価格はコチラ

特定保健用食品であり、玄米や発芽大麦などを使用した香ばしい香りを楽しむことができるホット用のペットボトル緑茶がアサヒ あたたまる十六茶です。もちろんカフェインゼロなので妊婦でも安心して飲むことができる商品です。

選び抜かれた16種類の健康素材をホット用にブレンドしているので、温まりつつもホットによって香ばしい香りを存分に味わうことができるペットボトルのお茶です。厳密には緑茶ではありませんが、妊娠中でもホットの美味しいお茶を楽しみたい!という人におすすめです。

第10位:水宗園本舗 ノンカフェイン十六種ブレンド茶ティーバッグ

現在の価格はコチラ

国内の素材16種類をブレンドした手軽なティーバッグタイプのブレンド緑茶が「水宗園本舗 ノンカフェイン十六種ブレンド茶ティーバッグ」です。

煮出し・水出しどちらでも飲むことができる利便性が特徴の緑茶になっており、ノンカフェインなので妊婦はもちろん家族で楽しむことができる飲みやすさも魅力のティーバッグ緑茶です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
緑茶の種類
煎茶?抹茶?
緑茶の種類
美味しい緑茶の入れ方
緑茶
入れ方
水出し緑茶の入れ方
水出し緑茶
作り方
緑茶ミルの種類と選び方
緑茶ミル
選び方
粉末緑茶のおすすめランキング
粉末緑茶
ランキング