美味しい入れ方からおすすめの種類まで
ピントルの緑茶(日本茶)専門ページ

よく読まれるページはコチラ
緑茶の種類
煎茶?抹茶?
緑茶の種類
美味しい緑茶の入れ方
緑茶
入れ方
水出し緑茶の入れ方
水出し緑茶
作り方
緑茶ミルの種類と選び方
緑茶ミル
選び方
粉末緑茶のおすすめランキング
粉末緑茶
ランキング

美味しいペットボトルの緑茶おすすめランキング

ペットボトルの緑茶おすすめランキング

日本人にとって欠かすことのできない飲み物「緑茶」。急須で入れた緑茶の美味しさは知っていても、手間の多さから避けている人もいると思います。そんな忙しい現代人に欠かせないのが、いつでもどこでも手軽に緑茶を楽しめるペットボトルの緑茶です。

そんなペットボトルの緑茶の中でも人気・評価共に高いおすすめのペットボトルの緑茶をランキング形式でご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

第1位:伊藤園 お~いお茶

現在の価格はコチラ

ペットボトルの緑茶のおすすめランキング第1位は、「伊藤園のお~いお茶」です。伊藤園は、日本の飲料業界第4位の日本を代表する大手メーカーであり、お茶飲料においては最大手のメーカーです。

「お~いお茶」は伊藤園を代表するお茶飲料であり、発売から25年以上経った今でもトップシェアを握り続けているペットボトルのお茶の王者です。冷たい緑茶を全国に広めた立役者としても知られており、今では海外でも高い人気を誇っています。お茶の旨みや苦みなど、非常にバランスに優れた定番の緑茶ペットボトルです。

現在では普通のお~いお茶の他にも、「濃いお~いお茶」や「ほうじ茶」などいくつかの種類が同ブランドから展開されています。

第2位:サントリー 伊右衛門茶

現在の価格はコチラ

ペットボトルの緑茶のおすすめランキング第2位は、「サントリーの伊右衛門茶」です。サントリーはワインやウイスキーなどの洋酒やビールの製造販売で有名なメーカーですが、お茶などの清涼飲料水でも大きなシェアを握っている日本を代表するメーカーです。

伊右衛門茶はサントリーと、京都の老舗製茶会社「福寿園」とのコラボレーションで生まれた緑茶ブランドです。香りや旨みのバランスに優れた緑茶であり、ペットボトルの緑茶ではお~いお茶に次ぐシェアを得ており、コンビニ販売数に限ってはトップシェアを得ている緑茶です。

スポンサーリンク

第3位:日本コカ・コーラ 綾鷹

現在の価格はコチラ

ペットボトルの緑茶のおすすめランキング第3位は、「日本コカ・コーラの綾鷹」です。日本コカ・コーラとは、アメリカに本拠を置く「ザ・コカ・コーラ カンパニー」の日本法人であり、コーラ以外にも清涼飲料水の製造販売を手掛ける大手飲料メーカーです。

「綾鷹」は、日本コカ・コーラが長年苦戦してきた緑茶飲料で攻勢をかけるために開発された緑茶であり、品質の高い・美味しいプレミアムな緑茶飲料です。急須で入れたお茶に近いペットボトル緑茶として、高い人気を誇っており、シェア3位に食い込んでいます。

第4位:キリンビバレッジ 生茶

現在の価格はコチラ

ペットボトルの緑茶のおすすめランキング第4位は、「キリンビバレッジの生茶」です。キリンビバレッジは、総合飲料会社であるキリンの子会社であり、清涼飲料水を手掛けるメーカーです。お茶だけではなくコーヒーや紅茶、ジュースなど幅広い清涼飲料水を取り扱っています。

「生茶」は、「生茶葉抽出物」を使用した緑茶である点が特徴であり、緑茶本来のうまみが感じられるお茶として根強い人気を誇っています。茶葉は国産の玉露やかぶせ茶など限られたものを使用しており、低温抽出と荒ろ過によって緑茶本来の美味しさを表現しています。

第5位:伊藤園 振ってつくる抹茶グリーンティー

現在の価格はコチラ

ペットボトルの緑茶のおすすめランキング第5位は、「伊藤園の振ってつくる抹茶グリーンティー」です。伊藤園は、日本の飲料業界第4位の日本を代表する大手メーカーであり、お茶飲料においては最大手のメーカーです。

ここまではペットボトル緑茶のトップシェアを誇るものをご紹介してきましたが、第5位では一風変わったおすすめのペットボトル緑茶をご紹介します。振ってつくる抹茶グリーンティーは、国産抹茶がキャップに入っており、飲む直前に混ぜ合わせることによっていれたての緑茶を楽しめる抹茶飲料です。非常に面白い仕組みの美味しい緑茶ペットボトルです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
緑茶の種類
煎茶?抹茶?
緑茶の種類
美味しい緑茶の入れ方
緑茶
入れ方
水出し緑茶の入れ方
水出し緑茶
作り方
緑茶ミルの種類と選び方
緑茶ミル
選び方
粉末緑茶のおすすめランキング
粉末緑茶
ランキング