ジュニパーベリーが香る素敵なお酒
ピントルのジン専門ページ

よく読まれるページはコチラ
ジンの定番!人気のドライジンおすすめランキング
おすすめ
ドライジン
初心者必見!人気のジンの銘柄おすすめランキング
おすすめ
ジンの銘柄
飲みやすい!人気の初心者向けジンおすすめランキング
初心者向け
おすすめジン
コスパ優秀!人気の安いジンおすすめランキング
コスパで選ぶ
おすすめジン
ギフトにも!人気の高級ジンおすすめランキング
ギフト向け
おすすめジン

コスパ優秀!安くて美味しい人気のジンおすすめランキング

安いジンおすすめランキング

洋酒、特に世界4大スピリッツと呼ばれるお酒はその産地やアルコール度数、酒税法の問題もあって、ビールやワインよりも価格が高くなりがちです。それでも美味しいものを求めるのであれば、お金がかかるのは仕方ないと思われるかもしれませんが、それは思い違いです。

確かに高価なものを購入すれば美味しさは保証されるものも多いかもしれませんが、安いものの中でも美味しいとされるものはいくつもあるのです。特にジンはコストパフォーマンスが良いとして好まれる商品も多いです。そこでこちらではコスパが優秀の安くて美味しい人気のジンおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

第1位:ウィルキンソン / ウヰルキンソン ジン 37°

現在の価格はコチラ

こちらはウィルキンソンが製造するジンで、アルコール度数が37%と低めの商品です。低いとは言っても酒類の中では高めではあるのですが、それでもジンの中では低めとなっています。

十数種類のハーブを使うことで、ジン独特のウッド系の香りを抑え、やわらかで控えめな飲み心地を生み出しています。そのためジェネヴァのような強烈な個性はなく、一般的なドライジンと比べても、飲みやすいジンとなっているのが特徴となっています。安くて美味しいジンの代名詞とも言えるウィルキンソンのジンは間違いなく第1位の呼声高い商品でしょう。

>>ウィルキンソンの歴史や特徴とおすすめのジンはコチラ

第2位:ギルビー / ギルビージン 37.5%

現在の価格はコチラ

ギルビージンの中でも度数が低めのジンになります。12位のジンと同じく、12種類ものボタニカルを使用していることにより、柑橘系の芳醇な香りを醸し出すドライジンとなっています。

容量は375mlと750mlがあり、赤色で描かれたラベルがついた透明な瓶が特徴的であり、手に持てばずっしりと重い商品となっています。こちらも安さに比べて美味しく飲みやすいとの声も挙がっていることからコストパフォーマンスの良さも自他ともに認めるものとして第2位に入りました。

>>ギルビーの歴史や特徴とおすすめのジンはコチラ

スポンサーリンク

第3位:ボンベイ / ボンベイ・ドライ

現在の価格はコチラ

1761年に生み出されたオリジナルレシピを元に、製造される信頼の味わいのジンとなっています。ボンベイ・サファイアほどではないですが、こちらも8種類の厳選されたボタニカルを使用することで、ジン本来の深い香りと味わいのジンとなっています。

「究極のジントニック」にも使用されるドライジンとしても有名な商品です。アルコール度数は40%で容量は700mlと一般的なものよりやや少なめです。透明な瓶とボンベイのラベルが高級感のある商品となっていながらも、価格は決して高すぎないジンであることから、お手頃な価格で贅沢できるものとして第3位に入りました。

>>ボンベイの歴史や特徴とおすすめのジンはコチラ

第4位:ビーフィーター / ビーフィーター ジン 40%

現在の価格はコチラ

1820年の創業から使用する伝統的な秘伝のレシピを継承し、今も唯一ロンドン市内で蒸留を行うドライジンです。9種類のボタニカルから生み出される豊かな香りと、切れ味鋭い洗練された風味は、爽やかな柑橘系の味わいとなるジントニックに最適なジンとなっています。

ボトルは赤い正装を着たビーフィーターのラベルが特徴で、容量は一般的なものよりやや少なめの700mlと、ポケットサイズの200mlがあり、名称通りアルコール度数は40%と平均的なものとなっています。価格は市場全体から見れば安めの商品となっていることからコストパフォーマンスが良いとして第4位に入っています。

>>ビーフィーターの歴史や特徴とおすすめのジン

第5位:ゴードン / ゴードン ロンドン ドライジン 40度

現在の価格はコチラ

ゴードンロンドンドライジンは高品質のジュニパーベリーに加えて様々なボタニカルを加え、秘伝のレシピによってバランスよく配合されることで、豊潤な香りと爽快感のある後味に仕上がったジンとなっています。

アルコール度数は40%と47.3%の2種類があり、40%のものは200mlのミニボトルと、700mlの一般的なものよりやや少なめのものが販売されています。47.3%のものは750mlと一般的な容量のもののみの販売となっていますが、容量の違いとその価格の安さから選びやすい商品として第5位になりました。

>>ゴードンの歴史や特徴とおすすめのジンはコチラ

スポンサーリンク

第6位:ウィルキンソン / ウヰルキンソン ジン 47.5°

現在の価格はコチラ

ウキルキンソンジンの中でもアルコール度数が47.5%と高めの商品になります。容量は720mlのみですが、こちらも第1位同様に価格は1,000円以内で購入でき、他ブランドの同度数のものや容量が同じものと比較してもコストパフォーマンスが良い商品です。

ただ酒税法の関係でどうしてもアルコール度数分だけ高くなってしまうため第6位になりました。

>>ウィルキンソンの歴史や特徴とおすすめのジンはコチラ

第7位:ギルビー / ギルビージン 47.5%

現在の価格はコチラ

こちらも2位と同じく、ギルビージンのアルコール度数が高い商品となっています。47.5%は市場に出回るジンの中でも高めのアルコール度数です。製造方法は37.5%と同じですが、蒸留時の水分を調整することで、アルコール度数が高めになっています。

容量は750mlのみですが、価格は市場全体から見れば安めとなっていますが、やはりこちらもアルコール度数が高い分、税金が上乗せされているため、第7位として紹介しました。

>>ギルビーの歴史や特徴とおすすめのジンはコチラ

第8位:ボンベイ / ボンベイ・サファイア

現在の価格はコチラ

ボンベイ・サファイアは10種類に及ぶボタニカルを使用して作られています。世界各国から集められ厳選されたそれらの素材を使用し、ボンベイ独自の「ヴェイパー・インフュージョン」製法を採用し、華やかながらも深い香りと味わいをもつプレミアムジンを作りだしています。

アルコール度数こそ47%の1種類のみですが、ボトルは50mlのミニチュアサイズから200ml、750ml、多いものだと1,000mlのものとサイズが多彩となっています。単体で見れば価格は少し高めですが、サイズが選びやすいのと、非常に美味しいのにこの値段で購入できることから第8位になりました。

>>ボンベイの歴史や特徴とおすすめのジンはコチラ

スポンサーリンク

第9位:タンカレー / タンカレー ロンドン ドライジン

現在の価格はコチラ

タンカレーロンドンドライジンは、4回にも及ぶ蒸留によって洗練されたすっきりとしたキレのある味と、厳選された高品質なボタニカルによる、豊かな香りが特徴のジンとなっています。

アルコール度数は47.3%と高めで、容量は750mlのみですが、世界中から愛されるNo.1ジンとしての名声をものにした商品となっています。価格もプレミアムジンながら手が出しやすい値段となっていることもあり、コストパフォーマンスはそれなりに良いとして第9位にランクインしました。

>>タンカレーの歴史や特徴とおすすめのジンはコチラ

第10位:ビーフィーター / ビーフィーター ジン 47%

現在の価格はコチラ

こちらはアルコール度数が47%のビーフィータージンです。その香りや味はビーフィーター40%と変わりませんが、アルコール度数が高いので、キレ味がさらに際立っています

容量は750mlと1750mlと大容量のものも用意されていますが、価格はどちらも容量から考えればお手頃なものとなっています。ただやはりというか、アルコール度数の高さで上記の商品と比べても安さに劣る部分があるため第10位になりました。

>>ビーフィーターの歴史や特徴とおすすめのジン

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
ジンの定番!人気のドライジンおすすめランキング
おすすめ
ドライジン
初心者必見!人気のジンの銘柄おすすめランキング
おすすめ
ジンの銘柄
飲みやすい!人気の初心者向けジンおすすめランキング
初心者向け
おすすめジン
コスパ優秀!人気の安いジンおすすめランキング
コスパで選ぶ
おすすめジン
ギフトにも!人気の高級ジンおすすめランキング
ギフト向け
おすすめジン