ジュニパーベリーが香る素敵なお酒
ピントルのジン専門ページ

よく読まれるページはコチラ
ジンの定番!人気のドライジンおすすめランキング
おすすめ
ドライジン
初心者必見!人気のジンの銘柄おすすめランキング
おすすめ
ジンの銘柄
飲みやすい!人気の初心者向けジンおすすめランキング
初心者向け
おすすめジン
コスパ優秀!人気の安いジンおすすめランキング
コスパで選ぶ
おすすめジン
ギフトにも!人気の高級ジンおすすめランキング
ギフト向け
おすすめジン
スポンサーリンク

ギフトにも!人気の高級ジンおすすめランキング

高級ジンおすすめランキング

誕生日などのお祝いごとにお酒を贈られる方は少なくないと思います。特に洋酒はその装いや独特の風味などを好まれる方もみえるので、ギフトとして贈られる方もみえます。産地やアルコール度数から価格が高いものが多く、しかし価格に見合う美味しさがあるものが多いのです。

一生のうちに一度くらいは高級で美味しい洋酒を飲んでみたいですよね。その中でも4大スピリッツであるジンはストレートからカクテルまで様々な飲み方ができ、世界中にファンも多い洋酒になります。そこでこちらではギフトにも贈れる人気の高級ジンおすすめランキングをご紹介していきます。

スポンサーリンク

第1位:タンカレー / タンカレー ナンバーテン

現在の価格はコチラ

世界一美味しいジンを作るとの呼声も高いタンカレーで製造された商品で、オリジナル蒸留器であり、同ブランドでは最古のものでもあるタイニーテンによって生み出されるジンです。高品質のボタニカルだけでなく、新鮮な生の果物も素材として使用されているので、深い香りと優雅でありながら繊細な味わいを生み出しています。

この出来が認められ、2000年から2002年までの3年間、サンフランシスコ世界スピリッツ大会でベストスピリッツに選ばれた世界的にも有名な商品でもあります。アルコール度数は47.3%で容量も750mlとなっています。

その生産量は少なく、ジン好きなら喉から手が出るほど欲しいジンとして人気であり、それ故に価格もプレミアムなものとなっていることから第1位にランクインしました。

>>タンカレーの歴史や特徴とおすすめのジンはコチラ

第2位:モンキー47 / ドライジン

現在の価格はコチラ

モンキー47の「47」は2つの意味を持っています。1つはアルコール度数が47%であり、もう1つは香り付けに使用されているボタニカルが47種類あるということを指しています。

このドライジンは自分でオリジナルジンを作るほどジン好きで知られていたイギリスの退役軍人モンゴメリー・コリンズのレシピを現代に蘇らせ、製造されたのがこのモンキー47ドライジンなのです。

47種類ものボタニカルを使用していると、香りが複雑になりすぎる気がします、バランスよく整えられており、ジュニパーベリーを中心としてきれいに調和した香りが特徴となっています。その芳醇な香りと個性豊かな極上の味わいで非常に人気のジンとなっています。

しかしそれを生み出すために様々な苦労、そして手間暇がかかった製造のために価格も非常に高価なのがもう1つの特徴となっています。高級感のある装いと、香り高い仕上がりがギフトとしてもおすすめの商品であることもあり第2位になっています。

スポンサーリンク

第3位:ボンベイ / スター・オブ・ボンベイ

現在の価格はコチラ

ボンベイのジンの中でも特に製造方法にこだわりがあり、通常のジンの約1.5倍もの時間をかけて蒸留しています。その出来はまるで英国式の高級注文服とも形容されるような商品です。

同銘柄のボンベイ・サファイアで使用される10種類のボタニカルに加えて、「イタリア産ベルガモット」と「エクアドル産アンブレットシード」を加えることで、さらに豊かな風味を生み出しており、至高のボンベイジンに相応しい、絶妙なバランスに整えられた柑橘系の上品で滑らかな味のジンとなっています。

こちらもアルコール度数は47.5%と高めで、容量は一般的な750mlですが、至高のジンよろしく高級で高潔な印象のあるボトルに入っており、価格も非常に高いプレミアムなジンとなっていることから第3位に入りました。

>>ボンベイの歴史や特徴とおすすめのジンはコチラ

第4位:ボルス / ボルス バレル エイジド ジュネヴァ

現在の価格はコチラ

伝統的な製法を踏襲しつつ、単式蒸留器による3度の蒸留に加え、フレンチリムーザンオークにて2年以上熟成することで、さらに芳醇で複雑な味わいのあるジュネヴァに仕上がっています。名称のエイジド(aged)とは、アンティークなどの意味を持ち、まさしく熟成し年を重ねた商品であることを表わしています。

アルコール度数は同銘柄で生産されている第6位のボルスジュネヴァ同様に42%ですが、ボトルは大容量の1000mlとなっています。この容量と時間をかけて熟成された味もあり、価格も高めのジュネヴァです。

>>ボルスの歴史や特徴とおすすめのジンはコチラ

第5位:シップスミス / シップスミス・VJOP・ブラック

現在の価格はコチラ

シップスミスのドライジンは、通常の約2倍のジュニパーベリーを使用しており、アルコール度数も市場のジンの中ではトップクラスの57.7%となっています。濃厚だが爽やかなジュニパーベリーの香りと、シトラスの深い香りと共に、透明感のあるさっぱりとしたキレ味が特徴のジンとなっています。

アルコール度数の関係もあり、価格も非常に高いジンですが、その装いには高級感も感じられるものとなっており、ギフトにもおすすめとして第5位になっています。

スポンサーリンク

第6位:ボルス / ボルス ジュネヴァ

現在の価格はコチラ

第4位同様ボルス製のジュネヴァで1820年に作られたオリジナルレシピを忠実に守り作られるジュネヴァジンです。アンジェリカやジンジャーなどに加えて、マスターディスティラー秘伝の材料をブレンドすることで、ウイスキーのような芳醇な香りと、モルト風味の滑らかでありながら複雑で豊かな味わいを楽しめるジンに仕上がってます。

アルコール度数は42%で、容量は700mlとなっていますが、伝統の製法と手間暇かけたそのジュネヴァは価格としても高価なジンとして第6位にランクインしました。

>>ボルスの歴史や特徴とおすすめのジンはコチラ

第7位:ビーフィーター / ビーフィーター24

現在の価格はコチラ

こちらの商品は少し変わっており、通常香り付けとしてジュニパーベリーなどのボタニカルを使用しますが、そこに煎茶や中国紅茶、グレープフルーツなどを入れて、全12種類のボタニカルを使い、24時間浸漬してから蒸留しています

これにより、新鮮で優しい口当たりのジンが出来上がっています。アルコール度数も少し高めの45%となっており、容量は700mlで販売されています。この厳選されたボタニカルと特殊な製法、アルコール度数の高さもあり価格もやや高めとして第7位になっています。しかしその味と香りは間違いなく美味しいジンとしておすすめです。

>>ビーフィーターの歴史や特徴とおすすめのジン

第8位:ジーヴァイン / ジーヴァイン ジン フロレゾン

現在の価格はコチラ

ジーヴァインで製造されているドライジンは、フランスはコニャック地方の白ブドウであるユニ・ブランと世界中から集められ厳選されたボタニカルを使用し、クリアで香り高い癒し効果をジンに持たせています

また繊細の華のエキスを発酵させることによってできた至極の滑らかさと独特の香りが高級感を感じさせる仕上がりとなっています。アルコール度数は40%と平均的ですが、700mlを抱えている瓶は緑のグラデーションで爽やかさも感じさせる装いです。価格もジンの中では少し高めとなっているため第8位になりました。

スポンサーリンク

第9位:ナンバー3 / ロンドン・ドライ・ジン

現在の価格はコチラ

ワイン商が造るジンとして有名であり、300年を超える伝統的な製造から生まれる信頼の味と香りが認められ、王室御用達の指定を受けています。ブランド名のNo.3は今もそのオフィスを構えるセント・ジェームス・ストリート3番地から来ています。

そんな伝統と格式のあるジンは、輝きのある透明感に、新鮮で爽やかさがすがすがしいジュニパーベリーの独特の香りが中心となった出来となっています。そこに華々しいフローラル系とスパイスの香りが醸し出されています。

またコリアンダーのスパイシーな風味が香り、アクセントとなって口の中に広がります。後味はさっぱりとした刺激が現れる一口で様々な風味を味わえるジンとなっています。

そのボトルは濃いグリーンの装いに、中心には鍵の紋様が刻印されており、重厚感と高級感を併せもった装いとなっています。その格式高い歴史のある商品の価格は、納得のものとなっており、高価なため第9位になりました。

第10位:ロンドンヒル / ロンドンヒル ドライジン

現在の価格はコチラ

ロンドンヒルジンは厳選された12種類以上のハーブやスパイスといったボタニカルを使用し、門外不出の秘伝のレシピによって作られたドライジンであり、爽やかで透明感がありながらも複雑な風味に、丸みがあり、かすかに甘くキレのある喉ごしはストレートで飲むのに最適のジンとなっています。

世界的権威のあるコンペティションで3度も金賞を受賞するほどの出来とであり、その香りと味から様々なカクテルのベースとしても適しているので、多種多様な飲み方ができるドライジンの中でも特に幅広い飲み方ができるジンとなっています。

そのバランスの良さと、歴史ある伝統とフレッシュさを兼ねそろえたプレミアムジンとして世界中で愛されており、ボトルの高貴な印象から贈り物としても最適として第10位に入りました。

>>ロンドンヒルの歴史や特徴とおすすめのジンはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
ジンの定番!人気のドライジンおすすめランキング
おすすめ
ドライジン
初心者必見!人気のジンの銘柄おすすめランキング
おすすめ
ジンの銘柄
飲みやすい!人気の初心者向けジンおすすめランキング
初心者向け
おすすめジン
コスパ優秀!人気の安いジンおすすめランキング
コスパで選ぶ
おすすめジン
ギフトにも!人気の高級ジンおすすめランキング
ギフト向け
おすすめジン