種類ごとの健康・美容効果からオススメの食べ方までピントルのドライフルーツ専門ページ

よく読まれるページはコチラ
ドライフルーツのおすすめランキング
おすすめ
ランキング
無添加ドライフルーツのおすすめランキング
無添加
おすすめ
ドライフルーツミックスのおすすめランキング
ドライフルーツ
ミックス
ドライフルーツダイエットの方法と効果
ドライフルーツ
ダイエット
ドライフルーツの作り方
ドライフルーツ
作り方

ドライフルーツの定番!レーズンのカロリーと栄養

レーズンのカロリーと栄養

ダントツの知名度を誇るレーズンをピックアップしていきます。レーズンの栄養・カロリーなどについても調査していますのでチェックしてみてください。またレーズンを食べることでどんな良い効果をもたらせてくれるのかもリサーチしました。

わかりやすいようにレーズンの栄養価も一覧にしています。レーズンの魅力をこのページに凝縮していますので是非一度目を通してみてください。

スポンサーリンク

レーズンとは?

レーズンって?

レーズンは名前が有名なためドライフルーツという認識があまりされていませんが、ぶどうのドライフルーツのことをレーズンと呼びます。

実はレーズンは生のブドウ1キロから200g程しかできないので貴重なドライフルーツなのです。しっかりした甘みを感じますが、レーズンが持っている甘みは果糖がメインですので、摂取してもエネルギーとしていち早く消費するので肥満につながりにくいとされています。

しつこくない甘みですので料理にも使えますし、もちろんパンやお菓子にも使う事が出来ます。どんな調理をしても美味しくたべられるので料理業界では重宝されている食材の1つですね。

>>レーズンの作り方

レーズン栄養価一覧

レーズンが持っている成分は色んな効果があり、健康や美容面などをサポートしてくれます。

>>ドライフルーツの効果・効能について

どんな成分がどんな効果をもたらせてくれるのかわかりやすく一覧にまとめましたのでぜひご覧ください。

ポリフェノール

レーズンにはポリフェノールがたくさん含まれています。とくに皮に多くふくまれているので、まるごとたべられるドライフルーツは効果を最大限に出させる食べ方と言えます。

ポリフェノールといえば抗酸化作用で、老化や万病の素といわれる活性酸素を抑制する力を持っています。

逆に言えば活性酸素はシミやシワなどの原因にもなる物質ですから、しっかりおさえておけばいつまでも若々しい肌を保つのも可能という事になりますよね。そんな女性の味方になってくれる成分がポリフェノールです。

カリウム

近年の食生活でとりすぎとされる塩分を排出する役目を持っています。体に不必要な塩分をしっかり排出してくれることで、むくみや成人病の予防ができるといわれています。

ブドウ糖

糖だからダメなのでは?と思われるかもしれませんが脳を働かせるエネルギーになるのでとても大切な成分になります。もちろん摂取しすぎるのは逆効果になってしまいますが、ある一定の量は必要なのでぜひとっていきましょう。

糖の種類にも色々ありますが、脳のエネルギーとして使われるのはこのブドウ糖だけ。仕事で疲れて頭が回らない時や、朝起きて脳が起きていないと感じる時などに手軽に摂取すると良いでしょう。

鉄分

おなじドライフルーツの中で鉄分が豊富で有名なプルーンがあります。実はレーズンはプルーンの約2倍もの鉄分が含まれているのです。鉄分は貧血気味の方や鉄欠乏症の症状がある方の治療に欠かせない成分です。

もちろんレーズンだけでは完璧にとり切れませんが、おやつの代わりやデザートのトッピング、料理に混ぜ合わせるなどして少しずつでも摂取していれば鉄分不足の予防には役立ちます。女性は不足しがちな成分ですので、積極的にレーズンをとるように心がけてみて下さい。

食物繊維

ドライフルーツは基本的に食物繊維が豊富といわれています。まさにその通りで、レーズンにも食物繊維がたっぷりと含まれ、他のドライフルーツに引けをとらないほどです。有名な成分なので皆さんもご存知かと思いますが、便秘や腸のトラブル解消に効果を発揮してくれます。

水に溶けやすい水溶性食物繊維と、溶けない不溶性食物繊維の2種類が配合されているので、どんなトラブルにも応用がきき、その効果は大勢多数の人が実感しています。水分と一緒にとることで効果を増しますので、ぜひ試してみてください。

酒石酸(しゅせきさん)

効きなじみのない成分ですが、体に良い成分の1つでクエン酸と同じような効果を持っています。酸性物質をエネルギーにかえる力があるため疲れを回復させてくれる効果が期待できます。

また免疫力をアップさせる力もあり、風邪などの病気予防のも力を発揮します。

>>レーズンの効果効能

レーズンのカロリー

レーズンのカロリーと摂取量は?

レーズンのカロリーは100gあたり約300キロカロリーといわれています。10gで約20粒ですので量で考えるとさほど高くないように思いますね。

レーズンはコレステロールゼロという魅力がありますので、他のドライフルーツに比べてダイエット中でもオススメしやすいです。

>>ドライフルーツダイエットについてはコチラ

レーズンの摂取量

レーズンの1日の摂取量は84g程とされており、この数字はちゃんと研究によって導きだされています。カルフォルニアの博士が2000年におこなわれた米国栄養大学での討論会で発表されているので信頼のもてる結果です。

84gは計量カップ半分くらいの量ですから、片手ですくったくらいの量です。それだけ食べても良いのならば料理に使ったうえでおやつとして摂取することもできるので、ちゃんと目安量が守りやすいのも魅力ですね。

現在の価格はコチラ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
ドライフルーツのおすすめランキング
おすすめ
ランキング
無添加ドライフルーツのおすすめランキング
無添加
おすすめ
ドライフルーツミックスのおすすめランキング
ドライフルーツ
ミックス
ドライフルーツダイエットの方法と効果
ドライフルーツ
ダイエット
ドライフルーツの作り方
ドライフルーツ
作り方