種類から美容健康に効果的な使い方までピントルのオリーブオイル専門ページ

よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方

こんなにあるの?オリーブオイルの種類と選び方

オリーブオイルの種類と選び方

最近よく耳にするオリーブオイル。健康や美容に良いと評判で、いま絶大な人気を誇っています。ただいざ購入しようとお店に行っても、オリーブオイルの種類が多く迷ったことはありませんか?

どれがいいのだろう、どのオイルも一緒なの?など。ここでは、オリーブオイルの種類や特徴をわかりやすく説明していきます。選び方もあわせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

オリーブオイルの種類

オリーブオイルの種類

オリーブオイルの種類は細かく分けると8種類。その中でも大きく分けると3つに分類することが出来ます。

  • バージンオリーブオイル
  • 精製オリーブオイル
  • オリーブオイル

これらの選別の基準には酸度が大きく関わっています。酸度とは、オリーブの成分の1つである「遊離オレイン酸」の割合のことを指します。遊離オレイン酸の割合が少ないものほど酸化しにくく、上質なオリーブオイルといえるのです。

分類 品質 酸度 (%) 備考 精度 (mg/Kg)
バージンオリーブオイル エクストラバージンオリーブオイル 0.8 官能検査により完全な食味を持っているとされたもの 250
ファインバージンオリーブオイル 2.0 官能検査により若干の風味が損なわれているもの 250
オーディナリバージンオリーブオイル 3.3 官能検査により複数の欠点があったとされるもの 300
ランパンテバージンオリーブオイル 3.3 官能検査により多くの欠点が認められたもの 300
精製オリーブオイル リファインドオリーブオイル 0.3 ランパンテを精製したもの 350
リファインドオリーブポマースオイル 0.3 バージンオイルの絞りかすから化学的に溶剤抽出したもの 350
オリーブオイル(ピュアオリーブオイル) オリーブオイル(ピュアオリーブオイル) 1.0 精製オリーブオイルとバージンオイルのブレンド 350
オリーブポマースオイル 1.0 オリーブポマースオイルとバージンオイルのブレンド 350

国際オリーブオイル協会(IOOC)の規定によるオリーブオイルの分類

イタリアでは、オリーブオイルの選別基準が法律になっている程厳しく、裏を返せばそれほど大切にされているオイルといえます。それでは、オリーブオイルの種類を全て紹介していきますね。

バージンオリーブオイルの種類

バージンオイルとは化学的な処理を一切行わず、オリーブの果汁をろ過しただけの天然のオリーブオイルのことを言います。その中でも4種類のオイルがありますので、それぞれの特徴と共に紹介していきます。

エクストラバージンオリーブオイル

酸度は0.8以下で、オリーブオイルの中でも最も上質なオイルといえます。

果実から作られるオリーブオイルの1番ですから、フルーティーな味わいが特徴とされています。風味が良いため、食用として重宝される1品です。

>>エクストラバージンオリーブオイルについて詳しくはコチラ

ファインバージンオリーブオイル

酸度は2.0以下で、エクストラバージンオリーブオイルとほとんど変わりません。唯一の違いといえば酸度くらいなものです。風味も良く高品質といえます。

オーディナリーバージンオイル

酸度は3.3以下で、上記の2つに比べると少し辛みや苦みを感じられます。ですが、食用として使用することもできるので、品質は良いと言えると思います。

ランパンテバージンオリーブオイル

酸度は3.3以上。バージンオリーブオイルのなかでは、低品質になります。

名前の由来が灯油から来ている背景もあり、食用には不向き。使い道としては、精製して上記の上質なオイルとブレンドして使用します。

精製オリーブオイルの種類

科学的に還元したオリーブオイル。基本的には料理や食品にはつかえないオイルですが、精製することで調理などに使えるようになります。

精製オリーブオイル

バージンオリーブオイルで紹介したランパンテを精製したものを指します。においをなくし、色を整えるなど手を加えて、最終的には酸度0.3以下にしたものがこの精製オリーブです。

精製オリーブポマースオイル

ランパンテを精製する際にでた絞りカスから、さらに有機溶剤をつかって抽出したもの。酸度は0.3以下。

オリーブオイルの種類

精製されたオリーブオイルとバージンオイルを混ぜ合わせたオリーブオイル。一般的に売られているものはこのオリーブオイルがメインです。

ピュアオリーブオイル

酸度は1.0以下。精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルを混ぜ合わせたもので、スーパーなどで目にする機会の多いオイルです。

オリーブオイルとしか表記のないものが、このオイルの事だと思ってください。食用ではありますが、調理に使うのが一般的ですね。

>>ピュアオリーブオイルについて詳しくはコチラ

オリーブポマースオイル

酸度は1.0以下。ピュアオリーブオイルと原理は一緒ですが、混ぜ合わせるものが精製オリーブポマースオイルであるという違いがあります。

このオイルには、一般的に販売する際、正式名称を表示する義務がありますので、ピュアオリーブとの違いはそこではかりましょう。

>>オリーブポマースオイルについて詳しくはコチラ

オリーブオイルの選び方

オリーブオイルの選び方

上記のような選別はもちろんですが、抽出時期やオリーブの産地にもよっても差があります。一番オススメしたいのが緑果(りょっか)のオリーブオイル

通常は完熟したオリーブの実から15%ほどオイルを抽出するのですが、緑果は完熟前の青い果実から抽出するため、完熟しているものと比べて6%ほどしか抽出できない贅沢品。

スッキリした味わいと果実を感じるようなフレッシュ香りが特徴で限定数の販売になることがほとんどです。

産地などは好みがありますから、色んなオイルを試してみるのも、1つの楽しみになりますね。一見すべて高品質なエクストラバージンオリーブオイルでいいのでは?と思うかもしれませんが、用途によって使い分けるというのがオリーブオイルの魅力を最大限ひきだすコツなのです。

精製オリーブオイルは主に工場などで使用されるものですから、購入する機会は少ないと思われます。ですので、皆さんが主に使用する、料理や調理にぴったりのオリーブオイルの選び方を紹介していきますね。

料理に使うオリーブオイルの種類

ドレッシングや、スープなど、そのままオリーブを食べる時は、バージンオリーブオイルを選びましょう。特にエクストラバージンオリーブオイルは最高品質ですから、風味を楽しむこともでき、どんな料理にもピッタリです。

香りが甘いものは鶏肉やクリーム系の料理と相性が良く、フレッシュな香りのものはお刺身や青魚と相性バツグン。使い分けてオリーブオイルマスターをめざしましょう。

調理に使うオリーブオイルの種類

調理の時はピュアオリーブオイルがオススメ。バージンオイルは100℃の高温で加熱すると煙が出てしまいます。調理に火はつきものですから、200℃くらいまで耐えられるオリーブオイルを選びましょう。

絶対使ってはいけないという事はありませんが、バージンオイルは高価なものなので、ピュアオリーブオイルを選ぶのが賢明です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方