種類から美容健康に効果的な使い方までピントルのオリーブオイル専門ページ

よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方

優れた効能がたくさん!オリーブオイルの健康効果

オリーブオイルの健康効果

オリーブオイルを摂取することによって得られる健康効果をご存知ですか?

油といえば太る・病気に繋がるなどネガティブな印象を受けがちですが、オリーブオイルにおきましては油とは思えない程とても健康に良いことがわかりました。しかも、オリーブオイルに含まれる栄養成分にはダイエット効果もあります。

ダイエットをしたい、または健康を気使いたい方や老化を防ぎたい方に特におすすめです。ここではオリーブオイルの効果とその理由を詳しくご説明致します。

スポンサーリンク

オリーブオイルの健康効果

オリーブオイルの健康効果

私たちの身の回りには、オリーブオイルやごま油、サラダ油、バター、ラードなど様々な種類の油があります。

オリーブオイルやごま油などのいわゆる植物性油は比較的健康に良いとされていますが、中でもオリーブオイルはもっとも酸化しにくい油ということで有名です。

酸化した油は生活習慣病の原因になりやすく、体に様々な悪影響を与えます。そのため酸化しにくいオリーブオイルは特に健康に良いとされています。

ではそんなオリーブオイルには、どんな健康効果があるのでしょうか?オリーブオイルに含まれる栄養成分と合わせてその効果をご紹介いたします。

オリーブオイルのダイエット効果

油とは脂肪酸の集まりですが、その油の中に含まれる脂肪酸の種類によって痩せやすい効果を持ちます。中でもオリーブオイルに含まれる不飽和脂肪酸には、老廃物を溜めにくい体を作る働きがあります。

不飽和脂肪酸の中にはオメガ9とオメガ3と呼ばれる種類があり、そのオメガ9であるオレイン酸はオリーブオイルに非常に沢山含まれます。

オレイン酸の割合はオリーブオイル全体の約70%を占め、その含有量は他の油脂よりもずば抜けて高いことが特徴です。このオレイン酸ダイエットに良い働きをします。さらに、食事から摂取した糖分はインスリンによって脂肪に変換されますが、オレイン酸はインスリンを抑える効果を持っています。そのため痩せやすい体作りを助長してくれます。

また、オリーブオイルの特性を利用した「オリーブオイルダイエット」というメゾットも注目されています。

>>話題沸騰!オリーブオイルダイエットとは?

他にもオレイン酸には水分と結びつきやすい作用があり、便を軟らかくするため便秘に効きます

1つ注意して頂きたいのは、カロリーという点だけで見るとオリーブオイルは1gあたり約9kcalあり、他の油と何も変わりません。よって、摂り過ぎてしまうと太ります。

痩せやすい体を作るためには適量を心掛け、他の油をオリーブオイルに置き換えるなどして日常に取り入れるようにしましょう。

>>太る?オリーブオイルのカロリーについて

悪玉コレステロールを下げる効果

同じくオレイン酸には、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロール値を下げて、動脈硬化の防止に役立つ善玉コレステロール値は維持するという優れた作用をします。

動脈硬化の他にも心臓病高血圧などの様々な生活習慣病予防に効果的な油と言われています。

オリーブオイルのアンチエイジング効果

オリーブオイルにはヒドロキシチロソールというポリフェノールが含まれます。このポリフェノールは抗酸化作用があり、肌荒れ老化の原因となる酸化を防止する効果があります。

他にもオリーブオイルにはビタミンEが豊富に含まれています。これはアンチエイジングに良いとされる代表的なビタミンで、血行を良くする作用があります。体内の新陳代謝が活発になることで肌荒れに効き、肌のはりも出てくるでしょう。

また、オレイン酸は酸化しにくい成分のため、老化を引き起こす活性酸素になりません。他にもオレイン酸は肌への刺激が弱い上に、水分を保つ効果もあります。

オリーブオイルにはオレイン酸の他にも保湿効果のあるリノール酸α-リノレン酸も含みます。リノール酸やα-リノレン酸は人間の体内で作ることができない必須脂肪酸です。食事からしか摂ることが出来ず、血栓や高血圧を予防する働きもありますので積極的に摂りたい栄養成分です。

オリーブオイルは体の老化を防ぐにはとても効果的な油と言うことができるでしょう。

>>女性必見!オリーブオイルの美容効果について

オリーブオイルの健康効果を上げる方法

オリーブオイルの健康効果をより上げる方法

オリーブオイルの健康効果をより感じて頂くための方法をご紹介いたします。

  1. エクストラバージンオリーブオイルを選ぶ
  2. 容器は暗く濃い色のものを選ぶ
  3. 保存状態に気をつける
  4. 加熱しすぎない

日本で販売されているオリーブオイルは大きく分けて3種類ありますが、健康効果をより得たい場合はエクストラバージンオイルを選ぶようにしましょう。酸化度が最も少なく、栄養素が非常に高いからです。

>>オリーブオイルの種類と選び方

オリーブオイルを購入する際はボトル裏の説明をよく読み、どの品種か気をつけて選びましょう。中でも酸味が強いタイプのものは抗酸化成分を豊富に含みますので特におすすめです。

また、酸化を進めさせないためにも容器は暗く濃い色のものを選ぶようにしましょう。光と熱を遮断する効果があります。お持ちの透明の容器に入れたい場合は、すぐに使い切るようにしましょう。

そして保存する際も、高温多湿な場所は避け暗めの涼しい所で保管するようにしましょう。冷蔵庫に入れると風味が落ちてしまうのでおすすめしません。

更に健康効果を高めるには、生でオリーブオイルを摂って頂くことをおすすめします。加熱すると栄養素が壊れてしまうので、サラダやお豆腐にかけて食べたり、またはそのまま飲んで摂取することをおすすめします。

>>エクストラバージンオリーブオイルおすすめランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方