種類から美容健康に効果的な使い方までピントルのオリーブオイル専門ページ

よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方

人気のピュアオリーブオイルおすすめランキング

ピュアオリーブオイルおすすめランキング

今や日本でもおなじみとなった「オリーブオイル」。サラダにかけたりパスタに混ぜたりと使い道もイロイロありますが、種類が多すぎてどれを選べばいいのか悩むことも多いと思います。

日本で売られているオリーブオイルは、大きく分けてピュアオリーブオイルとバージン・オリーブオイルの2種類あります。今回は、オススメの美味しいピュアオリーブオイルをランキング形式で紹介していきます。

スポンサーリンク

ピュアオリーブオイルの魅力や特徴

ピュアオリーブオイルの魅力や特徴

皆さんはピュアオリーブオイルとエクストラ・バージン・オリーブオイルの違いをご存知でしょうか?ピュアオリーブオイルとは、オリーブオイルだけでは癖が強く食べ辛いオリーブオイルに、エクストラ・バージン・オリーブオイルをブレンドし、マイルドな風味に仕上げた精製度の高いもののことです。

>>オリーブオイルの種類と選び方

焼いたり炒めたりなど、加熱料理に向いていると言われています。色は透き通った黄色をしています。

>>ピュアオリーブオイルについて詳しくはコチラ

ピュアオリーブオイルおすすめランキング:TOP10

では、早速ピュアオリーブオイルのおすすめランキングを1位から順に紹介していきます。どのピュアオリーブオイルを選べば良いの?と迷っている人は是非参考にしてください。

第1位:ボスコ/イタリア産オリーブオイル

現在の価格はコチラ

日々毎日使用するピュアオリーブオイルだからこそ、風味や味だけじゃなくコストパフォーマンスも考慮したいですよね。だからこそ高品質なのにリーズナブルなこの「ボスコ オリーブオイル」をオススメしたいと思います。

この「ボスコ」のピュアオリーブオイルは、最高の品質にこだわっており、国際オリーブオイル協会が定めている品質国際規格を上回る、更に厳しい独自の規格に基づき徹底的な管理をされています。風味の方は癖がなくスタンダードな味わいで、さまざまな火を使った料理に使いやすくオススメです。いつもオリーブオイルを使う方や、初めての方にぜひオススメしたいピュアオリーブオイルとなっています。

第2位:ソル・レオーネ/ピュア・オリーブオイル

現在の価格はコチラ

本場イタリアの素材と味、そして品質にこだわっており、厳選したメーカーに製造委託され作られます。高品質でありがならお値段もリーズナブル、イタリアの食卓には欠かせないピュアオリーブオイルです。

こちらのピュアオリーブオイル、加熱してもオリーブの風味が落ちにくいので、炒め物や揚げ物などに使用してもオリーブの風味を楽しむことができます。油切れも良いので、健康面でもオススメしたい1品です。癖も強くなく、実にマイルドな口当たりとなっております。

第3位:ルグリオ/サンサオリーブオイル

現在の価格はコチラ

南イタリア、バリの近郊の小さな町テルリッチで生まれたこちらのピュアオリーブオイル。生産者が品質第一を考えて作っています。味わいを更に向上させるために、エクストラ・バージン・オリーブオイルがブレンドされています。

オリーブの香りがキツくなく、風味は普通の油と変わらないほどマイルド、なのにモッタリしていないので胸焼けのような嫌な感じが残りません。料理を選ばずさまざまな料理に使えるのが魅力的です。

第4位:モンテベッロ/ピュア・オリーブオイル

現在の価格はコチラ

地中海の太陽をタップリと浴びたオリーブから搾油して作られたこちらのピュアオリーブオイル、優しい口当たりのマイルドな風味が楽しめます。イタリア料理だけではなく、和食などにもオススメです

コストパフォーマンスの高い商品をと日本専用に開発されただけあり、保存も長期保存ができ、一般的なサラダオイルに比べてアッサリとしております。

第5位:東洋オリーブ/トレアピュアオリーブ油

現在の価格はコチラ

オリーブのふるさと、地中海地方のエクストラ・バージン・オリーブオイルと小豆島のオリーブオイル精製工場で作られた、ピュアオリーブオイルとのブレンドオイルです。生のオリーブオイルを小豆島で精製することで、新鮮なオイルに仕上げることができました。

ピュアオリーブオイルですが、ほんのりオリーブの香りもあり、生のままドレッシングに使っても美味しく食べられます。揚げ物にも、他の油と比べ少量で済むので経済的です。

第6位:ギャバン/オリーブオイルピュア

現在の価格はコチラ

コショウで有名なギャバンですが、オリーブオイルを作っていたのはご存知でしょうか?こちらのピュアオリーブオイルは、精製されたオリーブオイルにエクストラ・バージン・オリーブオイルをブレンドした酸度が1%以下のオリーブオイルです。

風味は癖がなく、炒め物などの料理に合います。お値段の割には量も多いのでコスパも良く、普段使いにオススメです。

第7位:チリオ/ピュアオリーブオイル

     
現在の価格はコチラ

あまり聞いたことがないかもしれませんが、この「チリオ」はイタリアで長年愛されている食品ブランドです。チリオの最大の特徴はイタリア産オリーブ100%使用しているところです。イタリア中から選りすぐりのオリーブだけを使用しています。

一番搾りのエクストラ・バージン・オリーブオイルをブレンドしています。まろやかな中にも豊かな風味溢れる味となっています。

第8位:カサアルバート/ピュアオリーブオイル

現在の価格はコチラ

スペイン東部のバレンシア地方で生まれたこのピュアオリーブオイル、今やオリーブオイルの生産量1位の国スペイン。このバレンシア地方はオリーブの名産としても有名ですが、パエリア発祥の地としても有名です。

このピュアオリーブオイルにはエクストラ・バージン・オリーブオイルが30%も配合され、更に品質が高められています。新鮮なオリーブの香りと味はそのままに、まろやかなのにさっぱりとした口当たりが特徴です。炒め物はもちろんのこと、サラダのドレッシングなどの仕上げにも合います。

第9位:ピエトロ・コリチェッリ/ピュアオリーブオイル

現在の価格はコチラ

イタリアで5本の指に入るメーカーのピエトロ社のピュアオリーブオイルです。大手メーカーであっても、高品質へのこだわりは変わらず。一番スタンダードなこのピュアオイルから買ってみるのがオススメです。

エクストラ・バージン・オリーブオイルを30%ブレンドして作られたこちらのピュアオリーブオイル、癖がなくとってもクリーンな味わいになっています。かすかにアーモンドのような風味とコクが感じられます。

第10位:ベルトーリ/ピュアオリーブオイル

現在の価格はコチラ

現在、トップブランドのオリーブオイルとして世界40か国に輸出されているこちらのピュアオリーブオイル。世界No.1のシェアをもち、世界で最も多くの人に愛されているオリーブオイルです。

癖やオリーブ独特の風味が全くなく、オーソドックスでマイルドな味となっています。炒め物や揚げ物などに最適です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
おすすめオリーブオイル
おすすめ
オリーブオイル
オリーブオイルの種類
オリーブオイル
種類
おすすめエクストラバージンオリーブオイル
おすすめ
EVO
おすすめ小豆島オリーブオイル
小豆島
おすすめ
オリーブオイルの美味しい食べ方
オリーブオイル
美味しい食べ方