乳酸菌で腸内フローラ改善しませんか?ピントルのヨーグルト専門ページ

よく読まれるページはコチラ
ヨーグルトの種類と効果
ヨーグルト
種類と効果
ヨーグルトの効果別ランキング
おすすめ
ヨーグルト
飲むヨーグルトのおすすめランキング
おすすめ
飲むヨーグルト
手作りヨーグルトの作り方
ヨーグルト
作り方
乳酸菌の種類と効果
乳酸菌
種類と効果

おなかにおいしいヨーグルトの効果と特徴

おなかにおいしいヨーグルトの効果

協同乳業から発売されているメイトーの「おなかにおいしいヨーグルト」をご存知ですか?

このヨーグルトは、生きて腸にまで届く生存型ビフィズス菌「LKM512」を配合した消費者庁許可の特定保健用食品です。

100gあたり30億個のビフィズス菌LKM512を含むそうですが、普通のヨーグルトとはどう違うのか、ここでは詳しくご紹介致します。

スポンサーリンク

おなかにおいしいヨーグルトとは?

おなかにおいしいヨーグルトとは?

おなかにおいしいヨーグルトは、協同産業から発売されているブランド「メイトー」の1つで消費者庁許可・特定保健用食品(トクホ)に認定されています。

特定保健用食品とは、からだの生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品で、特定の保健の用途に資する旨を表示するものを指します。

おなかにおいしいヨーグルトは、腸内のビフィズス菌を増やして腸内環境を改善しおなかの調子を整える効果が科学的見地に基づいて明らかになっています。

おなかにおいしいヨーグルトのカロリーや栄養成分

そんなトクホに認定されたおなかにおいしいヨーグルトの、カロリーと栄養成分を見てみましょう。

100gあたり

  • エネルギー:89kcal
  • たんぱく質:4.1g
  • 脂質:2.4g
  • 炭水化物:12.7g
  • ナトリウム:60mg
  • カルシウム:116mg

>>ヨーグルトの栄養成分と効果について

協同乳業とは?

協同乳業株式会社は東京に本社を置く総合乳業メーカーです。

創業以来からの「自然を大切にする」「信頼と安心」「ていねいな商品づくり」 の精神を生かして、健康で豊かな食文化の創造を目指す企業です。

>>ブランド別ヨーグルトの特徴はコチラ

おなかにおいしいヨーグルトの乳酸菌と効果

おなかにおいしいヨーグルトの効果

科学的にその効果を実証されている「おなかにおいしいヨーグルト」ですが、ヨーグルト1個(100g)あたり30億個のビフィズス菌LKM512を含みます。すごい数ですね!

このビフィズス菌LKM512は生きたまま腸に届き、腸に留まって増え続けて体に良い成分を作り、健康を守る働きをするそうです。

>>ヨーグルトの種類と効果比較についてはコチラ

ここではそんなビフィズス菌LKM512の特徴と効果を詳しくご紹介致します。

ビフィズス菌「LKM512」の特徴

LKM512は1997年に発酵乳から発見されたビフィズス菌の一種です。

そもそも、ビフィズス菌とはなんでしょうか?ヨーグルトに含まれる乳酸菌の違いとはなんでしょうか?

ビフィズス菌も乳酸菌も乳酸を作る働きをしますが、ビフィズス菌は乳酸に加えて酢酸を作る特徴があります。また、乳酸菌は酸素があっても生きることができますが、ビフィズス菌は酸素のあるところでは生きられないという違いがあります。

どちらも科学的に効果が実証されていれば体に良いものと呼ぶことができます。

更に乳酸菌は胃酸で死んでしまうため腸までたどりつくことは期待できませんが、このおなかにおいしいヨーグルトに含まれるビフィズス菌は生きて腸まで辿り着くことができる特徴があります。ビフィズス菌の効果を発揮するには、この腸に辿り着くことができるという点が非常にポイントになります。

加えてLKM512は腸の中で細胞を元気にする働きをする「ポリアミン」を作ります。

このように善玉物質を作ることを詳しく研究されているのは、LKM512だけと言われています。

加齢や食生活、ストレスとともに腸内にあるビフィズス菌は減少していくため、積極的に摂りたい成分と言うことができます。しかし全てのヨーグルトには乳酸菌は含まれますが、ビフィズス菌健康価値を足すためにメーカーが加えているため必ずしも含まれているとは限りません。

その為、健康の為を思うとビフィズス菌入りのヨーグルトを選ぶ必要があります。

>>乳酸菌の種類と効果の違いについて

おなかにおいしいヨーグルトの効果

ビフィズス菌による腸内環境の改善から、便秘アトピーの改善、脳機能アンチエイジングなど、体の健康に様々な効果が期待できます。

便秘がちな健常成人30人が1日あたり100gのLKM512入りヨーグルトを2週間摂取するという実験をしたところ、なんと排便回数が増えるという結果が出ました。

他にもマウスを使ったの実験で、LKM512を摂取させたマウスは寿命が延びるという結果も出ました。人間の寿命にも効果が期待できるかもしれませんね。

>>効果で選ぶヨーグルトおすすめランキングはコチラ

スポンサーリンク

おなかにおいしいヨーグルトのラインナップ

小岩井プラズマ乳酸菌のラインナップ

現在発売されているおなかにおいしいヨーグルトは、固形ヨーグルトタイプ飲むヨーグルトタイプの二種類が発売されています。

他にもビフィズス菌は毎日摂取することが大切なので、そのまま飲める顆粒タイプも発売されています。これはどこでも飲むことができるのでお手軽なタイプになります。

固形ヨーグルトタイプ

生乳50%以上使っているので、なめらかでクリーミーな風味に仕上がっています。

甘さと酸味が控えめなので毎日続けやすい食べきりタイプです。お子様やボリュームが欲しい方は、ビフィズス菌を増やす働きをするオリゴ糖フルーツなどを足して、食べやすい甘さに調整しても良いですね。

おなかにおいしいヨーグルトは安定剤を使用していないので、賞味期限に関わらず購入後は早めに食べるようにしましょう。

おなかにおいしいヨーグルト プレーンタイプ

ダイエットを意識したい方には、砂糖が入っていないこのプレーンタイプをおすすめ致します。

プレーンタイプですがこちらも生乳を50%以上使用していて、酸味が少なく食感がクリーミーなので100g当たり61kcalとローカロリーですが食べ応えはあります。

そのまま食べることはもちろんですが、チーズケーキやカレーなどの料理に使用しても良いですね。

ドリンクタイプ

柔らかな甘みが特徴で、ヨーグルトの酸味が苦手な方でも美味しく飲んで頂けると思います。

ストロー付きでさっと飲めるので、時間がない時忙しい方におすすめ致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
ヨーグルトの種類と効果
ヨーグルト
種類と効果
ヨーグルトの効果別ランキング
おすすめ
ヨーグルト
飲むヨーグルトのおすすめランキング
おすすめ
飲むヨーグルト
手作りヨーグルトの作り方
ヨーグルト
作り方
乳酸菌の種類と効果
乳酸菌
種類と効果