乳酸菌で腸内フローラ改善しませんか?ピントルのヨーグルト専門ページ

よく読まれるページはコチラ
ヨーグルトの種類と効果
ヨーグルト
種類と効果
ヨーグルトの効果別ランキング
おすすめ
ヨーグルト
飲むヨーグルトのおすすめランキング
おすすめ
飲むヨーグルト
手作りヨーグルトの作り方
ヨーグルト
作り方
乳酸菌の種類と効果
乳酸菌
種類と効果

ヨーグルトを効果的に食べる時間やタイミング

効果的なヨーグルトを食べるタイミング

皆さんの生活では、ヨーグルトは朝食に食べたり、食後のデザートというイメージがあると思いますが、実はそれは正しいヨーグルトの食べ方ではないのです。

ヨーグルトを食べるタイミングによって、ダイエットや便秘に一番効果的に食べるベストなタイミングがあるのです。

ヨーグルトのより効果的な食べ方を紹介していきます。

スポンサーリンク

いつヨーグルトを食べるのが効果的?

いつヨーグルトを食べるのが効果的?

皆さんヨーグルトを食べるとき、それぞれ何かしらの目的があって食べると思います。例えば、それが便秘改善を目的にしていたり、ダイエットを目的にしていたりと何かしらの理由があると思います。

基本的に、ヨーグルトはいつ食べても菌は腸に届くため、それほどタイミングについて神経質になる必要はありません。しかし「効果を最大化」したいのであれば、ヨーグルトは食べる時間やタイミングによって、もっと効果を期待できるベストな食べ方があります。

特に目的はないけど、効果的にヨーグルトを食べたいという人は以下の3つに注意しましょう。

  1. 乳酸菌は胃酸に弱いので食後が良い
  2. 腸が活発に動くのは夜なので寝る前に食べる
  3. 乳酸菌を定着させるために10日程度は食べ続ける

そんな、ヨーグルトを食べるためのベストなタイミングについて、その理由を含めつつ詳しく紹介していきます。

ヨーグルトは新鮮なうちに食べましょう!

ヨーグルトを摂取するタイミングの前に、簡単な注意点ですが、ヨーグルトは新鮮なうちに食べるのがより効果を高めるポイントとされています。

発酵食品だからと、長い間冷蔵庫に閉まっておくのは厳禁です。なぜなら、乳酸菌の中には時間が経てば経つほど、数が減っていってしまうのもあります。

ですので、発酵食品だからといって冷蔵庫にいつまでも置いておかないで、なるべく新鮮なうちに食べてしまいましょう。

ヨーグルトを食べるタイミングは食前?食後?

ヨーグルトを食べるタイミングは食前?食後?

生きたまま乳酸菌を腸に届けるのは、実は難しいのは皆さんご存知でしょうか?なぜなら乳酸菌は胃酸に弱く、そのほとんどが胃に入ったときに胃酸によって死んでしまうのです。

乳酸菌は死んでしまったとしても効果が無いわけではありませんが、腸内に乳酸菌が定着しにくく、また効果も生きた乳酸菌よりは薄くなってしまいます。

ですので、体に良いからと朝にヨーグルトだけ食べても、肝心の乳酸菌が死んでしまっている可能性もあるので、余り効率が良いとはいえません。

空腹のときに、ヨーグルトを食べるよりは、食後の胃酸が薄まっているときにヨーグルトを食べるのが効率的といえます。ですので、基本はヨーグルトは食後と覚えておきましょう。

便秘解消なら食後がおすすめ!

便秘解消ならば、食後に食べるのをオススメします。なぜなら、便秘を治すためには腸内環境を改善しなくてはいけません。そのためには乳酸菌の力が必要不可欠です。

その乳酸菌が、胃酸で数が減ってしまわないように、ヨーグルトは食後に食べるようにしましょう。

その時のトッピングに、食物繊維が豊富で色々な栄養素が詰まっている「キウイ」も一緒に食べると更に効果的です。

>>便秘解消にはヨーグルト!正しい食べ方

ダイエットなら食前がおすすめ!

ダイエットの場合は食前がオススメです。食事を食べる前にヨーグルトを摂取することにより、お腹が満たされ、必然的にその後の食事量が減りダイエット効果になります。

ヨーグルトの中には、ナチュレ恵など「ガセリ菌SP株」と呼ばれる、内臓脂肪を減らす効果が臨床試験によって確認されているヨーグルトもありますので、上手に選んで摂取するのがおすすめです。

>>太る?ヨーグルトのカロリーとダイエット

骨を丈夫にするなら食前がおすすめ!

骨や歯を丈夫にしたいなら食前に食べるのがオススメです。

乳酸にはカルシウムの吸収を促す効果があります。ヨーグルトの乳酸と、カルシウムが結びつき乳酸カルシウムに変化していきます。乳酸カルシウムの特徴として、水に溶けやすいのがあります。

水に溶けやすいということは、体内に吸収しやすくなるので、カルシウムの摂取効率が高いといえます。

>>吸収されやすい!ヨーグルトの栄養成分

スポンサーリンク

朝?昼?夜?ヨーグルトを食べるベストなタイミング

朝?昼?夜?ヨーグルトを食べるベストなタイミング

食前がいいのか?食後がいいのか?については上に書いた通りですが、朝・昼・夜の中で、どれが一番良いかについても解説したいと思います。

結論から言うと基本は「夜」です。なぜなら、腸には最も活発的に活動する「腸のゴールデンタイム」というのがあるのです。

その時間が夜22時から深夜2時までですので、夜に食べる方が効果を期待することができるのでオススメです。ヨーグルトを食べる理想のタイミングは、就寝する2、3時間前の食前か食後です。

ダイエット目的なら朝にもおすすめ!

他にも、朝ヨーグルトだけでも食べることにより、食生活のリズムが崩れてしまうのを防ぐ目的があったりもします。

本来ならば、栄養バランスを考えながらしっかりと朝食を食べるのが、健康にもダイエットにも良いのですが、何かと多忙で食べるのも難しいことも多いと思います。

それを防ぐのに、栄養価が高いヨーグルトを食べるのが良いといわれています。

夜のヨーグルトを効果的に食べるコツ

夜のヨーグルトを効果的に食べるコツ

腸のゴールデンタイムに合わせて食べるのが最も効果的ですが、ただ単に食べればいいというわけではないのが、お分かり頂けたかと思います。

目的に合わせて、ダイエットだろうと便秘解消だろうと、食前に食べるか食後に食べるかをしっかりと考え、効果的に食べていかなくては意味がありません。

それと同様に、夜にヨーグルトを食べるなら、タイミングだけじゃなくて覚えておくとより効果的にヨーグルトを摂取できるコツがありますので、解説していきます。

夜にベストなヨーグルトの量は200グラム

ヨーグルトも他の食材と一緒で、多く食べれば食べるほど体に良いというものではありません。逆にヨーグルトを多く食べることにより、体内のバランスが崩れてしまうかもしれません。

ですので大量に食べるのではなく、量をしっかりと決めて適切な量を食べましょう。ベストなヨーグルトの量としては、体にそこまで負担を掛けない200グラム程度が良いとされています。

夜ヨーグルトは温めて食べるのがおすすめ

ヨーグルトを食べるときの最も重要なポイントは、「ヨーグルトを温めて食べる」ことです。ヨーグルトは冷たいものだというイメージを持ってるかと思いますが、これは日本人の間違ったイメージです。

もともとヨーグルトはデザートとしてではなく、食事として食べられてきた歴史があります。

それだけではなく、ヨーグルトは温めることにより乳酸菌などの吸収が促進されますし、温かいヨーグルトを食べることにより腸が冷めないので、乳酸菌の活動が悪くならないからだそうです。乳酸菌の吸収が促進され、活発になるということは腸内環境も自然と整われてきます。

つまり、普段のヨーグルトをホットヨーグルトにするだけで、ダイエットの効果があるだけではなく、便秘改善の効果も期待できます。

そして便秘が改善されるということは、肌荒れも落ち着いてくるので、肌荒れ対策に効果を期待することもできるのです。ここで注意することが一つだけあります。それは乳酸菌を温める温度です。

ヨーグルトの温めすぎには要注意

ヨーグルトの温めすぎには要注意

ホットヨーグルトをオススメしていますが、気をつけなければいけない注意点を書いておきたいと思います。

まず、乳酸菌は温めすぎると死んでしまいます。ではヨーグルトの温度は何度が良いのか?乳酸菌にとって一番活動しやすい温度は40度前後です。

この40度前後が、乳酸菌が一番増殖しやすく、発酵しやすい温度になっているそうです。電子レンジならば1分ほど温めれば大丈夫です。ここで気をつけなければいけないのが、60度以上に温度が上がると乳酸菌は死んでしまいます。

温かければ温かいほど良いということはなく、60度なら30分、100度以上なら数秒で死んでしまうので、ホットヨーグルトを作る場合はこの温度にも注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
ヨーグルトの種類と効果
ヨーグルト
種類と効果
ヨーグルトの効果別ランキング
おすすめ
ヨーグルト
飲むヨーグルトのおすすめランキング
おすすめ
飲むヨーグルト
手作りヨーグルトの作り方
ヨーグルト
作り方
乳酸菌の種類と効果
乳酸菌
種類と効果