乳酸菌で腸内フローラ改善しませんか?ピントルのヨーグルト専門ページ

よく読まれるページはコチラ
ヨーグルトの種類と効果
ヨーグルト
種類と効果
ヨーグルトの効果別ランキング
おすすめ
ヨーグルト
飲むヨーグルトのおすすめランキング
おすすめ
飲むヨーグルト
手作りヨーグルトの作り方
ヨーグルト
作り方
乳酸菌の種類と効果
乳酸菌
種類と効果

超簡単!飲むヨーグルトの作り方

飲むヨーグルトの作り方

固形のヨーグルトよりも気軽に摂取できる飲むヨーグルト。味も美味しいけれど、お値段が割高な上にカロリーも高く沢山飲むとなると気が引けますよね。

そんな飲むヨーグルトですが、実はご家庭にあるものでとても簡単に手作りすることができます。手作りするとカロリー調整もでき、様々なアレンジもできるのでおすすめです。

ここでは飲むヨーグルトの作り方アレンジレシピをご紹介致しますので、飲むヨーグルトをもっと気軽に生活に取り入れてみましょう。

スポンサーリンク

 実はとっても簡単!飲むヨーグルトの作り方

実はとっても簡単!飲むヨーグルトの作り方

ご家庭にあるものを混ぜるだけで、飲むヨーグルトは簡単に作れます。手作りすると砂糖の量や飲む際の口当たりもお好みに調整できるので、より理想の飲むヨーグルトを目指すこともできます。

手作り飲むヨーグルトの作り方を知って、ご自分に一番あった飲むヨーグルトを見つけてみませんか。

>>飲むヨーグルトについて詳しくはコチラ

飲むヨーグルトを作る材料

  • プレーンヨーグルト(お好きな分量)
  • 砂糖(お好きな分量)
  • ミキサーもしくは泡立て器
  • 牛乳(お好みの量)

飲むヨーグルトの作り方

  1. プレーンヨーグルトと砂糖をミキサーに入れ、攪拌させます。泡立て器をご使用の方はお好みのとろみが出るまでよく混ぜてください
  2. ヨーグルトと砂糖がよく混ざりお好みのとろみが出たら、お好みの量の牛乳で割って下さい
手作り飲むヨーグルトの注意点

飲むヨーグルトは市販のヨーグルトを牛乳で割ったものになりますので、作り方はこの工程だけなのでとっても簡単です。お好みの甘さに調整できますし、レモン汁を加えると飲みやすくなるなど様々なアレンジができるのでおすすめです。

そこで注意して欲しい点は、混ぜるものによってはカロリーが高くなってしまうことです。

飲むヨーグルトは普通のヨーグルトに比べると飲みやすい味になるので、ついつい沢山飲んでしまいがちです。折角手作りするのであれば、カロリー栄養面に関しても気をつけたいところですよね。

飲むヨーグルトのおすすめ手作りレシピ

おすすめの手作り飲むヨーグルトレシピ

手作りするのであれば、どうせなら美味しくてヘルシーな飲むヨーグルトを作りたいところ。

ここでは健康を意識した飲むヨーグルトのレシピをご紹介致します。

黒ゴマとはちみつの飲むヨーグルトの作り方

【材料(1人分)】

  • プレーンヨーグルト 大さじ4杯
  • 黒ごま 大さじ1杯
  • はちみつ お好みの量
  • 牛乳 200ml

上記の材料をミキサーに入れ、混ぜます。ミキサーがない場合はハンドブレンダー泡立て器でお好みのとろみが出るまで混ぜて下さい。

黒ごまには良質な栄養分が沢山含まれ、なかでもカルシウム鉄分は非常に多く含まれます。(カルシウムは牛乳の約11倍とも言われています。)

一方、はちみつはビタミンが豊富に含まれる他、砂糖が100gあたり384kcalに対して、はちみつは294kcalとカロリーが低い上に血糖値を上げにくい効果があると言われています。

ここで使うはちみつは、殺菌作用が高いマヌカハニーをおすすめ致します。マヌカハニーの独特な味が、ヨーグルトや黒ごまでマイルドになりますので飲みやすくなります。

風邪をひきやすい冬の時期や、女性お子様に特におすすめしたいレシピです。

豆乳の飲むヨーグルトの作り方

【材料(1人分)】

  • プレーンヨーグルト 大さじ4杯
  • 無調整豆乳 200ml
  • 砂糖はちみつ お好みの量

牛乳は100gあたり66.9kcalに対し、豆乳は100gあたり45.9kcalとカロリーが低めになります。また、豆乳に含まれる大豆イソフラボンが女性の体に良い効果があると言われているので、女性には特に飲んで欲しい飲むヨーグルトのレシピです。

豆乳にはお肌が綺麗になるなどの美容効果はもちろんのこと、女性ホルモンであるエストロゲンと同じ働きをすると言われ生理痛にも効果的です。

そして可能であれば、豆乳の中でも栄養素を多く含む無調整豆乳を選ぶようにしましょう。無調整豆乳が苦手な方でも、ヨーグルトの酸味とお砂糖の甘さでそこまで豆の臭みを感じずに飲むことができると思います。

ホエー入り飲むヨーグルトの作り方

【材料(1人分)】

  • ホエー 大さじ4杯
  • 牛乳 200ml
  • 砂糖はちみつ お好みの量
  • レモン汁 適量

ヨーグルトの上にうっすらとたまっている上澄みの液体をご存知ですか?これをホエー(乳清)といいます。水切りヨーグルトを作った際に、ヨーグルトと別に出てくる液状のものですね。

このホエーは実はとても栄養価が高く、高タンパク低脂質プロテインダイエット製品にもよく使用されています。牛乳の優れた栄養成分だけを残したホエーは体への吸収率が抜群によく効果即効性を両方兼ね揃えた優秀な食材

ついつい捨てがちになるホエーを使った低カロリー健康的な飲むヨーグルトはダイエットしたい方におすすめです。お好みであればもっとホエーの量を増やして頂いても良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
ヨーグルトの種類と効果
ヨーグルト
種類と効果
ヨーグルトの効果別ランキング
おすすめ
ヨーグルト
飲むヨーグルトのおすすめランキング
おすすめ
飲むヨーグルト
手作りヨーグルトの作り方
ヨーグルト
作り方
乳酸菌の種類と効果
乳酸菌
種類と効果