乳酸菌で腸内フローラ改善しませんか?ピントルのヨーグルト専門ページ

よく読まれるページはコチラ
ヨーグルトの種類と効果
ヨーグルト
種類と効果
ヨーグルトの効果別ランキング
おすすめ
ヨーグルト
飲むヨーグルトのおすすめランキング
おすすめ
飲むヨーグルト
手作りヨーグルトの作り方
ヨーグルト
作り方
乳酸菌の種類と効果
乳酸菌
種類と効果

効果別!ヨーグルトのおすすめランキング

ヨーグルトの効果別ランキング

ヨーグルトを摂取すると、体にいい効果が期待できます。中でも「ダイエット」「病気予防・免疫力向上」「美容効果」、この3つの効果はヨーグルトの3大効果といっていいでしょう。

そこで、この3大効果のおすすめヨーグルト、トップ3ランキングを発表していきます。それぞれのトップ3にはどのヨーグルト製品が輝き、乳酸菌の種類や効果はどうなっているのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ダイエットにおすすめのヨーグルトランキング

ダイエットにおすすめのヨーグルトランキング

ダイエットには欠かすことができないヨーグルト。トップ3の製品を参考にすることによって、ダイエットも効率的に行うことができるかもしれません。

>>ヨーグルトのカロリーについてはコチラ

第1位:メグミルク / 恵 ガセリ菌SP株ヨーグルト

現在の価格はコチラ

日本人が馴染みやすいガセリ菌SP株が含まれたヨーグルトです。脂肪0、砂糖不使用でもおいしさにこだわって作られています。

ガセリ菌は生命力が強く、人間の体内に最大90日と長い間、腸内にとどまることができるといわれています。内臓脂肪やコレステロール値の減少効果が期待でき、ダイエットにとっては強い味方になってくれることでしょう。

ダイエット効果が期待できるのはもちろんですが、商品のバリエーションも豊富で、年齢層を選ばないということもあり、ダイエット部門文句なしの第1位です。

>>恵(megumi)について詳しくはコチラ

第2位:森永 / ビヒダスBB536プレーンヨーグルト 脂肪0

現在の価格はコチラ

生きて腸まで届くビフィズス菌536が含まれているヨーグルトです。酸味を抑えることによって、ヨーグルトが苦手な人でも食べやすい製品です。

ビフィズス菌BB536は、酸や酸素に強いのはもちろんのこと生産数の高さも特徴です。腸内を良好に保ち排便をスムーズにしてくれるので、便秘やポッコリおなかで悩んでいる人にはおすすめです。

トクホ(特定保健用食品)としても認められており、ダイエットをするにはピッタリの製品です。脂肪0で100g当たりのカロリーが46kcalと少ないことから、ダイエット部門製品ランキング第2位です。

>>ビヒダスヨーグルトBB536について詳しくはコチラ

第3位:ダノンビオ / プレーン・加糖 脂肪0

現在の価格はコチラ

ダノンが独自に開発した高生存ビフィズス菌BE80が含まれているヨーグルトです。加糖であってもカロリーが低めに設定された製品です。

ビフィズス菌BE80は、生きて腸にたどり着くだけではなく、他のヨーグルトと比較すると出荷後、賞味期限になっても菌が殆ど減少することなく生き残ることが証明されています。便秘の解消効果が期待できるほか、食後の膨満感の軽減にもなり、ダイエット食品としても有効です。

加糖で無糖が苦手な人にも食べやすく、脂肪0でカロリーおさえめ、ダイエットにも効果大ということから第3位にランクインです。

>>ダノンビオについて詳しくはコチラ

免疫力向上におすすめのヨーグルトランキング

免疫力向上におすすめのヨーグルトランキング

人間にとって病気は大敵です。病気をしないためにも免疫力向上は必須条件です。近年ではヨーグルトが免疫力の向上効果があると話題になっています。ここでは、免疫力向上に効果があるヨーグルト製品トップ3を紹介します。

>>ヨーグルトの健康効果についてはコチラ

第1位:明治 / プロビオヨーグルトR-1 砂糖0

現在の価格はコチラ

ブルガリア菌のひとつである乳酸菌1073R-1が含まれるヨーグルトです。砂糖不使用で健康的な生活を送るにはピッタリの製品です。

大きな特徴はナチュラルキラー細胞の活性化です。ナチュラルキラー細胞は体内の免疫力を高めるという大きな役割を担っています。活性化によって免疫力を高め、悪い細胞を体内から追い出してくれる効果が期待できます。

誰もが期待する免疫力向上に特化しており、風邪やインフルエンザの予防効果が期待できます。さらに、ガン細胞を攻撃してくれる数少ない乳酸菌ということから、堂々の第1位です。

>>R-1について詳しくはコチラ

第2位:小岩井 / プラズマ乳酸菌ヨーグルト KW乳酸菌プラス

現在の価格はコチラ

プラズマ乳酸菌とKW乳酸菌がダブルで入ったヨーグルトです。脂肪分も少なく脂肪が気になる人にも嬉しい製品です。

プラズマ乳酸菌は、人体を守るために働く、免疫細胞の司令塔を活性化させてくれる役割を担っています。そのため、ウイルスが侵入しても迅速に対応ができ、感染してしまう前に体を守ってくれる効果が期待できます。特に、インフルエンザの予防に効果があると注目されています。

プラズマ乳酸菌だけではなく、キリングループが開発したKW乳酸菌も含まれており、その効果は絶大です。免疫力向上だけではなく、乳酸菌が生きたまま腸まで届いてくれるダブル効果の恩恵もあり第2位です。

>>プラズマ乳酸菌ヨーグルトについて詳しくはコチラ

第3位:チチヤス / 毎朝快調ヨーグルト

現在の価格はコチラ

プロバイオティクス効果が期待できる、Lカゼイ431菌と食物繊維が含まれるヨーグルトです。Lカゼイ431菌は、生きたまま腸まで届くのはもちろんですが、菌が死滅してもその後、体内でいい効果をもたらしてくれる乳酸菌でもあります。

免疫応答を強化し、風邪やインフルエンザ症状の継続時間を短縮させてくれる効果が期待できます。毎朝快調ヨーグルトには6種類の乳酸菌が含まれており、体に様々な効果をもたらしてくれることを期待して第3位にランクインです。

>>チチヤスヨーグルトについて詳しくはコチラ

スポンサーリンク

美容効果におすすめのヨーグルトランキング

美容効果におすすめのヨーグルトランキング

女性だけではなく、男性であっても美容には関心があります。ヨーグルトは美容にいいといわれていますが、どの製品を選んだらいいのか分かりません。そこで、美容効果におすすめのヨーグルトをトップ3で発表していきます。

第1位:明治 / ブルガリアヨーグルトLB81プレーン

現在の価格はコチラ

ヨーグルトの代表格で、知らない人がいないほどの知名度を誇る製品です。本場ブルガリアのLB81乳酸菌と良質な乳原料だけで作られており、健康に配慮されたヨーグルトです。

LB81乳酸菌は、老化を防いでくれる腸内のアンチエイジング効果が期待できます。優れた整腸作用を持ち、肌荒れの大敵である便秘を改善してくれるともいわれています。腸内環境が整えば肌の弾力を取り戻してくれる効果も期待でき、美容にはなくてはならない乳酸菌です。

老化の防止や肌機能の回復効果を持ちさらに、トクホ(特定保健用食品)に認められ信頼のおける製品ということから、美容部門1位は揺らぎません。

>>明治ブルガリアヨーグルトLB81について詳しくはコチラ

第2位:カゴメ / 植物性乳酸菌ラブレプレーン

現在の価格はコチラ

京都の伝統的な漬物から発見されたラブレ菌が含まれるヨーグルトです。砂糖不使用でもすっきりとした味わいで、摂取しやすい製品です。

含まれるラブレ菌は、腸の中でも生命力が強い乳酸菌です。腸まで届いてくれるので結果的に腸内環境を良好に保ってくれます。腸内が良好になれば、便秘の改善につながり、便秘の改善と共に肌の調子も高まっていくということになります。

美容効果もあり、砂糖不使用でコレステロールも0というトリプルで魅力的な製品ではありますが、惜しくも第2位でした。

第3位:メグミルク / 恵megumi ビフィズス菌SP株 カプセルヨーグルト

現在の価格はコチラ

ビフィズス菌SP株が含まれるカプセルヨーグルトです。3層のカプセルが、生きたまま腸まで運ぶ手助けをしてくれる製品です。

ビフィズス菌SP株は、大腸にとどまりやすい乳酸菌であり、特に大腸内の環境改善効果が見込めます。大腸にとどまり大腸の環境を整えてくれることにより、便秘解消に役立ってくれます。便秘解消により、ニキビや肌荒れといった肌のトラブルを回避してくれる効果も期待でき、美容効果にうってつけの製品です。

3層ものカプセルによって守られたビフィズス菌SP株を、効率よく大腸まで運び効果を発揮してくれることを期待して、第3位にランクインです。

>>恵(megumi)について詳しくはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
ヨーグルトの種類と効果
ヨーグルト
種類と効果
ヨーグルトの効果別ランキング
おすすめ
ヨーグルト
飲むヨーグルトのおすすめランキング
おすすめ
飲むヨーグルト
手作りヨーグルトの作り方
ヨーグルト
作り方
乳酸菌の種類と効果
乳酸菌
種類と効果