茶葉の種類から美味しい入れ方まで
ピントルの紅茶専門ページ

>> 今注目!人気紅茶ブランド別の特徴 <<
ハロッズ(Harrods)
ハロッズ
紅茶の特徴
マリアージュフレール(mariage freres)
マリアージュフレール
紅茶の特徴
フォション(Fauchon)
フォション
紅茶の特徴
ウェッジウッド(WedgWood)
ウェッジウッド
紅茶の特徴
クリッパー(Clipper)
クリッパー
紅茶の特徴

おすすめ!最近人気の紅茶ブランデー上手な作り方

紅茶ブランデー上手な作り方

ティースプーンに角砂糖を置ブランデーを染みこませて火を点け、アルコールを飛ばして香りを紅茶に付ける、ブランデー紅茶ティー・ロワイヤル」。

その派手な演出と豊かな香りでムーディな夜を演出できるおしゃれな紅茶の楽しみ方です。美味しい「ティー・ロワイヤル」の作り方をご紹介します。

スポンサーリンク

美味しい紅茶ブランデーの作り方

ブランデーを染みこませた角砂糖に火をつけてアルコール分を飛ばし、紅茶に混ぜて飲むブランデー紅茶を「ティーロワイヤル」と言います。

ブランデーの豊かな香りが楽しめる紅茶の飲み方であり、部屋を暗くして飲むと、演出効果も高い飲み方です。コーヒーで飲む場合は「カフェ・ロワイヤル」といい、ナポレオンが好んで飲んでいたと言われています。

まずは紅茶とブランデーの量が肝心

美味しいブランデー紅茶「ティーロワイヤル」の作り方についてですが、まずブランデーの分量が大事です。火をつけてアルコール分を飛ばすのでアルコールの心配は不要ですが、ブランデー量が多いと紅茶の味が損なわれ、美味しくなくなります。

ティーカップ1杯の紅茶に対して、ティースプーン1杯のブランデーが適量です。あとは好みでブランデー料を微調節してみてください

美味しい紅茶ブランデーは火がポイント

次に、ブランデー紅茶「ティーロワイヤル」のポイントは、「火」をつけてアルコール分を飛ばすことです。ブランデー紅茶「ティーロワイヤル」にブランデーを入れる目的は「香り付け」です。

ブランデーの芳醇な香りを楽しむものですので、火をつけてアルコール分を飛ばさなければ強いアルコールが残りますので、紅茶本来の味わいは感じられなくなります。

もちろん、アルコールを飛ばさない方が好きな人もいるとは思いますが、基本的には火をつけてブランデーの豊かな香りと紅茶を楽しむのが最も美味しい飲み方です。

紅茶に合うブランデーの種類

最後に、ブランデー紅茶「ティーロワイヤル」に最もよく合うブランデーについてですが、基本的にはどのようなブランデーでも美味しく頂けます。しかし、より香りにこだわりたいという人であれば、ブランデー紅茶には「コニャック」をオススメします。

コニャックはフランスのコニャック地方で作られるブランデーであり、世界的に有名なブランデー「レミーマルタン」や「ヘネシー」などがコニャックです。

コニャックと名乗れるブランデーは厳しい規定があり、長時間の樽熟成によって香り高くまろやかである点が特徴的です。ブランデー紅茶「ティーロワイヤル」に最もよく合う贅沢なブランデーです。

>>コニャックのおすすめ銘柄ランキングはコチラ

そもそも紅茶ブランデーとは?

紅茶ブランデーの味わいと魅力

ブランデー紅茶「ティーロワイヤル」の魅力は、なんといってもブランデーの豊かな香りです。小さじ一杯程度のブランデーでも芳醇な香りが紅茶の香りと交じり合い、何とも言えない美味しさになります。アルコールを飛ばしているとは言え、普通に紅茶を飲むよりも体も温まります。

人気の発端は「銀河英雄伝説」のヤン・ウェンリー!?

人気アニメ「銀河英雄伝説」のキャラクター「ヤン・ウェンリー」がアニメ中で愛飲していたブランデーの紅茶割り。これがブランデー紅茶「ティーロワイヤル」の日本での知名度を上げたと言われています。

ヤン・ウェンリー」が飲んでいたのは、ブランデー紅茶「ティーロワイヤル」というよりもブランデーの紅茶割りですが真似をした人も多いのではないでしょうか。

アルコールを飛ばして風味付けでブランデーを入れるブランデー紅茶「ティーロワイヤル」とは異なり、「ヤン・ウェンリー」が飲んでいたのは紅茶の香りは申し訳程度に入ったブランデーです。

ユリアンに怒られるシチュエーションを妄想しながら、ちびちび飲んでみては如何でしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今注目!人気紅茶ブランド別の特徴 <<
ハロッズ(Harrods)
ハロッズ
紅茶の特徴
マリアージュフレール(mariage freres)
マリアージュフレール
紅茶の特徴
フォション(Fauchon)
フォション
紅茶の特徴
ウェッジウッド(WedgWood)
ウェッジウッド
紅茶の特徴
クリッパー(Clipper)
クリッパー
紅茶の特徴