茶葉の種類から美味しい入れ方まで
ピントルの紅茶専門ページ

>> 今注目!人気紅茶ブランド別の特徴 <<
ハロッズ(Harrods)
ハロッズ
紅茶の特徴
マリアージュフレール(mariage freres)
マリアージュフレール
紅茶の特徴
フォション(Fauchon)
フォション
紅茶の特徴
ウェッジウッド(WedgWood)
ウェッジウッド
紅茶の特徴
クリッパー(Clipper)
クリッパー
紅茶の特徴

妊婦必見!ノンカフェインのデカフェ紅茶おすすめランキング

ノンカフェイン紅茶おすすめランキング

カフェインが含まれている量が非常に少ないノンカフェイン・デカフェ紅茶。カフェインの摂取が心配な妊婦でも安心して飲める紅茶ですが、どの程度飲んでも平気なのか、おすすめのデカフェ紅茶はなにか気になっている人もいると思います。

ここではそんなノンカフェインのデカフェ紅茶おすすめランキングを紹介しているのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

妊婦と紅茶のカフェインについて

妊婦と紅茶のカフェインについて

妊婦がカフェインを過剰摂取すると以下のリスクが高まる可能性があります。

  • 早産・流産・低体重児が生まれる。
  • 尿によるカルシウムの排出量が増える。
  • 鉄分の吸収の妨げになる。

以上の調査報告がある為、妊娠中にカフェインを摂取すること自体に心配する妊婦さんが多いようです。

しかしながらこれはあくまで過剰摂取した場合であり、カフェインを摂ること自体にリスクがあるわけではありません。摂取する量を調節すれば問題ないとされているのが一般的であり、鉄分の吸収を妨げることに関しては、食事前後1時間に摂らなければ問題ないとされています。

では1日どの程度飲んで良いのか気になりますよね。妊婦が1日に摂取しても問題がない量はコーヒー3杯とされています。目安としてはインスタントコーヒー1杯に含まれているカフェインの量は65mgであり、紅茶の場合は1杯で30mgとなっています。

つまり妊婦が1日に摂取できるのは紅茶6杯分が目安となります。もちろん個人差がありますしすべての人に当てはまるわけではないですが、紅茶6杯も飲む人はそこまでいないのではないでしょうか。

心配な人は紅茶は1日4杯前後くらいを目安にして飲むようにすれば問題ないでしょう。しかしノンカフェイン紅茶であれば、ほぼカフェイン含有量が無いと言えるため、紅茶好きな妊婦さんの救世主となるのです。

>>妊娠中の紅茶が赤ちゃんに与える影響について詳しくはコチラ

デカフェってなに?

デカフェとは本来カフェインが含まれているものからカフェインを取り除いたものを指します。カフェインレスと同じように扱われている場合もありますが厳密には違うもので、カフェインレスはカフェインが微量のものを指します。

カフェインが抜いてあるデカフェですが、カフェインを取り除く方法にはいくつか手法があり、現在では最も優れた手法として二酸化炭素を使用してカフェインを抜く方法が主流となっています。

二酸化炭素を使用してカフェインを抜いてあるものには「超臨界二酸化炭素抽出」と記載されていることが多いので、安全性を重要視したい人は二酸化炭素を使用する方法の紅茶を選ぶようにしましょう。

デカフェやカフェインレスの紅茶を選べば、普通の紅茶に比べてカフェインの摂取量が減るので、妊婦だけでなくカフェインが苦手な人におすすめできる商品といえるでしょう。

>>カフェインが身体に与える影響についてはコチラ

ノンカフェイン(デカフェ)紅茶のおすすめランキング:TOP5

第1位:トワイニング ノンカフェイン ティーバッグ

現在の価格はコチラ

イギリス王室御用達の紅茶ブランドとして世界中から人気のあるトワイニングのノンカフェイン ティーバッグ。熟練のブレンダーによってブレンドされた紅茶の香りはまさに一級品といえるでしょう。

トワイニングの紅茶の味わいや香りをカフェインレスで楽しめる紅茶として妊婦の人でも安心して飲むことができますし、クランベリー&オレンジやクランベリー&ラズベリー、チェリー&シナモンなど様々なフレーバーの紅茶を楽しむことができます。

>>トワイニング(TWININGS)の紅茶について

第2位:アーマッド デカフェアールグレイ

現在の価格はコチラ

96%以上のカフェインを除去した茶葉を使用した紅茶がアーマッド デカフェアールグレイです。ノンカフェインながらもアールグレイの華やかな香りをしっかり楽しめる紅茶として人気が高い商品です。

安全性の高い二酸化炭素を使用したカフェイン除去方法を用いているので安心して飲むことができますし、寝る前に飲んでも睡眠の妨げになることもありません。リーズナブルな価格で購入することができる紅茶なのでぜひチェックしてみてください。

第3位:ニュアージュ ノンカフェイン・アールグレイ

現在の価格はコチラ

二酸化炭素を使用したカフェイン除去方法を用いたデカフェ紅茶がニュアージュ ノンカフェイン・アールグレイです。一般の紅茶よりも香りや味の成分が弱いですがアールグレイの香りをしっかりと楽しむことができます。

渋みが苦手な人でも飲みやすく、妊婦や授乳中の人でも安心して飲むことができます。ストレートでもミルクティーでも美味しく飲むことができますし、ティーバッグタイプもあるので好みに合わせて選んでみてください。パッケージもシンプルでおしゃれなのでプレゼントにもおすすめです。

第4位:クリッパー アッサムブレンド カフェインレス

現在の価格はコチラ

天然の水と二酸化炭素を使用してカフェインを除去した紅茶がクリッパー アッサムブレンド カフェインレスです。カフェインの残留率が0.25%未満なので妊婦やカフェインが苦手な人も安心して飲むことができる紅茶です。

明るい水色と豊かな香りを楽しむことができる有機アッサム茶葉を使用しており、ストレートでもミルクティーでも美味しく飲むことができます。価格もリーズナブルなので紅茶を飲む頻度が高い人にも優しい商品となっています。

>>クリッパー(Clipper)の紅茶について

第5位:日東紅茶 カフェインレスミルクティー

現在の価格はコチラ

カフェインの残存量が0.001g未満、妊婦でも安心して飲めるのが日東紅茶 カフェインレスミルクティーです。ミルクがたっぷりの柔らかい味わいになっているので就寝前や子供も美味しく飲むことができるミルクティーです。

個別包装になっているので1杯を手軽に飲むことができますし、ホットでもアイスでも楽しむことができる紅茶になっているので気分や季節で飲み方を変えることができる紅茶として人気の商品です。

>>日東紅茶について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今注目!人気紅茶ブランド別の特徴 <<
ハロッズ(Harrods)
ハロッズ
紅茶の特徴
マリアージュフレール(mariage freres)
マリアージュフレール
紅茶の特徴
フォション(Fauchon)
フォション
紅茶の特徴
ウェッジウッド(WedgWood)
ウェッジウッド
紅茶の特徴
クリッパー(Clipper)
クリッパー
紅茶の特徴