茶葉の種類から美味しい入れ方まで
ピントルの紅茶専門ページ

>> 今注目!人気紅茶ブランド別の特徴 <<
ハロッズ(Harrods)
ハロッズ
紅茶の特徴
マリアージュフレール(mariage freres)
マリアージュフレール
紅茶の特徴
フォション(Fauchon)
フォション
紅茶の特徴
ウェッジウッド(WedgWood)
ウェッジウッド
紅茶の特徴
クリッパー(Clipper)
クリッパー
紅茶の特徴

紅茶の人気茶葉【プリンス・オブ・ウェールズ】の魅力と特徴

プリンス・オブ・ウェールズ

日本はもちろん世界中で人気があるブレンド紅茶であるプリンス・オブ・ウェールズ。中でもトワイニング社の知名度が抜群であり、プリンス・オブ・ウェールズ=トワイニングと思っている人も多いのではないでしょうか。

ここではそんな紅茶の人気茶葉【プリンス・オブ・ウェールズ】の魅力と特徴を紹介していきます。

スポンサーリンク

プリンス・オブ・ウェールズとは?

プリンス・オブ・ウェールズとは?

プリンス・オブ・ウェールズとはブレンド紅茶の一種であり、キーマンやアッサムをベースにブレンドされており、クロスグリ(カシス)がアクセントとして加えられています。

>>キーマンって何?

>>アッサムって何?

スコーンとの相性が抜群な紅茶として知られており、その味と香りから「紅茶のコニャック」を称されるほど優れたブレンド紅茶として認知されています。世界的に知名度・人気が高いイギリスのトワイニングのプリンス・オブ・ウェールズが最も有名であり、蘭の花を彷彿とさせる香りが特徴です。

プリンス・オブ・ウェールズという名前について

プリンス・オブ・ウェールズという名前は、イギリスの王子に与えられる称号のひとつで「ウェールズの君主」という意味を持ちます。どういうことかというと、厳密にはイギリスという国名は正式な名前ではなく、「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」が私たちがイギリスと呼んでいる国の正式名称です。

イングランド・アイルランド・スコットランド・ウェールズから成り立っている国であり、元々はそのひとつであるウェールズを治めているものに与えられる称号だったのです。ちなみに現在のプリンス・オブ・ウェールズは、女王エリザベス2世の長男であるチャールズが該当します。

>>イギリスの紅茶事情について

ではなぜ紅茶にプリンス・オブ・ウェールズという大仰な名前が付いているか、後述するプリンス・オブ・ウェールズの歴史で紹介していきます。

プリンス・オブ・ウェールズの歴史

プリンス・オブ・ウェールズはジョージ5世とマリー女王の長男で、当時英国皇太子であったエドワードのパーソナルブランドとして作られました。皇太子からその名前を付ける栄誉が受けますが、恐れ多いとの理由でトワイニングの英国市場のリストからはブランド名が消えます。

しかし海外ではプリンス・オブ・ウェールズのブランド名の使用は許されてはいますが、プリンス・オブ・ウェールズ=トワイニングといわれるほど、トワイニングはプリンス・オブ・ウェールズの取扱いに関して圧倒的な力を持っています。

プリンス・オブ・ウェールズの美味しい飲み方

プリンス・オブ・ウェールズの美味しい飲み方

プリンス・オブ・ウェールズは蘭の花のような上品な香りと穏やかな渋みが特徴であり、基本的にはストレートで飲むのが1番美味しい飲み方とされています。

しかし淹れ方を間違ってしまうとプリンス・オブ・ウェールズの特徴である香りが飛んでしまい、せっかくの高級茶がウーロン茶のような味わいになってしまいます。

基本的にプリンス・オブ・ウェールズは砂糖やミルクを入れる飲み方は邪道とされていますが、かといってストレートの紅茶に慣れていない人はちょっと飲みにくい紅茶です。マナー的に問題があるわけではないので、自宅で飲むときは砂糖などを入れて飲んでも問題ありませんが、できればストレートでやわらかい味わいと上質な香りを楽しんでみましょう。

プリンス・オブ・ウェールズの美味しい淹れ方

ストレートが最適といわれている分、淹れ方が非常に大事なプリンス・オブ・ウェールズ。以下でプリンス・オブ・ウェールズを美味しく淹れるゴールデンルールを紹介していきます。

1、カップを温める。

紅茶をカップに注ぐ前にしっかりと器を温めておきます。紅茶を飲む温度は味や香りに関わる非常に重要なポイントです。

2、茶葉の量を測る。

茶葉の量の目安はカップに対して約3gです。秤がない場合はティースプーン1杯を目安に覚えておきましょう。

3、水を一度沸騰させてから使用する。

沸きたての100度のお湯を使って紅茶を淹れるようにしましょう。ただし沸騰させすぎると水の中の空気が徐々になくなってしまい、美味しい紅茶を淹れるのに必須なジャンピング現象が起きなくなってしまいます

ジャンピング現象とは水の中の空気の動きによって茶葉が浮いたり沈んだりを繰り返す現象を指します。水の中の空気がなくならないように沸いたらすぐに淹れるようにしましょう。

4、茶葉をしっかり蒸らす。

ジャンピング現象がしっかりと行われ、茶葉が開いてちゃんと抽出されるようになったら2分~3分を目安にしっかりと蒸らしてください。できるだけ丸みのあるティーポッドか高さのあるティーポッドを使用すると、より一層美味しく淹れることができます。

スポンサーリンク

おすすめのプリンス・オブ・ウェールズ

プリンス・オブ・ウェールズがどんな紅茶なのか、どんな淹れ方をすれば美味しいのかわかったところで、以下で美味しいおすすめのプリンス・オブ・ウェールズを紹介していきますのでチェックしてみてください。

トワイニング プリンス・オブ・ウェールズ

現在の価格はコチラ

プリンス・オブ・ウェールズの代名詞的存在と言っても差支えないほどの知名度と人気を誇っているのがトワイニングです。エリザベス女王、母太后、チャールズ皇太子の3つの英国御用達を賜っている他に類のないブランドです。

上質な味わいと華やかな香りを楽しみたい人は、ぜひトワイニングのプリンス・オブ・ウェールズを試していただきたいです。価格は少々高めではあるものの極上の味わいを楽しめる紅茶ですし、プレゼントとしても非常に喜ばれる商品なので参考にしてみてください。

>>トワイニング(TWININGS)の紅茶について

ハイグローヴ プリンス・オブ・ウェールズ

現在の価格はコチラ

チャールズ皇太子が立ち上げたブランドで、利益は全額自身のチャリティー財団に寄付するという趣旨のもと運営するHighGroveのプリンス・オブ・ウェールズです。

まろやかな口当たりと華やかな香りが特徴的なプリンス・オブ・ウェールズで、アッサムに水色が良いセイロンを加えたプリンス・オブ・ウェールズです。オーガニックで栽培されたものを原料としているので安心ですし、少々価格は高いですがプリンス・オブ・ウェールズを存分に楽しめる逸品となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今注目!人気紅茶ブランド別の特徴 <<
ハロッズ(Harrods)
ハロッズ
紅茶の特徴
マリアージュフレール(mariage freres)
マリアージュフレール
紅茶の特徴
フォション(Fauchon)
フォション
紅茶の特徴
ウェッジウッド(WedgWood)
ウェッジウッド
紅茶の特徴
クリッパー(Clipper)
クリッパー
紅茶の特徴