茶葉の種類から美味しい入れ方まで
ピントルの紅茶専門ページ

>> 今注目!人気紅茶ブランド別の特徴 <<
ハロッズ(Harrods)
ハロッズ
紅茶の特徴
マリアージュフレール(mariage freres)
マリアージュフレール
紅茶の特徴
フォション(Fauchon)
フォション
紅茶の特徴
ウェッジウッド(WedgWood)
ウェッジウッド
紅茶の特徴
クリッパー(Clipper)
クリッパー
紅茶の特徴

フランスの紅茶事情と人気のブランドまとめ

フランスの紅茶

香りを楽しむことができる嗜好品として紅茶を楽しんでいるフランス。コーヒーが主流なフランスですが、香りを楽しめるフレーバーティーはコーヒーに引けを取らない人気を得ています。

ここではそんなフランスの紅茶事情と人気のブランドを紹介していきます。

スポンサーリンク

フランスの紅茶事情

フランスの紅茶事情

フランスというと紅茶よりもコーヒーの方が主流であり、イギリスでいうところの紅茶の位置にコーヒーがあります。ではフランスではどのように紅茶が飲まれているかはイギリスと比較するとわかりやすいかもしれません。

イギリスにおいて紅茶は生活の一部となっており、飲む時間によって呼び名が変わるなどなくではならない存在となっています。ではフランスはどうかというと、コーヒーが主流なため生活の一部にはなっておらず、フランスにとって紅茶は嗜好品としての意味合いが非常に強いものとなっています。

>>イギリスの紅茶事情についてはコチラ

そういう意味でフランスの紅茶はイギリスで親しまれている紅茶と違って香りが重要視されており、嗜好品としての意味合いが強いことから比較的高価なものとなっています。

フランスの紅茶の歴史

実はイギリスよりもフランスの方が紅茶が伝わったのが早いといわれています。1669年、トルコ大使の影響でルイ14世がコーヒーを親しむようになりますが、その一方で宰相のマゼランは病気対策ができる体に良い飲み物としてお茶を愛飲したといわれています。

お茶が徐々に浸透し始めたのは18世紀頃で、東洋へ赴きお茶の輸入を始めたのがきっかけとされています。初期は薬として緑茶が親しまれていましたが、味と香りが優れていることから19世紀になると紅茶が好んで飲まれるようになっていきます。

お茶に比べてコーヒーが安価だったことからコーヒーが主流となっていきますが、1990年頃に香りを楽しめるフレーバーティーが流行することになり、現在では非常に多くの種類の紅茶が飲まれるようになっていきます。

フランス流の紅茶の飲み方

フランスでは一般的に「重い紅茶よりも軽い紅茶」が好まれる傾向があるため渋みの強い茶葉や、ミルクティーのような濃厚な味わいの紅茶は好かれていません。そのため、イギリス流の入れ方ではポットに茶葉を入れっぱなしにして紅茶を楽しみますが、フランスでは5分以上茶葉をポットの中に入れておくということはせず、取り出しやすいティーバッグを使用するという人も多いのが特徴です。

特段、水にこだわって紅茶をいれるということもせず、手頃なティーポット1つに、ティーメジャーで軽く4杯程度茶葉を入れたら、ささっと抽出していただくのがフランス流。

儀式のようにゴールデンルールにこだわっていれるイギリスの紅茶とは違って、「美味しい紅茶を手軽に楽しみつつ、主役はおしゃべりですよね!」というのがフランスの飲み方なのです。

フランスで人気の紅茶茶葉

フランスで人気の紅茶茶葉

フランスで紅茶は嗜好品という意味合いが強いので、ある程度味や香りに制限があるストレートティーよりも、香りの種類が豊富でそれぞれの家庭で香り付けをすることができるフレーバーティーが茶葉として人気となっています。

香料を噴霧などして香り付けしたフレーバーティーはもちろん、花、果実、香辛料などを混ぜて香りを茶葉に吸収させたセンティッドティーも親しまれています。

スポンサーリンク

フランスの人気紅茶ブランド

嗜好品として紅茶を楽しむ文化のあるフランス。香りや水色にこだわった紅茶の種類が多く、香りを重視して紅茶を楽しんでいる人は必見のブランドを以下で紹介していきます。

マリアージュフレール(mariage freres)

現在の価格はコチラ

世界中で親しまれており日本でも非常に人気が高いブランドがマリアージュフレールです。1854年、パリで創業され150年以上の歴史を持つブランドです。世界35カ国の茶葉の取り扱いがあり、銘柄数は500を越えるほどの種類があります。

様々なフレーバーと楽しめる紅茶を幅広く展開しており、紅茶好きなら一度は飲んでおきたいブランドでしょう。プレゼントとしても喜ばれる紅茶として人気が高いです。

>>マリアージュフレール(mariage freres)の紅茶について

フォション(Fauchon)

現在の価格はコチラ

フランスの高級食料品店として日本でも人気が高いブランドがフォションです。1886年に創業されており、100年以上の歴史がある人気のブランドです。紅茶だけでなく食料品でも幅広く知られており、美食大国であるフランスならではの味わいから世界のVIPからも人気が高いのが特徴です。フレーバーの種類が豊富で品質が高いのが魅力のブランドです。

>>フォション(Fauchon)の紅茶について

クスミティー(KUSMI TEA)

現在の価格はコチラ

フランスで非常に高い人気を誇っている紅茶ブランドがクスミティーです。1867年、パヴェル・クスミショフが紅茶会社P.M Kousmichoffを設立し、150年以上の歴史を誇るブランドとして認知されています。

最高級の茶葉を組み合わせることによって健康も考慮された紅茶となっており、アロマティー・クラシック・ビヤンネトルと3つのシリーズに分けられており、ニーズに合わせて好みの紅茶を選ぶことができます。

ニナス(NINA’S)

現在の価格はコチラ

元々はフレグランスブランドであり、天然のアロマで香り付けをした高品質な紅茶を展開しているブランドがニナスです。マリーアントワネットも気に入っていたといわれている老舗紅茶ブランドであり、同名の紅茶は甘い香りを楽しめる商品として高い人気を得ています。

フランスならではの豊かな香りが特徴の紅茶になっており、愛と情熱を象徴している赤のブランドカラーが特徴です。

ジャンナッツ(Janat)

現在の価格はコチラ

猫が寄り添ったかわいいロゴが印象的なブランドであるジャンナッツコストパフォーマンスに優れており、日本人向けの紅茶として高い人気を得ているブランドです。オリジナルのベルガモットオイルを使用したブレンドティーが人気であり、1923年からレシピが変わっていない伝統的な味と楽しめる紅茶としてぜひ試していただきたい逸品です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今注目!人気紅茶ブランド別の特徴 <<
ハロッズ(Harrods)
ハロッズ
紅茶の特徴
マリアージュフレール(mariage freres)
マリアージュフレール
紅茶の特徴
フォション(Fauchon)
フォション
紅茶の特徴
ウェッジウッド(WedgWood)
ウェッジウッド
紅茶の特徴
クリッパー(Clipper)
クリッパー
紅茶の特徴