茶葉の種類から美味しい入れ方まで
ピントルの紅茶専門ページ

>> 今注目!人気紅茶ブランド別の特徴 <<
ハロッズ(Harrods)
ハロッズ
紅茶の特徴
マリアージュフレール(mariage freres)
マリアージュフレール
紅茶の特徴
フォション(Fauchon)
フォション
紅茶の特徴
ウェッジウッド(WedgWood)
ウェッジウッド
紅茶の特徴
クリッパー(Clipper)
クリッパー
紅茶の特徴

知っておきたい紅茶の種類・産地・水色・飲み方

紅茶の種類

紅茶には非常に多くの種類があり、もちろん茶葉によって香りや味、色に違いがあります。中には香り付けをした紅茶や茶葉をブレンドしている紅茶もあるので、その香りと味の種類は無限大です。ここではそんな紅茶の種類について紹介します。

まず紅茶にはストレート・フレーバーティー・ブレンドティーの3つの種類があります。ストレートは茶葉をそのまま味わいことができる紅茶、フレーバーティーはフルーツや花の香りを紅茶に付けることによって香りを楽しむことができる紅茶、ブレンドティーは複数の茶葉をブレンドすることによって元の茶葉では味わえないような味と香りを楽しむことができる紅茶となっています。

それぞれ違った特徴を持った紅茶になっているので、まずはストレートからどんな紅茶があるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

ストレート

ストレート

ストレートについては基本的には生産された地名がそのまま名称になっています。近年では茶園まで明記されることが多くなってきましたが、特に有名なダージリン・キーマン・ウバの世界三大紅茶を筆頭に、以下では基本的な紅茶の種類を紹介していきます。

ダージリン

  • 産地:インド北部
  • 水色:透明な琥珀色
  • 茶摘みシーズン:3月~11月。セカンドフラッシュ(夏摘み)が最高級品。

ストレートティー向けの紅茶。世界三大紅茶のひとつ。世界最高といわれるマスカットフレーバー又はマスカテルと呼ばれる特徴的な香りが魅力です。100以上の茶園が存在しており、最も有名な紅茶のひとつであるといえるでしょう。

>>ダージリンについて詳しくはコチラ

キーマン

  • 産地:中国安徽省
  • 水色:薄い琥珀色
  • 茶摘みシーズン:通年で収穫可能。中国は6月~8月なので貴重な紅茶。

ストレートティー・ミルクティー向けの紅茶。キームン香と呼ばれているローズティーのような甘い香りが特徴の世界三大紅茶のひとつ

>>キーマンについて詳しくはコチラ

ウバ

  • 産地:セイロン島南東部
  • 水色:明るい紅色
  • 茶摘みシーズン:通年で収穫可能。質が高いのは7月~9月。

ミルクティー向けの紅茶。世界三大紅茶のひとつであり、爽やかなバラのような香りが特徴。香りと味が強めなので好みが分かれやすい紅茶。

>>ウバについて詳しくはコチラ

アッサム

  • 産地:インド北部
  • 水色:透明感のある濃い紅色
  • 茶摘みシーズン:4月・5月が1番茶、以降11月まで収穫可能

ミルクティー向けの紅茶。コクのある味わいと芳醇な香りが特徴。インドのチャイにも使用されている紅茶です。

>>アッサムについて詳しくはコチラ

ニルギリ

  • 産地:南インド
  • 水色:濃い琥珀色
  • 茶摘みシーズン:通年で収穫可能。質が良いのは12月~翌年1月。

どんな飲み方にも向いている万能紅茶。クセがなくすっきりした味わいで飲みやすいので、紅茶が苦手な人にも最適。

>>ニルギリについて詳しくはコチラ

ルフナ

  • 産地:セイロン島南部
  • 水色:濃い紅色
  • 茶摘みシーズン:12月~翌年4月。

ミルクティー向けの紅茶。スモーキーな香りと濃厚で重い渋みが特徴。クセがあるので好みが分かれる紅茶です。

ディンブラ

  • 産地:セイロン島中央部
  • 水色:琥珀色
  • 茶摘みシーズン:1月~3月がクオリティーシーズン。

アイスティーやバリエーションティー向けの紅茶。バラのような強い香りと爽やかな渋みが特徴のマイルドな味わい。

ヌワラエリヤ

  • 産地:セイロン島中央部
  • 水色:琥珀色
  • 茶摘みシーズン:1月~3月がクオリティーシーズン

ストレートティー向けの紅茶。クセのない真っ直ぐな渋みが特徴なので、緑茶感覚で楽しむことができます。

キャンディー

  • 産地:セイロン島中央部
  • 水色:明るい紅色

どんな飲み方にも向いている万能紅茶。クセが少なく程よいコクと適度な渋みが特徴なので、マイルドな味わいになっている飲みやすい紅茶です。

ケニア

  • 産地:ケニア
  • 水色:濃い紅色
  • 茶摘みシーズン:通年で収穫可能

アイスティー・ミルクティー向けの紅茶。コクのある味わいとマイルドな渋みが特徴であり、ミルクティーとの相性の良さから徐々に人気になっている紅茶です。

ジャワ

  • 産地:ジャワ島
  • 水色:明るい琥珀色
  • 茶摘みシーズン:通年で収穫可能。8月・9月がクオリティーシーズン。

アイスティー・ミルクティー向けの紅茶。マイルドな香りと渋みの少なさ、すっきりした後味が特徴です。

カンヤム

  • 産地:ネパール
  • 水色:琥珀色
  • 茶摘みシーズン:3月~11月

ストレートティー向けの紅茶。すっきりとした味わいとダージリンのような芳醇な香りが特徴。ほとんどがヨーロッパに輸出されるので日本では希少価値が高い

ラミン

  • 産地:タイ
  • 水色:濃い茶色

ストレートティー・アイスティー向けの紅茶。芳醇な香りと濃厚な味わいが特徴。

ジョルジ

産地:ロシア

水色:濃い琥珀色

ストレートティー向けの紅茶。甘い味わいが特徴。

リゼ

  • 産地:トルコ
  • 水色:濃い茶色

チャイ・ストレートティー向けの紅茶。チャイダンルックという2段式のヤカンで一旦濃く淹れた後にお湯で濃さを調整、砂糖を多めに入れて飲まれています。

ギャル

  • 産地:セイロン島南部
  • 水色:明るい琥珀色

アイスティー・ストレートティー・ミルクティー向けの紅茶。コクのある香ばしい香りとチョコレートを思わせるほのかな甘みが特徴。

フレーバーティー

フレーバーティー

茶葉に香料を噴霧などして香り付けした紅茶がフレーバーティーです。香り付けするものがメインとなるので茶葉の香りが強すぎないアールグレイなどが用いられます。

他にも香り付けする紅茶には、花、果実、香辛料などを混ぜて香りを茶葉に吸収させた「センティッドティー」というお茶の種類もあります。緑茶をベースとしており、代表的なものとしてはジャスミンティーやローズミントティーが挙げられます。

歴史的にはセンティッドティーのが古く、フレーバーティーは天然香料の開発が進んでから親しまれるようになりました。フレーバーティーが人気となった背景としては良質な茶葉が手に入らなかったり、水が茶葉に向いておらず茶葉の香りを活かせなかったことをカバーする為が理由として挙げられます。

>>フレーバーティーについて詳しくはコチラ

アールグレイ

  • 産地:中国、セイロンなど
  • 水色:濃い琥珀色

ストレートティー・アイスティー向けの紅茶。フレーバーティーの中でも最も人気と知名度が高い。ベルガモットの香りが特徴。

>>アールグレイについて詳しくはコチラ

アップル

  • 産地:中国、セイロン
  • 水色:琥珀色

ストレートティー・アイスティー向けの紅茶。名前の通りりんごの香りが特徴であり、人気・知名度共に高い。

フランボワーズ

  • 産地:中国、セイロン
  • 水色:濃い琥珀色

ストレートティー・アイスティー向けの紅茶。木苺の甘酸っぱい香りが特徴で、特に女性から人気の紅茶です。

カラメル

  • 産地:中国、セイロン
  • 水色:濃い茶色

ストレートティー・アイスティー・ミルクティー向けの紅茶。カラメルの甘い香りが特徴なので、ミルクティーとの相性が抜群。

アンブレ

  • 産地:中国、セイロン
  • 水色:濃い琥珀色

アイスティー・ストレートティー向けの紅茶。オレンジとオレンジの香りを楽しむことができるのが特徴。

スポンサーリンク

ブレンドティー

複数の茶葉を混ぜ合わせて作られた紅茶をブレンドティーをいいます。ブレンドすることによって元の茶葉では味わえなかった香りなどを楽しむことができるのが特徴で、ブレンドの数だけ種類があるのでバリエーションは無限大です。

紅茶愛好家の間で個性を消しあってしまうと敬遠する人もいますが、ブレンドすることによって新しい個性を生み出すことができるのがブレンドティーの人気が衰えない理由となっています。

イングリッシュブレックファースト

  • 茶葉:インド、セイロン
  • 水色:濃い紅色

ミルクティー向けの紅茶。モーニングティー用として作られた紅茶であり、目が覚めるような渋みが特徴です。

プリンス・オブ・ウェールズ

  • 茶葉:キーマン、アッサムなど

ストレート向けの紅茶。紅茶のコニャックと称されるほど味と香りが優れたブレンドティーとして人気があり、イギリスのトワイニング社が最も有名。

>>プリンス・オブ・ウェールズについて詳しくはコチラ

ロイヤルブレンド

  • 茶葉:インド、セイロンなどなど
  • 水色:濃い茶色

ミルクティー向けの紅茶。メーカーによってブレンドする茶葉やその割合などが様々なので、もちろんメーカーによって味や香りに違いがあります。

クラシックブレンド

  • 茶葉:中国、台湾、インド
  • 水色:濃い紅色

ミルクティー向けの紅茶。渋みや苦味のバランスが良いので、マイルドで飲みやすいのが特徴です。スモーキーな香りを楽しむことができます。

アフタヌーンティー

  • 茶葉:インド・アッサム
  • 水色:濃い紅色

ミルクティー・アイスティー向けの紅茶。クセがなくマイルドな味わいなので飲みやすいのが特徴。メーカーによって味や香りに違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今注目!人気紅茶ブランド別の特徴 <<
ハロッズ(Harrods)
ハロッズ
紅茶の特徴
マリアージュフレール(mariage freres)
マリアージュフレール
紅茶の特徴
フォション(Fauchon)
フォション
紅茶の特徴
ウェッジウッド(WedgWood)
ウェッジウッド
紅茶の特徴
クリッパー(Clipper)
クリッパー
紅茶の特徴