茶葉の種類から美味しい入れ方まで
ピントルの紅茶専門ページ

>> 今注目!人気紅茶ブランド別の特徴 <<
ハロッズ(Harrods)
ハロッズ
紅茶の特徴
マリアージュフレール(mariage freres)
マリアージュフレール
紅茶の特徴
フォション(Fauchon)
フォション
紅茶の特徴
ウェッジウッド(WedgWood)
ウェッジウッド
紅茶の特徴
クリッパー(Clipper)
クリッパー
紅茶の特徴
スポンサーリンク

おすすめ紅茶ブランド【フォートナム&メイソン(F&M)】の特徴

フォートナム&メイソン(F&M)

ロンドンの老舗百貨店「フォートナム&メイソン」。イギリス王室御用達の百貨店であり、300年以上の歴史を誇っています。国際的に知名度も高く、日本にも支店があります。紅茶の販売においても有名であり、「フォートナム&メイソン」ブランドでも紅茶を展開しています。

そんなフォートナム&メイソンの歴史や魅力、おすすめの紅茶についてご紹介します。

スポンサーリンク

おすすめ紅茶ブランド【フォートナム&メイソン(Fortnum & Mason)】とは?

おすすめ紅茶ブランド【フォートナム&メイソン(Fortnum & Mason)】とは?

フォートナム&メイソン (Fortnum & Mason) とは、イギリスはロンドンに拠点を構える老舗の百貨店です。「フォートナムズ」と略して呼ばれることが多く、世界的にも有名な百貨店です。

紅茶の販売においても非常に有名であり、「フォートナム&メイソン」ブランドでも紅茶を展開しています。そんな「フォートナム&メイソン」の歴史と紅茶の魅力についてご紹介します。

 フォートナム&メイソン(Fortnum & Mason)の歴史

フォートナム&メイソンの歴史は、イングランドとウェールズにスコットランドが加わり、イギリスが誕生した1707年に始まりました。「ウィリアム・フォートナム」と「ヒュー・メイソン」という2人の青年が立ち上げた食料雑貨店が始まりです。

この2人のお店は瞬く間に王室や貴族階級の間で評判となり、人気を博しました。紅茶が非常に有名なフォートナム&メイソンですが、イギリス人のソウルフードである「ベイクド・ビーンズ」の缶詰を広めたのもフォートナム&メイソンです。

ベイクド・ビーンズの缶詰といえば、ケチャップで馴染みの深い「ハインツ」が有名です。ハインツがアメリカからイギリスにベイクド・ビーンズの缶詰を売り込みに来た際、フォートナム&メイソンがすべて買い上げ、販売をスタートさせたのは有名な話です。

このように300年以上に渡って、イギリスの歴史に寄り添い、とも大きく発展していった百貨店が、「フォートナム&メイソン」です。

>>イギリスの紅茶事情について

 フォートナム&メイソン(Fortnum & Mason)の紅茶の魅力

フォートナム&メイソンは現在では総合百貨店として多くの物を扱っていますが、もともとは「グローサリーショップ」という食料雑貨店でした。その名残からか、食品関係に非常に力を入れています。

特に紅茶に関しては非常に有名であり、 「フォートナム&メイソンは紅茶専門店」と勘違いしている方も珍しくはありません。世界中の多様な種類の紅茶を広く扱っています。

パッケージされた紅茶はもちろん、量り売りの紅茶まで様々な種類があり、フレーバーティーまで幅広い品揃えが魅力です。また、 「フォートナム&メイソン」ブランドでも紅茶を展開しており、高い品質と優れたブランド力から世界中で高い人気を博しています。

>>紅茶ブランドおすすめランキングはコチラ

フォートナム&メイソン(F&M)のおすすめ紅茶茶葉

300年以上の歴史を誇り、イギリス王室御用達としても 有名な老舗百貨店「フォートナム&メイソン」。特に紅茶の販売が有名であり、独自ブランドの展開も盛んに行われています。紅茶のトップブランドの1つと言われるフォートナム&メイソンのおすすめ紅茶をご紹介しますので、紅茶選びの参考にしてみて下さい。

ブレックファスト

現在の価格はコチラ

非常に香り立ちの良いアッサムティー「ブレックファスト」がおすすめです。しっかりとした麦芽のような味わいが特徴の紅茶であり、優れた香り立ちは他の茶葉とは一線を画します。英国王室御用達ブランドの紅茶らしく、お値段は高いですが、その価値は十分にある高品質な紅茶です。

特にミルクティーとの相性が良く、深みのあるコクと香り立ちが引き立ちますのでおすすめです。

FTGFOP(ダージリン・ファイネスト・ティップ・ゴールデン・ティップ・オレンジ・ペコ)

現在の価格はコチラ

高品質な茶葉を示す「FTGFOP」がおすすめです。「FTGFOP」とは、ファイネスト・ティップ・ゴールデン・ティップ・オレンジ・ペコの意味であり、高品質な茶葉であることを示しています。

ヒマラヤ山脈の標高2000m以上の高地で採取された茶葉であり、ダージリン独特のフルーティーで強い香りが生まれています。香り高い紅茶をお求めの方には特におすすめの紅茶茶葉です。

BOP(ブロークン・オレンジ・ペコー)

現在の価格はコチラ

BOP(ブロークン・オレンジ・ペコー)もフォートナム&メイソンのおすすめ茶葉です。ヒマラヤ山脈の標高2000m以上の高地で採取された茶葉であり、ダージリン独特のフルーティーで強い香りが特徴です。

特別なBOP(ブロークン・オレンジ・ペコー)の芯芽を使った紅茶であり、赤みの強い水色と繊細な香りと風味が特徴です。非常にバランスに優れたおすすめの紅茶茶葉です。

>>オレンジペコって何?紅茶の等級について

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> 今注目!人気紅茶ブランド別の特徴 <<
ハロッズ(Harrods)
ハロッズ
紅茶の特徴
マリアージュフレール(mariage freres)
マリアージュフレール
紅茶の特徴
フォション(Fauchon)
フォション
紅茶の特徴
ウェッジウッド(WedgWood)
ウェッジウッド
紅茶の特徴
クリッパー(Clipper)
クリッパー
紅茶の特徴