記念日に思い出を作りたい方は必見ピントルのシャンパン専門ページ

>> よく読まれるページはコチラ <<
ノンアルコールシャンパン(スパークリングワイン)のおすすめランキング
ノンアルコール
おすすめシャンパン
プレゼントに人気のシャンパンおすすめランキング
プレゼント向け
おすすめシャンパン
甘口の美味しいシャンパンおすすめランキング
甘口
おすすめシャンパン
安くて美味しいシャンパンおすすめランキング
安くて美味しい
おすすめシャンパン
初心者向け!飲みやすいシャンパンおすすめランキング
初心者向け
おすすめシャンパン

モエ・エ・シャンドンの歴史とおすすめのシャンパン

モエ・エ・シャンドン(MOËT & CHANDON)

シャンパン好きじゃない人でも知っているであろう有名な『モエ・エ・シャンドン』。ネームバリューや信頼性、シャンパン自体の品質の高さから自宅用やプレゼント用など幅広く用いられることで人気となっています。

超メジャーな銘柄だからこそ特徴や歴史、美味しいシャンパンは知っておきたいところですよね。ここでは『モエ・エ・シャンドンの特徴や歴史、おすすめのシャンパン』を紹介していきます。

スポンサーリンク

モエ・エ・シャンドン(MOËT & CHANDON)とは?

モエ・エ・シャンドン(MOËT & CHANDON)とは?

フランスの世界有数のシャンパン製造会社であり、同名のシャンパンのブランドとなっているのが「モエ・エ・シャンドン」です。モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトンに属しており、非常に人気のある高級シャンパンである「ドン・ペリニヨン」を有しています。

高品質なシャンパンであることはもちろんですが、豊かな泡立ちや芳醇な香りなどから世界中のセレブから人気があります。日本においてもその人気は変わらず、比較的高い値段設定となっている飲食店での当たり前と言っていいほど取り扱いが多いです。

世界的にみると、F1の表彰時のシャンパンファイトや世界中で行われるファッションコレクションの公式シャンパン、カンヌ国際映画祭など様々なセレブリティーなシーンで活躍しています。

比較的リーズナブルな価格で飲むことができるシャンパンもありますが、やはり有名なのは冒頭でも触れていますが高級シャンパンである通称「ドンペリ」であるドン・ペリニオンでしょう。その年で最も品質が高い葡萄を使用して作られており、もし納得いく葡萄ができなかった場合はその年にドン・ペリニオンが作られることはありません。品質は当然としてそういった理由があるからこそドン・ペリニヨンは希少性が高いシャンパンとなっています。

ドン・ペリニヨンだけでなく、高級シャンパンの中ではリーズナブルに飲むことができるシャンパンもあるので、1番普及している高級シャンパンといっても過言ではないのではないでしょうか。

>>本当に美味しいおすすめのシャンパン

モエ・エ・シャンドン(MOËT & CHANDON)の歴史

ここではモエ・エ・シャンドンの歴史について触れていきます。

1743年の誕生から1993年の創業250周年に至るまでの大まかな出来事についてまとめてあるので、モエ・エ・シャンドンの歴史を見ていきましょう。

  • 1743年:モエ・エ・シャンドン誕生
  • 1748年:王室に認められるシャンパンへ
  • 1750年:さらに広まるモエ・エ・シャンドン
  • 1792年:モエ・エ・シャンドンの転機
  • 1833年:モエ・エ・シャンドン社へ
  • 1842年:初のヴィンテージ・シャンパン誕生
  • 1903年:世界のモエ・エ・シャンドンへ
  • 1965年:シャンパンファイトのはじまり
  • 1970年:シャンパンタワー発祥のモエ・エ・シャンドン
  • 1971年:世界の一大企業へ
  • 1987年:世界初のラグジュアリーグループ「MHLV」
  • 1993年:モエ・エ・シャンドン創業250周年

>>モエ・エ・シャンドン(MOËT & CHANDON)のおすすめシャンパンはコチラ

1743年:モエ・エ・シャンドン誕生

クロード・モエによって設立されます。フランス・シャンパーニュ地方の小さなワイナリーから始まっており、「シャンパンを最高のワインに、モエを最高のシャンパンに」という目標を掲げています。

1748年:王室に認められるシャンパンへ

当初はごく少数の人に親しまれていたシャンパンでしたが、クロード・モエの尽力によってヨーロッパの政治家などに気に入られるシャンパンとしてランクを上げていきます。フランス王室にも献上しており、フランス王室御用達として認められるほどになります。その後間もなくその評判から、ドイツやスペイン、ロシアの王室でも流行することとなります。

1750年:さらに広まるモエ・エ・シャンドン

ルイ14世の愛妾だったポンパドゥール夫人もモエ・エ・シャンドンをこよなく愛しており、数百本のモエ・エ・シャンドンを城に運び込ませたという記録が残っているほどです。彼女によりヴェルサイユの王候貴族に広められ、社交界に相応しいシャンパンとしての評価を獲得します。

1792年:モエ・エ・シャンドンの転機

当主を孫であるジャン・レミー・モエが引き継ぐことで転機が訪れます。先見性のあるビジョンをもってワイン製造のアイディアや技術を積極的に取り入れていき、世界的なラグジュアリーブランドへ引き上げる姿勢を見せていきます。そこでの彼の決断は「シャンパン以外のワインの製造をやめる」ということでした。これこそが現在のモエ・エ・シャンドンの揺るがないステータスを成す第一歩だったのかもしれません。

1833年:モエ・エ・シャンドン社へ

モエ・エ・シャンドン社がモエ家とシャンドン家の結婚によって誕生します。

1842年:初のヴィンテージ・シャンパン誕生

その年の最高品質の葡萄だけを使って作られるシャンパンがグラン・ヴィンテージです。その最初の1本が生まれたのがこの年で、150年以上も前のことです。醸造最高責任者の自由な発想によって葡萄の魅力を最大限引き出した特別なボトルとなっています。

1903年:世界のモエ・エ・シャンドンへ

モエ・エ・シャンドンは1745年にベルギーで出荷を開始しており、すぐに人気となってからヨーロッパ全土へ広がり、1787年にはアメリカへと輸出されていきました。日本へ初上陸したのは1903年のことになります。

1965年:シャンパンファイトのはじまり

スポーツの表彰式などでお馴染みとなっているシャンパンファイト。この年の24時間耐久レースであるル・マンの表彰式で優勝者が観客にモエ・エ・シャンドンを浴びせたのがきっかけとなっています。

1970年:シャンパンタワー発祥のモエ・エ・シャンドン

結婚式などのイベントなどで楽しまれているシャンパンタワーですが、これの始まりとなっているのもモエ・エ・シャンドンです。お祝いにおける創意あふれるアイディアや新しいトレンドを意識できるからこそ誕生したものです。

1971年:世界の一大企業へ

シャンパンだけでなく高級香水や化粧品などを手掛けることによって事業を拡大していき、フランス最大のコニャック製造会社であるヘネシーと合併し「モエ・ヘネシー・ホールディング・カンパニー」が結成されます。

1987年:世界初のラグジュアリーグループ「MHLV」

ルイ・ヴィトングループとの合併によって世界初となるラグジュアリーグループ「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」が誕生します。

1993年:モエ・エ・シャンドン創業250周年

創業250周年と迎えます。シャンパンのコルクの形をした気球が用意され、ヴェルサイユを出発し世界の美しい風景の場所に着陸していき成功を祝ったことでも有名です。

>>知らないと恥ずかしい?シャンパンの定番銘柄

モエ・エ・シャンドン(MOËT & CHANDON)のおすすめシャンパン

シャンパンで絶大な知名度と人気があるモエ・エ・シャンドンですが、その中でもおすすめとなっているシャンパンを紹介するのでぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

ドン・ペリニヨン ヴィンテージ

現在の価格はコチラ

高級シャンパンの代表格とも言えるドン・ペリニヨン ヴィンテージ。その年の最も優れた葡萄のみを使って作られるシャンパンであり、納得いく葡萄ができなかった場合はその年にドン・ペリニヨンが作られることがありません。そういった意味でも希少性が非常に高い高級シャンパンとして知られています。

熟成期間も長く芳醇な香りや味わいを楽しむことができ、熟成がありつつ新鮮さを感じることができる二面性をもっており、みずみずしさと安定感が魅力となっているシャンパンとして高い評価を得ています。コクと深みが魅力的となっているロゼ・シャンパンもあります。

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル

現在の価格はコチラ

世界中で最も愛されているシャンパンといっても過言ではないのがモエ・エ・シャンドン モエ インペリアルです。飲んだことがある人も多いのではないでしょうか?

比較的リーズナブルに購入することが可能でありながらも、バランスが良く上品な味わいになっているので様々な料理にも合わせやすい人気となっているシャンパンです。自宅用としてはもちろんですがプレゼント用としても喜ばれるシャンパンなので選択肢には入れておきたいところです。

モエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアル

現在の価格はコチラ

上記のモエ アンペリアルのロゼになります。ロゼ・シャンパン特有のフルーティーな味や香りを楽しむことができ、イチゴのような果実感をはっきりと感じることができるシャンパンとして非常に人気が高いです。

のど越しはやわらかいですがはっきりとした味わいが特徴となっているので、個性が強い料理にも合わせることができるので様々なシーンで楽しめることができるシャンパンとなっています。

>>ロゼシャンパンの特徴とおすすめはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
>> よく読まれるページはコチラ <<
ノンアルコールシャンパン(スパークリングワイン)のおすすめランキング
ノンアルコール
おすすめシャンパン
プレゼントに人気のシャンパンおすすめランキング
プレゼント向け
おすすめシャンパン
甘口の美味しいシャンパンおすすめランキング
甘口
おすすめシャンパン
安くて美味しいシャンパンおすすめランキング
安くて美味しい
おすすめシャンパン
初心者向け!飲みやすいシャンパンおすすめランキング
初心者向け
おすすめシャンパン