本当に美味しい日本酒を知る
ピントルの日本酒専門ページ

よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング

日本酒とアルコール度数の関係を詳しく解説

日本酒とアルコール度数の関係

普段何気なく日本酒を飲んでいる方、居酒屋や自宅でたまに飲む方色々いらっしゃるでしょう。そんな日本酒のアルコール度数がどれくらいかというのはご存知でしょうか。

ここでは、日本酒がどれくらいのアルコール度数なのか、またどのようにしていアルコール度数が決まっているのかなど、日本酒とアルコールの関係について解説していきます。

スポンサーリンク

日本酒のアルコール度数

日本酒のアルコール度数

日本酒と言うと、若い方にとってはアルコール度数が強いお酒ですぐに酔っぱらってしまうというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。確かに飲み会などでよく飲まれるビールや、チューハイといったお酒のアルコール度数は5%程度です。

そのため、それよりもアルコール度数が高いイメージをもたれやすいことは間違いないでしょう。では日本酒のアルコール度数は実際にはどれくらいなのでしょうか。

酒税法による日本酒のアルコール度数

現在私たちが簡単に手にできる多くの日本酒のアルコール度数は15度~16度程度のものが多いと言えるでしょう。酒税法上では、日本酒のアルコール度数は22度未満と決まっています。これよりもアルコール度数の高い日本酒は、製造方法によらず、リキュール類と分類されることとなっています。

>>リキュールってどんなお酒?

日本酒以外の酒類とのアルコール度数の違い

冒頭部分でも述べましたが、日本酒は他の種類のお酒と比べてアルコール度数はどの程度違うのでしょうか。お酒の種類ごとのおおよそのアルコール度数を見てみましょう。

お酒の種類
アルコール度数
日本酒
15度~16度
焼酎
20度~25度
赤ワイン
11度~15度
白ワイン
7度~15度
ウイスキー
40度~60度
ビール
4度~8度

以上のようにその種類によってかなりバラつきはありますが、アルコール度数が決して低いお酒というわけではないでしょう。やはり居酒屋などで頼まれやすいビールや、焼酎を割ったチューハイ、リキュールを使ったカクテルに比べるとアルコール度数は高めに感じるでしょう。

しかし焼酎やウイスキーと比べるとやはりアルコール度数は高くありません。この違いは日本酒との酒の作り方の違いにあります。日本酒は醸造酒、ウイスキーや焼酎は蒸留酒となっています。

ウイスキーや焼酎は蒸留によってアルコール度数を高めるのに対して、日本酒は酵母を使った発酵のみによって20度前後の日本酒の原液が出来上がります。世界的な酒造りの観点からすれば、日本酒は非常にアルコール度数の高いお酒であると言えるのかもしれません。

日本酒のアルコール度数の限界

上記に解説の一部でもあった通り、日本酒というのは基本的に酵母を使ったアルコール発酵のみで造られるお酒です。その場合アルコール度数には限界があり、およそ20度前後がその限界と言われています。

これは糖分を食べることによってアルコール発酵をする酵母自身がアルコール度数が高くなっていくことによって死滅してしまうためです。それにより新たなアルコール発酵はできなくなり、ある時点で発酵が止まってしまうのです。

 

アルコール度数の違いによる日本酒の味の違い

アルコール度数の違いによる日本酒の味の違い

日本酒の種類は数多くありますが、それと同様にそれぞれの日本酒ごとにアルコール度数に違いがあると言えます。では日本酒のアルコール度数というのは味にどんな違いをもたらすのでしょうか。

日本酒ごとのアルコール度数の違い

まず様々な日本酒ごとにアルコール度数の違いがあるのはなぜなのでしょうか。それはどの段階で酵母の発酵を止めるのかというのが大きな違いとなります。ある程度まで発酵が進んだものは上槽といって醪(もろみ)をこす作業をします。この時点でアルコール度数が決まります。

また出来た日本酒に加水といって、水を加えることによってアルコール度数を調整する場合もあり、近年ではアルコール度数を低く抑えた日本酒が女性の間でも人気となっています。

アルコール度数の違いによる味の変化

日本酒のアルコール度数の違いはその味に大きな変化をもたらします。アルコール度数が高いお酒はやはり濃く感じられる場合が多く、飲みにくいと感じる方がいらっしゃるのも事実です。ただしアルコール度数の変化が直接的に美味しいマズいに直結するかというのは、味覚や好みの問題もあるので何とも言えないでしょう。

ただし一般的には加水を考慮しない場合においては、アルコール度数を落とすため、発酵を早い段階で止めると、その分糖分が残り甘口になるものも多く、その分飲みやすいと感じる方が多くなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング