本当に美味しい日本酒を知る
ピントルの日本酒専門ページ

よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング

家庭で日本酒を美味しいまま保存する方法

日本酒を保存する方法

日本酒が好きな方の中には、お店で飲むよりも自宅で飲む派という方も多いのではないでしょうか。そんな方にとって非常に重要となるのが、自宅で日本酒をどのように保管するのかという問題です。

せっかく家で日本酒を楽しもうと思っても、劣化して香りも味も落ちたものでは楽しめるものも楽しめません。ここではそんな日本酒の保存方法について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

未開封の日本酒の保存方法について

未開封の日本酒の保存方法について

普段から日本酒を自宅で楽しんでいる方の中には、飲みたいと思った勝った日本酒を置いている、もしくはお土産などで多めに買ってきているという方がいらっしゃるかもしれません。

そんな方にとって、自宅に未開封の日本酒はどのように保管しておくべきなのでしょうか。ここでは未開封の日本酒の保存方法について詳しく解説していきます。

日本酒は光に弱い

まず日本酒の保存方法を知る上で、日本酒の特性について知っておきましょう。その一つ目が、日本酒は直射日光などの光に対して非常にデリケートであるということです。

無色透明の瓶に移して試していただくとすぐに分かりますが、直射日光にさらすことによって日本酒は変色します。これによって味わいが変わってしまい、その日本酒本来の味わいを失ってしまいます。

また臭いに関しても、長時間直射日光にさらすことによって、日光臭という独特の異臭を放つようになってしまいます。このことから日本酒の保管、保存に関しては光の当らない冷暗所が良いと言えるでしょう。

日本酒を保管・保存する際の温度管理

自宅にある日本酒を少しでも長く保管・保存する際に重要となるのは光だけではありません。それが温度管理です。日本酒は温度が高すぎたり、温度変化が激しい場合など品質が劣化してしまいます。

温度が高い場合には、日本酒の色が変化してしまい、味に雑味が出てしまいます。もちろん飲めないことはありませんが、本来の味とは程遠い状態になってしまっていると言えます。

また温度変化が激しい場合にも同様に日本酒にとって良い環境とは言えません。長期での保管・保存を考えている日本酒に関しては低温で一定の温度を保てる場所が必要となるでしょう。

未開封の日本酒に関する具体的な保管・保存方法

自宅で未開封の日本酒を保管・保存する場合は、まずその日本酒が入っていた化粧箱などに入れておくのが良いでしょう。もしも化粧箱がないのであれば、新聞紙などで包んで光をさえぎるようにしましょう。

保管場所に関しては、なるべく低温でそれが一定に保たれている場所を探します。家庭内でこの条件を満たしている場所と言えば冷蔵庫がもっとも最適と言えるでしょう。

しかし実際には冷蔵庫にそこまで日本酒を保管しておくスペースが確保できないのも事実でしょう。そこでシンク下などのなるべく光のないところを選んで保管しておきましょう。

>>日本酒の賞味期限について

開封済み日本酒の保存方法について

開封済み日本酒の保存方法について

ご自宅で日本酒を楽しむ方にとって、開封済み日本酒の保管方法について困っている方は多いでしょう。特に一升瓶ともなると、一度に一人で飲みきるという方は少ないでしょう。そんな時でも、次に飲む時に安心してその日本酒を飲める保存・保管方法について紹介します。

開封した日本酒は小分けにする

日本酒の特徴の一つとして、空気に触れることによる酸化を挙げることが出来るでしょう。一度開封すれば瓶内には空気が入り込み、それが日本酒と触れることによって品質が変化、味も変わってしまう恐れがあります。

そこで、一度開封した日本酒を別の瓶に小分けにしておくとよいでしょう。これにより空気の触れる面積を減らし少しでも日本酒の品質変化を遅らせることが出来ます。さらに一升瓶ではなかなか入らない冷蔵庫内にも小分けにすることでそのスペースを確保することも出来るでしょう。

小分けにした瓶に新聞紙等を巻く

これは未開封の日本酒の保管と同じです。日本酒は光に対して非常に弱いので、小分けにした瓶には特に新聞紙などを巻いて光を遮断しておくと良いでしょう。

またこの新聞紙には、その日本酒の銘柄名いつ開封したのか、いつから保存を開始したのかについて書いておくと良いでしょう。これによってどの日本酒から飲んでいくのか、どれくらい保管しているから早めに飲んでおこうといった判断がすぐに出来ます。

スポンサーリンク

生酒の保存する際の注意点

生酒の保存する際の注意点

ここまでで基本的な日本酒の保管方法については述べましたが、注意しなくてはいけないのは保存しようとしている日本酒が生酒の場合です。

生酒に関しては、通常の日本酒よりも保管・保存する際に気を使わなくてはいけません。ここでは生酒の保管・保存に関する方法についてまとめておきます。

生酒の保存に注意が必要なワケ

別の項目でも詳しく説明していますが、生酒とは火入れと呼ばれる殺菌を行っていない日本酒です。これにより、日本酒が本来持つフルーティーで新鮮な香りを味わうことができます。

本来日本酒は自らが持つアルコールによって菌が繁殖しにくい環境になっています。しかし火落ち菌と呼ばれる一部の乳酸菌はアルコール度数15前後でも生育が可能となっており、日本酒に混じることによって、白濁や香味への変化をもたらします。

この菌によって中毒を起こすといったことはありませんが、日本酒の味や香りが劣化してしまうので生酒の保管には注意が必要となるのです。

生酒の保存方法と保存期間

上記の理由から生酒の保存・保管には、通常の日本酒と違い、要冷蔵となります。また開封した生酒を冷蔵保存しようとした際に、スペースの問題から寝かせて置く場合があるかもしれませんが、もし瓶内でガスが発生した場合、瓶内圧の上昇により中身が漏れる恐れがあるので立てて保存するようにしましょう。

日本酒には賞味期限の記載がありませんが、製造年月日が記載されている場合があり、多くの蔵元は製造年月日から一年程度を保管期間の目安として定めています。これが生酒に関しては、製造年月日から半年程度としているものが多いようです。

>>日本酒の種類と味や製法の違いについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング