本当に美味しい日本酒を知る
ピントルの日本酒専門ページ

おすすめの記事はコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング

北海道の美味しい日本酒おすすめランキング

近年、日本酒の質の向上によって注目されている北海道の日本酒。

有名な銘柄も多く出てきていますが、どれが美味しい日本酒の銘柄かわからない方も多いのではないでしょうか。

ここではそんな方向けに北海道のおすすめの日本酒をランキング形式で紹介しています。

購入の際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

北海道の日本酒に使われる酒造好適米の種類と特徴

北海道の日本酒の特徴

水と酒米に特にこだわりが見て取れる北海道の日本酒。

質の良い米と美味しい水が特徴であり、近年は「吟風」や「彗星」など、酒造好適米の質が向上したことにより注目されています。

北海道の日本酒を選ぶ際には酒米の特徴を理解しておくと便利なので、以下で北海道生まれの酒造好適米の特徴を紹介していきます。

初雫(はつしずく)

北海道で初めての酒造好適米である「初雫(はつしずく)」。

現在では以下で紹介する吟風など、優れた酒造好適米の出現によって日本酒に使われることはほぼありません。

吟風(ぎんぷう)

初雫に続いて酒造好適米として登場したのが「吟風」です。

口当たりが柔らかい日本酒に仕上がるのが特徴で、現在でも吟風を使用して日本酒を造る酒造は数多く存在します。

全国新酒鑑評会で吟風を使った日本酒が評価されており、山田錦や五百万石にも引けを取らない味わいの日本酒を造ることが可能です。

きたしずく

心拍のサイズが大きく、耐冷性に優れているので生産量を増加させることがメリットとなっている酒造好適米である「きたしずく」。

甘さ・辛さのバランスが良く、香りも丁度良いのが特徴です。

彗星(すいせい)

上記の初雫と吟風の交配によって生まれた酒造好適米である「彗星」。

吟風に次いで使用されている酒造好適米で、非常に酒造に向いている特徴があります。

耐寒性に優れており、淡麗系の日本酒に仕上がる傾向があるので北海道の日本酒に適している特徴があります。

北海道の美味しい日本酒おすすめランキング:TOP10

近年、日本酒の評価が高まっている北海道。

美味しいお米と水で造られる北海道のおすすめの日本酒をランキング形式で紹介していきます。

第1位:上川大雪(かみかわたいせつ) / 上川大雪酒造

     
現在の価格はコチラ

銘柄情報

  • 使用米彗星、吟風、きたしずく
  • おすすめの日本酒:「上川大雪 特別純米 彗星」

北海道・大雪山の麓の酒造で造られる上川大雪。

北海道で生まれた酒造好適米である「彗星」、「吟風」、「きたしずく」を使用し、純米酒系しか作っていないのが特徴です。

ついつい飲んでしまう、料理と共に美味しく楽しめる食中酒をコンセプトとしており、日本だけでなく世界へのブランディングを目指している最も注目されている北海道の日本酒となっています。

第2位:北の錦 北斗随想(ほくとずいそう) / 小林酒造

     
現在の価格はコチラ

銘柄情報

  • 使用米吟風、彗星、きたしずく、きらら397
  • おすすめの日本酒:「北の錦 北斗随想 純米吟醸

小林酒造が造る北の錦の人気ラインナップである北斗随想。

米、水、杜氏のすべてが北海道産の純米酒となっており、吟風や彗星だけでなく、食米のきらら397を使った日本酒もあります。

米の旨味を楽しめるのはもちろん、酸味などのバランスに優れており、北海道を代表する人気の日本酒銘柄としておすすめできる逸品です。

第3位:十一州(じゅういっしゅう) / 日本清酒

     
現在の価格はコチラ

銘柄情報

  • 使用米吟風
  • おすすめの日本酒「十一州 純米大吟醸」

明治改正後に北海道を11ヶ国86群に分けたことが由来となっている北海道をいう意味を持つ「十一州」。

原料米には契約栽培している北海道を代表する酒造好適米「吟風」を使用しています。

北海道を代表する有名・人気のある日本酒の銘柄なので、特に吟醸酒系が好きな方におすすめできる商品が揃っています。

第4位:海底力(そこぢから) / 福司酒造

     
現在の価格はコチラ

銘柄情報

  • 使用米吟風、きたしずく、山田錦等
  • おすすめの日本酒「海底力 純米吟醸」

北海道の釧路で唯一の酒造である「福司酒造」。

その福司酒造が造る非常に人気が高く希少性も高い日本酒の銘柄が「海底力」です。

温度変化を受けづらい海底炭鉱で貯蔵された日本酒なので、口当たりが柔らかくまろやかなのが特徴となっています。

第5位:国稀(くにまれ) / 國稀酒造

現在の価格はコチラ

銘柄情報

  • 使用米山田錦、五百万石、吟風
  • おすすめの日本酒:「純米 吟風国稀」

日本で最も北に位置する國稀酒造で造られる日本酒である「国稀(こくまれ)」。

酒造好適米の代表である山田錦や五百万石を使った純米大吟醸、吟醸酒の他に、北海道の酒造好適米である吟風を使用した純米酒をリーズナブルな価格で楽しめます。

全国燗酒コンテスト2018で金賞を受賞した「純米 吟風国稀」は、ぜひお燗で楽しんでいただきたい逸品です。

第6位:二世古(にせこ) / 二世古酒造

現在の価格はコチラ

銘柄情報

  • 使用米彗星、吟風、きたしずく
  • おすすめの日本酒:「二世古 名水京極純米酒」

大正5年創業の歴史ある北海道の酒造である「二世古酒造」。

水・空気・環境にこだわって日本酒を造っており、加水調整しない原酒であることも特徴となっている銘柄です。

北海道で生まれた酒造好適米を使用しているので、本当の意味での「北海道の日本酒」を楽しみたい方におすすめできる日本酒の銘柄となっています。

第7位:国士無双(こくしむそう) / 高砂酒造

現在の価格はコチラ

銘柄情報

  • 使用米吟風、きたしずく、美山錦、彗星等
  • おすすめの日本酒「純米吟醸酒 国士無双」

男性的な辛口清酒のイメージしたネーミングとなっている「国士無双」。

北海道生まれの酒造好適米だけでなく、すっきりと軽い味わいが特徴である「美山錦」を使用した日本酒も展開しています。

基本的にすっきりした味わいの日本酒になっているので食中酒としても楽しますし、様々な種類のお酒があるので好みで選びやすい特徴を思っている北海道の日本酒銘柄です。

第8位:男山(おとこやま) / 男山

現在の価格はコチラ

銘柄情報

  • 使用米北海道酒造好適米、山田錦等
  • おすすめの日本酒「男山 純米大吟醸」

淡麗辛口として人気のある北海道を代表する日本酒である「男山」。

日本酒で世界初のモンドセレクション金賞を1977年に受賞した「男山 純米大吟醸」がおすすめ。

兵庫県産山田錦を38%まで磨いており、雑味の少ない芳醇でありながら淡麗な味わいが楽しめる優れた北海道の日本酒となっています。

第9位:大雪乃蔵(たいせつのくら) / 合同酒精旭川工場

現在の価格はコチラ

銘柄情報

  • 使用米吟風、彗星
  • おすすめの日本酒「純米吟醸 大雪乃蔵 絹雪」

「本当にうまい北海道ならではの地酒を」をコンセプトに日本酒を造る北海道の酒造「合同酒精旭川工場」。

以前は酒造好適米筆頭の山田錦を使うこともありましたが、現在は北海道の酒造好適米の質が上がったことから吟風などの北海道生まれの酒造好適米のみを使用している特徴があります。

大雪乃蔵の代表商品は「純米吟醸 大雪乃蔵 絹雪」。

精米歩合50%の吟風を使用し、名前通りのなめらかな口当たりと上品な香りが特徴となっている北海道日本酒のおすすめ商品となっています。

第10位:千歳鶴(ちとせつる) / 日本清酒

現在の価格はコチラ

銘柄情報

  • 使用米吟風
  • おすすめの日本酒:「千歳鶴 純米大吟醸」

豊平川の伏流水と吟風を使用しているのが特徴となっている「千歳鶴」。

硬度のバランスがいい中硬水を使用し、北海道の気候や土地を活かした酒米にもこだわりを持っており、「地酒」という原点にこだわり続けています。

北海道産の酒米を使用した純米大吟醸は、米の膨らみのある旨味と上品な吟醸香を楽しめる逸品となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング