本当に美味しい日本酒を知る
ピントルの日本酒専門ページ

よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング

日本酒の賞味期限について

日本酒の賞味期限について

家にある日本酒を飲もうと思った時に、ちょっと気になってしまうのが賞味期限という方は案外多いのではないでしょうか。というのも日本酒には賞味期限の表示義務がありません。

そのためふと家にある日本酒を飲もうと思った時、もしくは料理に使おうと思った時に、その日本酒を使ってもよいものか、いつまで飲めるのか迷った経験がある方もいらっしゃるでしょう。ここではそんな日本酒の賞味期限について解説していきます。

スポンサーリンク

日本酒の賞味期限の記載義務

日本酒の賞味期限の記載義務

まず日本酒には賞味期限に関する記載の義務がないため、一般的に日本で販売されている日本酒のラベルや瓶には賞味期限の記載がありません。

その代わりラベルに記載があるのが、「製造年月日」です。しかしこの製造年月日も、実は瓶に詰められた日を記載するルールとなっているために、いつ仕込んだ古いお酒であっても実際に瓶に詰められた日がラベルに記載されています。

>>家庭で日本酒を美味しいまま保存する方法

日本酒は腐らないのか

では賞味期限の記載義務がない日本酒は、腐ったりすることもなくいつまでたっても飲めるものなのでしょうか。

日本酒はそのほとんどがアルコール度数10%を超えています。アルコール度数が10%を超える環境においては、ほとんどの菌は活動をすることができません。アルコール発酵の際の酵母菌もほとんどが自らの発酵活動において発生したアルコールによって死滅していきます。

そのため、日本酒はその保存方法さえしっかりしてさえいれば、10年を超えたものでも腐らないと言われています。むしろその熟成を楽しむことが出来るお酒であるとも言えるでしょう。そのためほとんどの場合、開封されていなければ問題なくその日本酒を飲むことが出来るでしょう。

生酒の賞味期限に関して

日本酒の種類の中には、生酒と呼ばれる種類のお酒があります。これは通常日本酒を醸造する過程において行われる「火入れ」という殺菌工程を行わない日本酒のことをいいます。日本酒本来の香りや味わいを楽しむことができる点が特徴となっています。

しかし、殺菌をしないということはその弊害もあります。それが火落ち菌と呼ばれる菌の繁殖です。通常菌はアルコール度数の高い環境では生育できないのですが、火落ち菌はこうした環境でも問題なく生育するタイプの菌となっています。

人体には無害と言われているものの、日本酒の中に入ることで、にごりや酸化、臭みの原因となってしまうため、日本酒の品質を劣化させてしまうことになります。そのため日本酒の中でも生酒に関してはしっかり、冷蔵保存を基本としなるべく早めに飲むことが望ましいと言えるでしょう。

日本酒の賞味期限の目安

日本酒の賞味期限の目安

上記の通り、日本酒は未開封で保存環境さえしっかりしていれば、腐ることなくいつでも飲むことは可能となっています。しかしそれは必ずしも美味しいということを保証するものではありません。

そこで最近では賞味期限の目安を記載している蔵元も出てくるようになってきました。ここでは一般的な賞味期限、製造元が本来表現したかった味わいを楽しむための目安の期間に関して紹介しておきます。

通常の日本酒の賞味期限の目安

生酒ではない通常通りの熱処理を行った一般的な日本酒の賞味期限はこれといった決まりはありません。しかし最近では多くの蔵元が「製造年月日から約一年程度」という目安を出しています。

ただしあくまでも目安であり、保存状況、保存環境によって大きく左右されるということは頭に入れておかなければなりません。製造元も出荷した時点が一番の飲みごろとして出しているところが多いと言えます。

ですから、なるべく早めに飲むことで、その蔵元が本来表現したかった日本酒の味わいを楽しむことができると言えるでしょう。

生酒の賞味期限の目安

生酒は前述の通り、殺菌処理を行っていないので、通常の日本酒にくらべて品質の劣化リスクは高いということが言えます。それを加味した上で、賞味期限の目安を「製造年月日から半年程度」としているところが多いようです。

生酒に関しては、保管を考えるよりも、生酒ならではの味わいや香りを楽しむためにもなるべく早めに飲むことをおすすめします。

にごり酒の賞味期限の目安

最後はにごり酒と呼ばれる日本酒です。こちらはその名の通り透明ではなくにごったお酒です。このにごりはもろみ成分というもので、本来であれば日本酒の製造過程において濾されるものを敢えて残したものとなっています。

にごり酒は、通常の日本酒に比べても品質が変化しやすいとされているため、出荷時の状態がもっとも飲みごろであるとも言えます。そのためなるべく出荷から早い段階で楽しむ日本酒と言えるでしょう。

しかし、瓶詰め後も酵母菌が発酵していることから敢えて熟成させ自分好みの状態にするのを待つというのもにごり酒の楽しみ方としてあります。ご自身でベストなタイミングを見つけるのもよいでしょう。

>>にごり酒好きが選ぶ本当に美味しいおすすめの5種類

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング