本当に美味しい日本酒を知る
ピントルの日本酒専門ページ

よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング

日本酒の種類と味や製法の違いについて

日本酒の種類と味や製法

ひと口に日本酒といっても、その種類は細かく分類されています。多くの方にとっても聞き覚えのある種類と言えば、吟醸大吟醸といった種類でしょう。

ではこうした吟醸、大吟醸、他にも純米酒や本醸造酒といった日本酒の種類分けというのは、何を基準にして行われているのでしょうか。ここではそうした日本酒の種類について、分類ごとに紹介していきます。

スポンサーリンク

製造方による日本酒の分類と定義

製造方による日本酒の分類と定義

一般的にお酒というのは、その製造方法によって分類されています。その中でも日本酒というのは、醸造酒と呼ばれる分類にカテゴリ分けされており、さらに酒税法によって日本酒の定義がなされています。

>>種類別におすすめの美味しい日本酒を特選!

醸造酒とは

製造方法によって日本酒が分類されている醸造酒とは、どのようなお酒のことを指すのでしょうか。これは、原料を酵母によってアルコール発酵させて作られたお酒のことで、蒸留といった過程を経ることなくアルコールを発酵させた状態のままで飲まれるお酒のことをいいます。

日本酒の他にも、ビールワインなどが醸造酒に分類されます。ウイスキーやウォッカ、ジン、焼酎などは蒸留酒というお酒に分類されることとなります。

酒税法による日本酒の定義

日本において、日本酒は酒税法において定義が定められており、以下に掲げる条件でアルコール度数が22度未満のものをさしています。

  • 米、米こうじ及び水を原料として発酵させて、こしたもの
  • 米、米こうじ、水及び清酒かすその他政令で定める物品を原料として発酵させて、こしたもの(その原料中当該政令で定める物品の重量の合計が米(米こうじを含む)の重量の100分の50を超えないものに限る。)
  • 清酒に清酒かすを加えて、こしたもの

また、これ以外にも、混合酒に分類させる合成清酒やどぐろくといった「その他の醸造酒」に関しても日本酒に分類されることとなっています。また清酒と同じ製法で作られるにも関わらずアルコール度数が40度を超えるものに関してはリキュール扱いになっています。

日本酒の種類と特徴

日本酒の種類と特徴

日本酒などに記載にある吟醸や大吟醸といった表記は、清酒の中でも原料や製法において基準を満たしたものにのみ表示ができることとなっており、表示のある清酒を特定名称酒といいます。

基準となるのは、玄米の格付けこうじ米の使用割合となっており、米穀検査により3等級に格付けされた玄米かこれに相当する玄米を精米した白米を使用し、なおかつこうじ米15%以上の使用割合が必要となっています。

さらに原料や精米歩合によって「吟醸酒」「純米酒」「本醸造酒」に分類されることとなっています。

吟醸酒

吟醸酒とは、精米歩合が60%以下の白米、米こうじ及び水、またはこれらと醸造アルコールを原料としたものを吟醸造りによって製造した清酒です。固有の香味、色沢が良好なものに用いることができる特定名称酒となっています。

リンゴやバナナといったフルーティーで華やかな香り成分は吟醸香と呼ばれており、低温で長時間発酵することによって生み出すことが可能となっています。またこの吟醸香を引き出すために醸造アルコールを添加します。

大吟醸酒

吟醸酒の中でも、精米歩合が50%以下の原料を使用していて、固有の香味、色沢が特に良好とされるものに用いることができるのが大吟醸という特定名称酒となります。

吟醸酒にくらべてさらに低温長時間での発酵を行い、吟醸香を出すために醸造アルコールを加えます。

>>おすすめの美味しい大吟醸(日本酒)5選

純米吟醸酒

吟醸酒の中でも、醸造アルコールを添加せず、米、米こうじ、水のみを原料とした特定名称酒となります。醸造アルコールを加えないことによってより控えめな香りとなることが特徴です。

純米大吟醸酒

大吟醸酒の中でも、醸造アルコールを添加せず、米、米こうじ、及び水のみを原料とした特定名称酒に用いることができる名称です。醸造アルコールを添加した大吟醸酒に比べると、香りが穏やかで深い味わいとなるのが特徴です。

純米大吟醸酒は日本酒の中でも最高ランクと評価されることが多いと言えるでしょう。

>>おすすめの美味しい純米大吟醸(日本酒)5選

純米酒

純米酒とは米、米こうじ、及び水を原料としたお酒で、吟醸酒とは違い、精米歩合に関する決まりがないものをいいます。米こうじは使用する白米全体の15%以上であること、そして3等以上に格付けされた玄米、もしくはこれに相当する玄米が使用されていることが条件となっています。

特別純米酒

純米酒の中でも、香味、色沢が特に良好であるものをいいます。また精米歩合に関しては60%以下、もしくは使用原材料や特別な製造方法に関する説明、表記が必要となっています。

本醸造酒

本醸造酒は、精米歩合70%以下の白米、米こうじ、水、さらに醸造アルコールを使用した日本酒をさし、その中でも香味や色沢が良好なものにもちいられる特定名称酒となっています。加える醸造アルコールに関しては、白米1トンに対して120リットルまで添加してもよいこととなっています。

特別本醸造酒

こちらは、本醸造酒の中でも特に香味や色沢が良好なものであり、なおかつ、使用される原材料や製造方法についてはっきりと説明明記されているものに対して用いることができる特定名称酒です。精米歩合をもってその説明を行う場合は精米歩合60%以下となる場合となっています。

スポンサーリンク

それ以外の日本酒の種類と特徴

それ以外の日本酒の種類と特徴

日本酒には上記のような分類以外のものにも様々な種類のお酒が存在します。ここでは上記で紹介したもの以外の日本酒に関して、その種類と特徴について紹介していきます。

生酒

もろみをしぼった状態から火入れなどの加熱処理を一切行わない清酒のことをいいます。生ものであるため非常に劣化しやすく品質管理を厳重に行う必要があり、冷蔵保存は必須となっています。酒蔵でしか味わえない生まれたままのお酒を味わうことができます。

スパークリング日本酒

最近若い女性の間でも人気の日本酒です。食前酒としてだけでなく様々な食事にも相性が良いお酒です。炭酸ガス注入する方法と、瓶内で二次発酵させる方法があります。昔から一部の酒蔵では作られていたものの当時は注目されていませんでしたが、近年非常に注目を浴びるようになっています。

>>美味しいスパークリング日本酒おすすめランキング

にごり酒

にごり酒とは、発酵をおえる前のもろみを濾さない、もしくは軽く濾すだけで造られたお酒です。そのため透明にはならずにごったお酒となります。味は濃厚で甘口というものが多くなっています。ほとんどが火入れを行わないため瓶内で二次発酵がおこり発泡性のあるものが多くなります。

>>にごり酒好きが選ぶ本当に美味しいおすすめの5種類

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング