本当に美味しい日本酒を知る
ピントルの日本酒専門ページ

よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング

焼酎と日本酒は何が違うのか徹底解説

焼酎と日本酒の違いとは?

日本人なら誰もが知っているお酒、日本酒と焼酎です。どちらが好きかは人それぞれ好みがあるかもしれません。日本酒には日本酒の良さが、焼酎には焼酎の良さがそれぞれあります。

では日本酒と焼酎は具体的に何がどう違うのでしょうか。ここでは日本酒と焼酎の違いについて、両者が作られる過程などの違いなどを含めて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

醸造酒と蒸留酒の違い

醸造酒と蒸留酒の違い

日本酒と焼酎の違いを一言で説明するとすればこれです。日本酒は「醸造酒」、焼酎は「蒸留酒」であるということです。普段からあまりお酒を飲まないという方も、醸造酒、蒸留酒という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

では醸造酒と蒸留酒の具体的な違いとは一体なんなのでしょうか。それはお酒が作られていく工程の違いです。厳密にいえば、お酒の素ともいえるでき存在が醸造酒で、それを蒸留したものが蒸留酒となります。それぞれ日本酒、焼酎と照らし合わせながら解説していきましょう。

>>知っておきたい日本酒の作り方

この違いが両者のアルコール度数の違いにも影響してきます。一般的に日本酒よりも焼酎の方がアルコール度数が高くなりますが、それはなぜなのかについても併せて紹介していきます。

日本酒=醸造酒

日本酒というのは醸造酒です。これは原料を酵母によってアルコール発酵させたままの状態で人の口に入ります。日本酒の原料となるのは米なので、米を酵母によってアルコール発酵させることによってできるのが日本酒ということになるのです。

通常醸造酒というのは蒸留酒に比べるとアルコール度数が低くなのですが、これはアルコール発酵を行う酵母自身が作りだしたアルコールによって死滅してしまうためです。

日本酒以外の代表的な醸造酒と言えば、ブドウなどを原料としたワインが最も有名と言えるのではないでしょうか。つまり日本酒とワインは同じ作り方のお酒という見方もできるでしょう。

焼酎=蒸留酒

一方で焼酎というのは蒸留酒となります。蒸留酒というのは、簡単に言ってしまえば醸造酒を蒸留したお酒です。蒸留というのは、混合物を一度蒸発させてから再度凝縮させて沸点の違う成分を分離・濃縮することです。

ちなみに、先述のとおり酵母によるアルコール発酵は、酵母自身の死滅によってアルコール度数は20度前後が限界となっています。しかしこれを蒸留することによってさらにアルコールを濃縮しアルコール度数を高くすることが可能となります。

醸造酒を蒸留装置で加熱することでエタノールが気化し、それを冷却することで再度液体に戻すということを繰り返すことによって、エタノールが濃縮され徐々にアルコール度数の高いお酒となっていきます。これが蒸留酒です。

焼酎以外にものであげるとすれば、ウイスキーやウォッカ、ジンなどが蒸留酒となります。つまり日本酒と焼酎は、ワインとウイスキーほど違うとも言えることになるでしょう。

>>焼酎の製造方法はコチラ

日本酒と焼酎、二日酔いになりやすいのはどっち!?

日本酒と焼酎、二日酔いになりやすいのはどっち!?

日本酒と焼酎ではお酒の作り方において大きな違いがあることはお分かりいただけたでしょうか。では日本酒と焼酎ではどちらが悪酔い、二日酔いしやすいのでしょうか。

日本酒と焼酎ではその作り方における過程において、焼酎の方が必然的にアルコール度数が高くなることになります。ではやはりアルコール度数が高い焼酎の方が悪酔い、二日酔いしやすいものなのでしょうか。

アルコール度数と二日酔いは関係ない!?

日本酒と焼酎のアルコール度数の違いはここまでの解説通り、蒸留という過程を踏んでいるかどうかというのが大きな問題となります。焼酎は蒸留という過程を経ることによってアルコールを濃縮していきます。一方日本酒はその過程がないため不純物が混じることになります。

これが日本酒を飲んだ時の二日酔いや悪酔いの原因とされる場合があるようです。蒸留という工程によってそういった不純物が取り除かれていく焼酎は、純粋なアルコールが凝縮されていくため悪酔い、二日酔いしにくいと言われています。

>>日本酒とアルコール度数の関係

スポンサーリンク

日本酒と焼酎、太りやすいのはどっち!?

日本酒と焼酎、太りやすいのはどっち!?

最近はダイエットなどの関係により、カロリーを気にして食事を取る方が多くいらっしゃるようです。では日本酒と焼酎ではどちらの方がカロリーが高いのか、またどちらが太りやすいのかについてまとめていきます。

まず一般的には日本酒よりも焼酎の方がカロリーは高いと言えます。銘柄にもよりますが、100mlあたりのカロリーは基本的に焼酎(乙類)が150kcal程度、焼酎(甲類)が200kcal程度、日本酒は100kcal程度となっています。

これを考えた場合には、焼酎よりも日本酒の方がカロリーは低いのでダイエットには一軒向いているように見えるかもしれません。しかしお酒の場合には単純にカロリーで比較が出来ないとも言えるでしょう。

>>日本酒のカロリーと太らず上手に飲む方法

お酒によるカロリーは太りにくい

お酒によるカロリーというのは、エンプティカロリーと言われていて、糖質や脂質よりも優先的にエネルギーとして放出されるため、体に吸収されにくいという特徴を持っています。そのため、単純にカロリーだけで考えた場合にはかならずしもカロリーの高い焼酎の方が太るとは言えません。

日本酒と焼酎の糖質の比較

ではここで重要になってくるのは何かと言うと、糖質です。焼酎というのは蒸留を行うことによって糖質が含まれていません。その点においては糖質の含まれる日本酒の方が太りやすいと言っても過言ではないのです。

単純に日本酒の方がカロリーが低いからといって日本酒ばかり飲んでいると、日本酒に含まれる糖質を吸収していくこととなってしまうので、ダイエットに良いかと言えばそうとは言えないでしょう。

ただし最近では糖質カットの日本酒も出ているので、糖質は気になるけどどうしても日本酒を飲みたいという場合には、こうした銘柄の日本酒を選ぶのもよいでしょう。

>>焼酎は太る!?焼酎のカロリーについて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング