本当に美味しい日本酒を知る
ピントルの日本酒専門ページ

よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング

おすすめの美味しい純米大吟醸(日本酒)5選

美味しい純米大吟醸5選

日本酒の中でも最高級の醸造方法として知られる純米大吟醸、昨今の日本酒ブームの中では「本当の意味で日本酒とは純米大吟醸の事である」と言われたりもしており、その広がりの良い味わいから非常に人気の高い日本酒となっているのがこの純米大吟醸です。

そこで今回は、高級な純米大吟醸が多い中で、絶対に買って損のないおすすめの純米大吟醸の美味しい日本酒を厳選して5種類紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそも純米大吟醸って何?

日本酒には大きく分けて2種類が存在しており、"米と米麹で作られた日本酒"を純米酒と呼び、醸造アルコールを加えたものを本醸造酒と呼びます。純米酒の中でも米を50%以上削って、吟味して醸造されたものを純米大吟醸という名前で呼んでいます。

醸造アルコールを加えた本醸造酒よりも香りは控えめですが、濃厚な味わいが強く旨味成分も豊富なため、舌で美味しいと感じられるのが特徴です。また蔵ごとの個性が強く出るため、日本酒にハマればハマるほど、純米大吟醸は楽しみが増えて行くため、日本酒ファンの間では純米大吟醸こそ日本酒だという人も少なくありません。

>>日本酒の種類について詳しくはコチラ

飲んでおきたい!おすすめ純米大吟醸はコレ!

蔵ごとの味が強く出る純米大吟醸、これはつまり「高級でありながら当たり外れが激しい」まるでワインのような日本酒というのが適切かもしれません。

日本酒が心の底から好きな人であれば、好みの日本酒でなくとも楽しめるでしょうが、やっぱり高いお金を出すのであれば美味しい純米大吟醸が飲みたいですよね?

そこで今回は、散々飲み比べて本当に美味しいと感じた純米大吟醸を厳選して5種類紹介していきますので、あなた好みの純米大吟醸を探して見つける材料にしてみてください。

獺祭/磨き二割三分(純米大吟醸)

現在の価格はコチラ


いまや日本でも1、2を争う人気の日本酒ブランド"獺祭"。「磨き二割三分」と名付けられた純米大吟醸は、日本最高峰の磨き歩合、精米歩合23%の山田錦から作られる純米大吟醸です、おいしくて当たり前です(笑)産地:山口県
日本酒度:+4(辛口)

日本酒のわかる人でも唸るような味わいですが、日本酒を飲み始めたばかりの人が飲めばその驚きはすごいものでしょう、おそらく「これが本物の日本酒か!」と感じるはず。飲みにくさは一切感じることがなく、濃厚な旨味とともにあっという間にあけてしまうでしょう。

日本酒度は辛口ですが、味わいの評価としてはむしろ甘口。やわらかさとまろやかさ、そしてフルーティーな香りから口いっぱいに広がる日本酒特有の旨味、これから数年はこの純米大吟醸を超える日本酒は出ないのではないか、個人的には是非ともこの獺祭磨き二割三分を超える日本酒に出会いたいと思っている次第です。

​田​酒​/百​四​拾(純米大吟醸)

現在の価格はコチラ

産地:青森県
日本酒度:+1(普通)

山田錦に匹敵する米を研究した末に誕生した青森の「華想い」を麹米と掛米すべてに使用し青森の地酒として確固たる地位を築いている田酒の純米大吟醸"百​四​拾"は、透明度の低い質感と黄緑がかった液色から感じる通り、柔らかく穏やかにリンゴのような香りが立ち、優しい甘みが口いっぱいに膨らみます。

しかし味の引き際は透明感のある味わいであり、後味は一瞬にして消えるように無くなります。そのせいで、もう一杯!もう一杯!と飽きることなく飲めてしまうのがポイント。あれこれ日本酒を飲んできた人で、本当に美味しい純米大吟醸を探しているのであればこれ一択。探していた味わいはきっと田酒の純米大吟醸が教えてくれます。

久保田/萬寿(純米大吟醸)

現在の価格はコチラ

産地:新潟県
日本酒度:+2(やや辛口)

正直、あまりにも有名な日本酒すぎるため、紹介するべきかどうか迷いましたが、もし「ちょっとミーハーな気がして飲んでいない」という人がいるなら、その人に飲んでいただきたいという思いから紹介させていただこうと思います。

非常に高価な日本酒です、久保田の日本酒の中でも最高ランクであり、それは純米大吟醸の中でも最高ランクであると言えます。ですから美味しくないわけがありません。美味しいからこそ「ミーハー」であり、美味しいからこそ「有名」なのです。

こんなに高価な日本酒が美味しくなくて売れるわけがありません。個人的にも初めて美味しいと思った日本酒であり、一升瓶を開けたその日に飲み干してしまった初めての日本酒です。まだ純米大吟醸と大吟醸の違いもわからない頃でしたが、その美味しさは知識のいらない美味しさという事なのです。

まるで「何を飲んだのか忘れてしまう」ほどにスルリと喉を通り、思い出すためにまた飲む、そうしてついには飲み干してしまう、魔法にかかったかのように進む、本当に美味しい純米大吟醸です。

蓬莱泉/空(純米大吟醸)

現在の価格はコチラ

産地:愛知県
日本酒度:+1(普通)

関谷酒造の看板銘柄である蓬莱泉、山田錦3日間かけて磨き、1年以上かけて低温でじっくりと熟成させる、それによって生み出された純米大吟醸の「空」は、まさに飲んで理解できる「空の境地」というのはいささか詩のような話ですが、芳醇な香りと丸みのある舌触りは純米大吟醸の金字塔といって過言ではない美味しさです。

ちょっと日本酒に詳しい人であればその作りの良さは口に含んだ瞬間に感じます、落ち着いた味わいと喉通りの良さ、そして引き際は可憐な余韻が刹那的に漂います。ここで紹介している純米大吟醸の中でも、とくに繊細な味わいを持っている日本酒であり、美味しい純米大吟醸として胸を張って紹介できる銘酒です。

黒龍/火いら寿 (純米大吟醸)

現在の価格はコチラ

産地:福井県
日本酒度:+4(辛口)

なかなか手に入らないので、飲みたいときに飲めないが美味しい純米大吟醸として先に伝えておきます。人気の高い黒龍の日本酒でも、"しずく(大吟醸)"か"火いら寿(純米大吟醸)"かで派閥ができてしまうほどの高い次元で個性を持った味わいが特徴的な純米大吟醸です。

サクランボのような清楚で上品な香りが立ち上り、みずみずしいアロマがあたり一面に広がるほどの芳醇な香り。そして、ふくよかな旨味はシルクのように滑らかな口当たりを通じて、キリッとした端麗な味わいとともに舌の上を滑ります。純米大吟醸の生酒、文句のつけようがない美味しい純米大吟醸です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よく読まれるページはコチラ
注目の日本酒
国産
人気ランキング
新潟の日本酒ランキング
新潟県
人気ランキング
秋田の日本酒ランキング
秋田県
人気ランキング
山形の日本酒ランキング
山形県
人気ランキング
広島の日本酒ランキング
広島県
人気ランキング