パスタの種類から美味しいレシピまで
ピントルのパスタ専門ページ

ガロファロの特徴や評判とおすすめパスタランキング

ガロファロのパスタの評判

数あるパスタの中でも有名なガロファロ(Garofalo)は、パスタ発祥の地で生まれたことでも知られています。パスタの名店でも使用されているガロファロ(Garofalo)のパスタを自宅にいながら手軽に食べたいという人のためにおすすめパスタランキングとして紹介していきます。
目次 [非表示]

スポンサーリンク

ガロファロ(Garofalo)とは?

ガロファロ(Garofalo)とは?

ガロファロは、南イタリアにあるナポリ近郊のグラニャーノと言われる地域で生まれました。創業者は、ルーチョガロファロ氏という人で1789年に創業後、イタリアでは初めてグラニャーノ市からパスタ製造のライセンスが与えられている伝統のあるパスタメーカーです。

ガロファロのパスタのパッケージは無色透明で、パッケージの中に入っているパスタとパッケージに記されているガロファロのロゴのみというシンプルなスタイルとなっています。

>>パスタの歴史について詳しくはコチラ

ガロファロのパスタの特徴

ガロファロのパスタの特徴

ガロファロのパスタは、ブロンズダイスと呼ばれる伝統的な成形によって作られています。パスタの表面にざらつきを持たせることで、ソースが絶妙にからみパスタの美味しさを増すことができます。原材料には、プロテイン14%、グルテンインデックス75以上を保つこだわったデュラム小麦を使用しています。

食感はもちもちとしているだけでなくコシのあるパスタとなっています。ガロファロのパスタは、太く作られているため茹で時間が長く必要となりますが、その分パスタに味が染みこみやすくなります。

>>パスタの原料や定義について詳しくはコチラ

ガロファロのパスタに対する良い評価や口コミ

ガロファロのパスタは、ごく一般的なパスタの7~8分の茹で時間と比べると、11分茹でる必要があり手間がかかります。実際に手にとってみるとやはり一般的なパスタと比べると手触りはざらざらした感じで太い気がします。

茹でてみると思った以上のボリュームに困惑したという口コミが多いですが、実際に食べてみるとコシがあり、モッチモチの弾力がおいしくて、ソースと絶妙にからむので美味しいという口コミが多いです。モチモチとしてソースに絡むならクリーム系がオススメに感じますが、多くの人がペペロンチーノで食べると絶妙という声が多いです。

ガロファロのパスタに対する悪い評価や口コミ

ガロファロのパスタを11分茹でてみたら、パスタとは思えない状態で茹であがってしまいました。パスタではなく茹ですぎたうどんのような雰囲気で、モチモチ感もなければパスタの面影もなく残念な状態になってしまったとものが多く、上手に茹でることができなくて困ってしまったという口コミが多いです。

またごく一般的なパスタの食感に慣れている人にとっては、モチモチ感と弾力のある感じに抵抗を感じる人も多く残念という声がありました。

スポンサーリンク

ガロファロのおすすめパスタランキング:TOP50

ガロファロのおすすめパスタランキング:TOP50

モチモチとした弾力のある食感が特徴のガロファロの中でも特におすすめのパスタを5種類ランキング形式にしてみました。ガロファロのパスタを食べるならこのパスタというほど、麺の太さひとつだけでも味に違いがあるので是非お試しください。

>>パスタのおすすめブランドランキングはコチラ

>>ソースに合わせたパスタの太さの選び方について詳しくはコチラ

第1位:ガロファロ / Traditional Long Spaghetti 

現在の価格はコチラ

伝統的なロングタイプのスパゲッティです。1キロをパッケージにしたタイプです。太めタイプのものなので、11分程度茹でるとトマトソースなどにもしっかりとからみモチモチとした弾力のある食感を楽しむことができます。長いタイプのスパゲッティなので多少太めでも違和感なくおいしく食べることができるパスタです。

第2位:ガロファロ / グルテンフリーのリングイネ

現在の価格はコチラ

ガロファロのグルテンフリーのリングイネのパスタです。リングイネの特徴である楕円形のパスタは、ガロファロの特徴であるモチモチ感と弾力をさらに強調させて食べやすく美味しいパスタになっています。

ガロファロのリングイネには、濃い目のトマトソースがピッタリです。その他のもジェノベーゼソースやクリームタイプの濃い目のソースにもピッタリ合うので美味しく食べることができます。

第3位:ガロファロ / フェットチーネ 

現在の価格はコチラ

原材料にデュラム小麦のセモリナを使用しているロングタイプのパスタです。茹でる時間をしっかり守ることでモチモチとコシのある食感の本格的パスタを作ることができます。ツルツルとした食感ではなく少しざらつきのあるガロファロ独特のオーソドックスなパスタを楽しみたいという人に人気です。

クセがないのでどんなソースにもピッタリマッチするので、ガロファロの中では扱いやすいパスタです。

第4位:ガロファロ / Garofalo Gluten Free Spaghetti 

現在の価格はコチラ

ガロファロのパスタの中でグルテンフリーのパスタです。ガロファロのパスタと比べると色が濃い目にできていますが、味や食感、コシなどはガロファロならではの味わいとなっています。グルテンフリーのパスタを食べたいという人に特に人気となっています。

ガロファロのグルテンフリーのパスタは、グルテンが入っていなくても物足りなさを感じることなくパスタを楽しむことができます。

第5位:ガロファロ / グルテンフリーのニョッキサルディパスタ

現在の価格はコチラ

ガロファロのグルテンフリーのニョッキサルディパスタは、ガロファロのロングパスタと同様でモチモチとした食感にコシがプラスされている美味しいニョッキです。濃厚なクリームソースと合わせると自宅でも本格的なイタリアンの味わいを実現させることができます。

グルテンフリーとなっているので、グルテンを控えているという人も安心して食べることができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク