パスタの種類から美味しいレシピまで
ピントルのパスタ専門ページ

おすすめの記事はコチラ
その数650種類以上!パスタの種類と分類一覧
パスタ
種類
国内も海外も!パスタの主要ブランド一覧
ブランド
一覧
本当に美味しい!市販のパスタソースおすすめランキング
おすすめ
パスタソース
本当に美味しい!全粒粉パスタのおすすめランキング
おすすめ
全粒粉パスタ
パスタは太る?カロリーや糖質と栄養成分を徹底解説
パスタ
カロリーと栄養成分

本当に美味しい!パスタのおすすめブランドランキング

パスタのおすすめブランドランキング

みなさんが普段、家で食べているパスタはどこのブランドのものですか?パスタと一口にいっても原料や製造方法、乾燥方法が異なるだけでコシや香り、モチモチ感など全く違ったパスタになります。

このページではパスタのブランドの特徴とそのパスタの製造方法・味の違いについて評価の高いパスタブランドごとにランキング形式で紹介していきます。

スポンサーリンク

第1位:ヴォイエロ(Voiello)

現在の価格はコチラ

ローマ、ミラノに次ぐイタリア第三の都市ナポリで作られたパスタブランド。発売当初(1879年)は人気で入手困難になったことから「幻のパスタ」と呼ばれていました。2位のディチェコに比べて約1.5倍の値段がするもののパスタのもっちり感・コシ・ソースの絡みはピカイチです。

ブロンズダイス製法のため表面はざらざらとしており、どんなソースにもよく絡みます。アルデンテに仕上げやすく、小麦の風味を感じることができる一品です。「幻のパスタ」と呼ばれるほど本場でも大人気のパスタということで少々お高めですが、死ぬまでに1度は食べてほしいおすすめのパスタです。

>>人気のヴォイエロおすすめパスタランキングはコチラ

第2位:ディ・チェコ(De cecco)

現在の価格はコチラ

1887年に中部イタリアのファーラ・サン・マルティアーノで最高の小麦粉を生み出していたディ・チェコファミリーが製造したのが始まりとなっています。収穫地や年ごとに味が変わってしまう最高級のデュラム小麦を20~30種ブレンドすることによっておいしさを保っています。

ブロンズダイスを使用し、低温で長時間乾燥させていることからどんなソースにもよく絡み、モチモチとした食感が楽しめる一品です。モチモチとした食感だけでなく、確かな歯ごたえとつるっとしたのど越しも実現しているのがディチェコのおすすめポイントです。

高価と思われがちですが、日本の主流パスタブランドと同価格程度のリーズナブルなパスタです。

>>人気のディ・チェコパスタランキングはコチラ

スポンサーリンク

第3位:バリラ(Barilla)

現在の価格はコチラ

1877年にイタリア北部パルマで生まれたブランドです。イタリア全土のシェア第一位を誇っており、王道のパスタを求めている人におすすめなのがこのパスタ。セモリナ粉100%を使って粗びき、テフロンダイスで製法しているためツルツルの舌触りと強いコシを楽しめるパスタとなっています。

バリラでは52㎝もあるロングパスタから春巻きのような筒状のカネロニというパスタまで120種類以上の様々な形のパスタを展開しており、どこのパスタメーカーよりも豊富なラインナップをそろえているのです。1㎏あたりの値段はリーズナブルなディ・チェコと変わりませんが、5㎏などのまとめ買いですと安く購入できます。

>>人気のバリラおすすめパスタランキングはコチラ

第4位:アルチェネロ(Alcenero)

現在の価格はコチラ

1978年にイタリア中部にて誕生したオーガニックのパスタメーカーです。ブランド名は人と自然の理想的な調和を追い求め続けた偉大な人物の名前から付けられています。3年以上化学肥料や農薬などに汚染されていない健康な土地で人と自然の力だけで育った有機デュラム小麦を使用しているため、パスタ全体が茶色く細かい斑点が広がっています。

有機デュラム小麦は他の小麦に比べ3倍以上の食物繊維が入っており便秘解消やデトックス効果もあるので、ダイエットをしながらパスタを楽しみたい方におすすめ。他の有機パスタに比べ、表面がざらざらとしていてソースが絡みやすく、モチモチとした食感が味わえます。こだわりぬいた原料を使っているにも関わらず、手ごろで挑戦しやすい値段です。

>>人気のアルチェネロおすすめパスタランキングはコチラ

第5位:ディヴェッラ(Divella)

現在の価格はコチラ

イタリア全国消費者連合会の商品比較テストで最高級の評価を受けている実力派ブランドです。高評価の秘密は乾燥方法と小麦の配合割合にあります。中温中時間乾燥(70~80℃で10~12時間)の方法を採用しており、多くのパスタメーカーが採用している高温短時間乾燥よりもパスタの風味や色が落ちることを防いでいます。

また小麦はデュラムセモリナ粉とデザートデュラムと呼ばれる米国産小麦の2種類を用いていて、この配合のバランスがパスタのコシを絶妙に高めています。テフロンダイス製法(パスタの表面がツルツルになる成形方法)による、ツルっとした舌触りとのど越しも魅力となっています。こだわりぬいた原料を使用したプレミアムなパスタを食べたいという人におすすめなパスタです。

>>人気のディヴェッラおすすめパスタランキングはコチラ

スポンサーリンク

第6位:ラ・モリサーナ(La Molisana)

現在の価格はコチラ

1912年南イタリアのモリーゼ州にて手作りパスタの店としてスタートしたのち、ローマの見本市にて金賞を獲得してことでラ・モリサーナの名が瞬く間に世界に広がりました。一番の特徴は原料のデュラム小麦の選定から製粉、パスタ製造までの品質管理を一括して行っており、手作りパスタ時代のスタイルを大切にしているということです。

小麦の選定は特殊カメラを用いて行い、基準をクリアした小麦は7~8時間かけて水で洗われます。製粉においても小麦をローターですりつぶす→ふるいにかける→重量による選別という3工程を何度も繰り返して完璧なセモリナ粉にします。これらのこだわりから良質なグルテンが多くなり独特のモチモチ感を実現していますので、パスタの食感にこだわっている人におすすめです。

第7位:アネージ(Agnesi)

現在の価格はコチラ

北イタリア・インぺリアで誕生したパスタブランド・アネージのパスタはアネージはデュラムセモリナ小麦100%・胚芽入り・テフロンダイス製法にこだわっています。香り高い小麦と独特のコシを堪能することができ、ビタミンBやミネラルといった栄養も摂ることができる健康的なパスタです。

アネージは中温(70℃)でじっくり乾燥させています。この乾燥方法によってパスタがゆであがった後もアルデンテの状態(パスタの芯が少し残った理想のゆで上がり状態)を長時間保つことができるので、「いつもおいしくパスタがゆでられない」とお悩みの方におすすめです。

>>人気のアネージおすすめパスタランキングはコチラ

第8位:ジュゼッペ・コッコ(Giuseppe cocco)

現在の価格はコチラ

1905年にアブルッツォ地方にて作られた、ローマ法王庁御用達・イタリアの高級レストランや食品店でしか取り扱われない極上パスタブランドです。とにかくすごいパスタを食べたいというミーハーな人におすすめのブランドです。最高級の小麦粉と天然の湧水で練り上げた生地をブロンズ製の口金で絞りだしています。

他のブランドと決定的には違うのは低温長時間での乾燥方法です。この製法により生地の熟成が促され、独特の旨味がうまれるのです。この伝統製法による職人技が本場イタリアで高い評価を受けており大統領からカヴァリエーレ勲章を受章しています。こだわりのパスタということで他ブランドのパスタに比べて少々高いのですが、ここぞというときに使えるパスタです。

>>人気のジュゼッペ・コッコおすすめパスタランキングはコチラ

スポンサーリンク

第9位:ブイトーニ(Buitoni)

現在の価格はコチラ

イタリア、トスカーナ地方で1827年に始まった約200年の歴史があるパスタブランドです。創業者は驚くべきことに若い女性で、土地を抵当に入れて自分の唯一の財産である真珠の首飾りを質に入れてパスタ製造機を購入ました。その後彼女の二人の息子が後を継ぎ、世界的な企業に発展しました。

高温短時間乾燥とテフロンダイス製法にこだわっており、ブイトーニのツルツルとしたのど越しのよさの右に出るものはありません。普通のパスタののど越しに物足りなさを感じている人におすすめのパスタです。

>>人気のブイトーニおすすめパスタランキングはコチラ

第10位:デルヴェルデ(Delverde)

現在の価格はコチラ

茹でている間も小麦の香りの違いを楽しめるので、パスタの香り立ちにこだわる人におすすめのパスタブランド。製造における一番のポイントは伝統のブロンズドローイング製法です。この製法により荒く・小穴のある食感と舌触りを生み出し、どんなソースにも絡みやすくなっています。

また、最高のデュラム小麦とマイエラ山から引いた常時摂取8度の冷たい水というこだわりぬいた原料と低温長時間乾燥方法により、小麦本来の味と香りを楽しむことができるパスタとなっています。

>>人気のデルヴェルデおすすめパスタランキングはコチラ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事はコチラ
その数650種類以上!パスタの種類と分類一覧
パスタ
種類
国内も海外も!パスタの主要ブランド一覧
ブランド
一覧
本当に美味しい!市販のパスタソースおすすめランキング
おすすめ
パスタソース
本当に美味しい!全粒粉パスタのおすすめランキング
おすすめ
全粒粉パスタ
パスタは太る?カロリーや糖質と栄養成分を徹底解説
パスタ
カロリーと栄養成分